2016年6月9日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、株式会社良品計画(以下:良品計画)のグローバル会計システムにおいて、株式会社NTTデータ・ビズインテグラル(以下:NTTデータ・ビズインテグラル)が販売するERPパッケージソフトウエア「Biz∫®(ビズインテグラル)」を導入し、2016年6月よりカナダでの導入・展開を開始しました。

良品計画は、無印良品が発信する「感じ良いくらし」をグローバル全体で提供することを目指しており、それを支えるグローバル基幹系システム構想の策定を検討していました。NTTデータは、基幹・会計システム展開の豊富なノウハウを基に、2013年より良品計画のグローバル基幹系システム構想の策定検討を支援し、グローバルにおける業務・ITシステム標準化構想の策定と、「Biz∫」を含めたグローバル基幹システムの日本、アメリカでの導入の実現に寄与してきました。

NTTデータは、今後も良品計画の欧州をはじめとしたグローバルへの「Biz∫」の導入・展開を支援するとともに、良品計画のグローバルビジネスパートナーとして、「グローバル基幹システム構築プロジェクト」を全面的に支援していきます。

背景

「無印良品」を展開する良品計画は、年間で日本国内10店舗、海外40店舗のペースで出店を行っており、連結の売上高は2013年度からの3カ年で約1.5倍に急成長しています。グローバルな製造小売業として積極的に事業を展開するのに伴い、これまでの基幹・会計システムに課題が生じ、グローバル企業として成長するための新たなシステム基盤が必要となっていました。そこで、検討を行ってきた新たなシステムに必要とされた主な要件は以下の通りでした。

  • 経営環境変化への迅速な対応
  • 海外拠点における経営に関する数値のタイムリーな把握
  • 国内外の情報のシームレスな連携
  • 業務とITシステムの標準化による、新規拠点の早期立ち上げ
  • IFRS(国際会計基準)を視野に入れた会計業務・ITシステムの構築

これらの実現のため、良品計画の2014年から2016年の中期経営計画に合わせ、2013年にグローバル展開を視野に入れたシステム全体の構想の策定を実施しました。

構想の策定においては、グローバル企業への基幹システムの展開ノウハウを有し、会計システムの導入・業務内容の知見が豊富なNTTデータがPMO(注)としてプロジェクトに参画しました。また、会計システムの構築にあたっては、「IFRS(国際会計基準)」、「マルチテナント(複数会社)」、「多言語」、「多通貨」への対応が可能で拡張性が高い「Biz∫」が採用されました。

「Biz∫」は、2014年に稼動を開始した日本の新システムにおいて導入され、業務とITシステムの標準化を行った後、2015年にアメリカで導入されました。そして、日本、アメリカでの展開が順調なことから、2016年にカナダへの導入・展開が決定しました。

概要

良品計画のグローバル基幹システムの概要

  • グローバル基幹システムの対象には、会計システム、在庫・原価計算システム、営業基幹システム、POSシステムなどがあり、日本のデータセンターにアプリケーションを配備し、グローバル拠点から接続してアプリケーションを利用するプライベートクラウド方式を採用しています(グローバル拠点で利用のPOSシステムを除く)。
  • 会計システムには、NTTデータ・ビズインテグラルのERPパッケージソフトウエア「Biz∫」を採用し、連携する各システムからのデータを集約して財務諸表を作成しています。

NTTデータの役割

  • 本プロジェクトはグローバルで展開するシステムを構築する大規模なプロジェクトとなるため、システム間のインターフェースやネットワークの検討、関係プレイヤーとの調整等、良品計画とNTTデータが一体となってPMO組織を設置し、スケジュールと品質を担保しています。
  • PMO機能とともに、会計システム「Biz∫」の導入・展開、データセンターの提供、各システムとのインターフェース・ネットワークの構築を行い、日本国内だけでなくグローバル各国拠点での現地リソースによるサポートを実施しています。

導入効果

  • これまでは、海外拠点の会計データの確認が四半期に一度の頻度であった状況から、日次の頻度で日本国内より確認できることが可能となり、また営業情報も日々日本と同等のデータ粒度で確認できるようになることで、迅速な経営の意思決定が可能となりました。
  • システムと業務オペレーションが標準化されたことで、内部統制上の課題もクリアでき、また海外での新規出店国の立ち上げ時および駐在員の異動に伴う業務立ち上げが短期間でできるようになり、少人数拠点の業務フォローを本社サイドからできるようになりました。

今後について

NTTデータは、これまで「データセンターサービス」、「ネットワークサービス」、「Eコマースサービス」を通して、良品計画を多方面から支援してきました。

良品計画では、今後も欧州をはじめとした各海外拠点へグローバル基幹システムを展開していく予定であり、会計システムで採用された「Biz∫」はカナダへの導入・展開に続き、グローバルでの展開を見込んでいます。

NTTデータは、良品計画のグローバルビジネスパートナーとして、今回のグローバル基幹システムを含めて、今後も良品計画の事業展開を支援していきます。

参考

ERPパッケージソフトウエア「Biz∫」について

「Biz∫」は、ワークフロー市場分野で国内No.1のワークフロー/Web開発基盤シェアを持つ「intra-mart」を統合基盤として、販売・会計・人事などの基幹系業務と情報系システムが一体で動作するERPパッケージで、業務に合わせて迅速に業務適合を図れる柔軟な構造が特長です。また、IFRS・マルチテナント・多言語・多通貨への対応を行っているため、グループ/グローバル経営といったニーズを中心に、2011年の販売開始以来、700社以上のお客さまに採用されています。

注釈

  • PMO(Project Management Office)とは、組織内における個々のプロジェクトマネジメントの支援を横断的に行う部門であり、プロジェクト推進のための各種マネジメント(計画、品質管理、調整 等)を担当します。
  • 「Biz∫」は株式会社NTTデータおよび株式会社NTTデータ・ビズインテグラルの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
風間、甘田
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ITサービス・ペイメント事業本部
交通・流通事業部
グローバルリテール担当
冨重、上原
TEL:050-5546-2524

株式会社NTTデータ
製造ITイノベーション事業本部
コンサルティング&マーケティング事業部
エンタープライズマネジメント担当
廣瀬、鬼塚
TEL:050-5546-9530

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。