2016年2月24日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、TERASOLUNA®フレームワーク「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」の本格展開を2016年2月24日から開始します。

TERASOLUNAフレームワークとは、NTTデータのオープン系システム開発を支える統合ソリューションの基盤となるアプリケーション・フレームワーク(以下、フレームワーク)です。これまではオープンソース・ソフトウエア(以下、OSS)に当社独自の機能を追加し、それらをTERASOLUNAフレームワークとして提供することで、非常に多くのシステムの生産性や開発品質の向上に寄与してきました。しかし、提供開始から約10年が経過し、新しい技術やアーキテクチャーへの対応、およびタイムリーなセキュリティー対策など、技術トレンドへの追従が難しくなってきました。また、当社独自のフレームワーク層を含むため、グローバルにおける開発者確保が難しく、サポートやメンテナンスの負担が年々増加していることも課題でした。

こうした課題を解決すべく、「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」では、当社独自のフレームワーク層の開発をやめ、IT業界の最新動向を踏まえて、世界中で広く利用されているSpring Framework注1といったOSSを採用します。そして、高い信頼性が求められるエンタープライズ開発で、OSSを極力そのまま活用するための開発ガイドラインとサポートの提供に注力します。それにより、最新技術への追従やグローバルにおける開発者確保が容易となり、当社だけでなく世界中の開発者の知見やノウハウを活用することができます。

今後も、NTTデータではこれまでのTERASOLUNAフレームワークの各種サポートを継続しつつ、「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」の機能拡充や品質改善を行うことで、2017年度末までに国内外で200件の採用を目指します。また、TERASOLUNAフレームワークの取り組みを通じて、国内外のOSSコミュニティーへの参加やフィードバックを行うことで、OSSコミュニティーの活性化に貢献していきます。

背景

NTTデータでは、10年以上前から社内標準JavaフレームワークとしてTERASOLUNAフレームワークを整備し、オープン系システム開発向けに展開してきました。具体的には、Struts注21やSpring Framework、iBATIS注3といったOSSのJavaフレームワークを利用し、当社独自の機能を追加してきました。さらに、2008年には誰でも自由に利用できるようTERASOLUNAフレームワークをOSSとして公開しました。しかし、2014年4月 にすでにEnd of Life(以下、EOL)となったStruts1のセキュリティー問題が発見されました。その際、NTTデータでは独自にパッチを作成し、OSSとして広く世の中に公開しました注4。こうした状況を受け、昨今では、セキュリティー対応への不安や最新技術の適用を求め、新しいOSSフレームワークの利用を希望するユーザーの声が高まってきています。以上のような背景を受け、NTTデータでは、TERASOLUNAフレームワークをさらに発展させるため、新しい技術やアーキテクチャーへの対応、タイムリーなセキュリティー対策が可能となる「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」を新たに提供する運びとなりました。

概要および特長

「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」は、Webアプリケーション、リッチクライアントアプリケーション、スマートデバイス向けアプリケーション開発に必要な各種機能を搭載したサーバーサイドJavaフレームワークです。

「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」は、当社独自のフレームワーク層の開発をやめ、IT業界の最新動向を踏まえて、世界中で広く利用されているSpring FrameworkといったOSSを採用します。そして、高い信頼性が求められるエンタープライズ開発で、OSSを極力そのまま活用するための開発ガイドラインとサポートの提供に注力します。今回提供する「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」の特長は以下の通りです。

  • 当社独自のフレームワーク層の開発をやめ、グローバル標準を採用
  • 最新の技術やアーキテクチャーへの対応、タイムリーなセキュリティー対策が容易
  • OSSを極力そのまま活用するためのベストプラクティスを開発ガイドラインとして提供
  • フレームワークをエンタープライズ開発に適用する上で必要な一式をOSSとして公開
  • TERASOLUNAフレームワークに関する有償サポート(技術問い合わせ、バグ対応、教育など)を提供
  • アプリケーションサーバー、データベースサーバーなど、さまざまなプラットフォーム上でのフレームワークの動作を検証
  • TERASOLUNA IDE、TERASOLUNA ViSC、TERASOLUNA RACTESなどの当社開発ツール注5に対応
【図】

図1:「TERASOLUNA Server Framework for Java5」の特長

【図】

図2:「TERASOLUNA Server Framework for Java5」の提供資材とサポート内容

提供方法

「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」は、下記のポータルサイトにて提供しています。なお、提供資材一式は、GitHub上でOSSとして公開しています。

また、有償で技術問い合わせ、バグ対応、教育などのサポートを提供しています。

有償サポート問い合わせ先

今後について

NTTデータでは、今後も積極的に「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」の機能拡充や品質改善を行い、当社のノウハウについてOSS化に取り組むことで、IT業界への貢献を目指します。 また、これまでのTERASOLUNAフレームワークの各種サポートを継続しながら、新しいTERASOLUNAフレームワークへの移行を推進し、IT業界におけるフレームワークの新陳代謝を促進します。さらに本取り組みを通じて、国内外のOSSコミュニティーへの参加やフィードバックを行い、OSSコミュニティーの活性化にも貢献します。こうしたOSSの包括的な取り組みを推進し、OSSを活用したソフトウエア開発やサポート等のビジネス展開をより一層進めていきます。

Spring Framework 開発元のPivotal社との連携

Spring Frameworkは、国内外で非常に多くの適用実績があり、NTTデータも10年以上利用してきました。特に、「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」では、各種Springプロジェクトを多く活用しています。

NTTデータでは、開発元であるPivotal社とも密に連携し、各種Springプロジェクトの品質改善の取り組みを実施し、バグ情報やセキュリティー情報を報告するなど、数多くの貢献活動を行っています。

Pivotalからのエンドースメント

“NTT DATA engineering team has been working within the Spring community for some time now and Pivotal welcomes the release of NTT DATA Corporation’s TERASOLUNA Server Framework for Java 5”

Brian Dussault, Director of Engineering at Pivotal.

  • Pivotal社の意向により、英語で掲載しています。

TERASOLUNA Server Framework for Java 5の採用事例

「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」は、業界、業種、開発規模を問わず、さまざまな分野で利用可能です。2015年2月時点で、30件以上のシステムにて「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」を採用されています。採用されたシステムには、海外新興国における公共分野の大規模ミッションクリティカルシステム(開発規模:数Mステップ)や国内の大手クレジットカード会社のシステムなどが含まれています。また、株式会社NTTデータ イントラマートの「intra-mart Accel Platform」といったパッケージシステムでも採用されています。

株式会社NTTデータ イントラマートからのエンドースメント

NTTデータ イントラマート社では、「intra-mart Accel Platform」でのJava開発フレームワークとして、TERASOLUNA Server Framework for Java 5を採用したことにより、今まで以上の高品質、高生産なソフトウエア開発の実現と、エンタープライズでの利用が加速するものと期待しております。

今後も「TERASOLUNA+intra-martのシステム共通基盤およびアプリケーション」でのトータルソリューションとして提供してまいります。

代表取締役社長
執行役員
中山 義人

各種プラットフォームの動作検証

NTTデータでは、さまざまなアプリケーションサーバーやデータベースサーバーがエンタープライズ開発について利用されている状況を踏まえ、これまでのTERASOLUNAフレームワークと同様に、「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」においても各種プラットフォーム上での動作検証を行っています。

提供元 アプリケーションサーバー データベースサーバー
日本アイ・ビー・エム株式会社 IBM WebSphere Application Server IBM DB2
オラクル・コーポレーション Oracle WebLogic Server Oracle Database
日本電気株式会社 WebOTX Application Server
株式会社日立製作所 Cosminexus HiRDB
富士通株式会社 Interstage Application Server Symfoware Server
Red Hat Inc. JBoss

日本アイ・ビー・エム株式会社からのエンドースメント

IBM WebSphere Application Serverは従来のTERASOLUNAでの対応実績に加え、今回「Liberty Profile」がTERASOLUNA Server Framework for Java 5にて対応いただくこととなりました。「Liberty Profile」は、企業におけるWebアプリケーションの迅速な開発・導入やハイブリッド・クラウド環境への移行を支援する「IBM WebSphere Application Server」の軽量ランタイムです。これにより、お客さまは、基幹システム向けに加えて、モバイルやIoTなど変化の速いシステムやクラウド環境に適した実行環境を選択できます。日本IBMはこれからもお客さまを支援するソリューションをIBMパートナーとともに提供してまいります。

執行役員
クラウド事業本部
クラウド・ソフトウェア事業部長
渡辺 公成

日本オラクル株式会社からのエンドースメント

日本オラクル株式会社は、「Oracle WebLogic Server」、 「Oracle Database」を活用いただいているNTTデータの「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」の発表を歓迎します。同時にオラクルのパブリック・クラウド・サービスのPaaS(Platform as a Service)で、「Oracle Java Cloud Service」、 「Oracle Database Cloud Service」 を含む「Oracle Cloud Platform」 での動作も検証いただいており、クラウド環境でも迅速にご利用可能です。「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」 とオラクルのソフトウエアやクラウド・サービスにより、高性能で多様なアプリ開発・展開が可能になります。

執行役
副社長
クラウド・テクノロジー事業統括
三澤 智光

日本電気株式会社からのエンドースメント

NECは、このたびNTTデータ様が最新のオープン技術を活用した「TERASOLUNA Server Framework for Java 5」を本格展開開始されることを心より歓迎いたします。TERASOLUNAフレームワークはNEC製アプリケーションサーバー「WebOTX」との組み合わせにより重要な社会インフラシステムを支えてきました。今回のグローバル標準のフレームワークへの対応を実施したTERASOLUNAフレームワークと高信頼・高可用なWebOTXが連動することによって高い品質と安心・安全が一層加速され、グローバルに展開されるお客様の最適なシステム環境として満足いただけるものと確信しております。NECは今後もNTTデータ様との連携を深め、より多くのお客さまのビジネス拡大に貢献してまいります。

クラウドプラットフォーム事業部
事業部長
岸上 信彦

株式会社日立製作所 情報・通信システム社からのエンドースメント

日立製作所は、最新のオープンソースを活用した「TERASOLUNA Server Framework for Java5」の本格展開の開始を歓迎します。これまでも、TERASOLUNAフレームワークと「Cosminexus」「HiRDB」の共同動作検証やお客さまシステムでの稼働実績をあげてきました。今回新たに提供されるTERASOLUNAフレームワークとの組み合わせにより、さらなるスピード開発、グローバルシステム開発が期待されるミッションクリティカルシステムの安定稼働を支えていきます。

ITプラットフォーム事業本部
サービスイノベーション統括本部
事業主管
尾花 学

富士通株式会社からのエンドースメント

富士通株式会社はTERASOLUNA Server Framework for Java 5の本格展開開始を心から歓迎します。TERASOLUNA Server Framework for Java 5で開発された高品質なシステムを高信頼・高性能なFUJITSU Software Interstage Application ServerやFUJITSU Software Symfoware Serverと組み合わせることでお客さまのビジネス拡大に貢献していきます。

ミドルウェア事業本部
本部長
新田 将人

Red Hat Inc.からのエンドースメント

レッドハットは、TERASOLUNA Server Framework for Java 5の本格展開開始を歓迎します。オープンソースソリューションのリーディングカンパニーとして、NTTデータのオープン化へのアプローチを共に推進し、今度とも企業向けアプリケーションサーバーの分野で協業できることを嬉しく思います。

ミドルウェア事業部門長
副社長 兼 ゼネラルマネージャー
マイク・ピーチ

注釈

  • TERASOLUNAおよびそのロゴは、日本およびその他の国における株式会社NTTデータの商標または登録商標です。
  • OracleとJavaは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、記載されている会社名、商品名、またはサービス名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
古場
TEL:03-5546-8051

製品に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
技術革新統括本部
技術開発本部
ソフトウェア工学推進センタ
本橋、川崎
TEL:050-5546-8779

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。