2017年3月21日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、スマホアプリと銀行口座を連動させたスマホ決済サービスについて、2018年度上期をめどに開始します。

サービス開始に先立ち、サービスの可能性を検証するため、2017年度上期中に複数の加盟店で、銀行口座を利用したスマホ決済サービスについて、実証実験を行う予定です。実証実験の結果を基に、2018年度上期をめどに、あらゆる加盟店、金融機関向けに新たなスマホ決済サービスの提供を目指します。

背景

昨今のEC市場の拡大や、スマートフォンを中心としたモバイル端末の普及率拡大に伴い、スマートフォンを軸とした決済サービスの重要性は高まってきています。スマホ決済サービスについては、現時点ではクレジットカードをベースにしたものや、一旦バーチャル口座にチャージをして利用するものが大半で、銀行口座からダイレクトに資金を移動させる決済サービス(デビットカード決済)は普及していません。

一方で、日本における消費活動のうち、現金による決済比率は約80%と依然高い水準となっています。NTTデータでは、決済時と同時に銀行口座から引き落とされる銀行口座決済について、学生のようにクレジットカードを持たない/持てない層だけでなく、堅実に買い物をしたい層など、幅広い消費者層に対して受け入れられるものと考えています。

上記トレンドを鑑み、このたびNTTデータは、あらゆる加盟店、金融機関向けに新たなスマホ決済サービスを提供することとしました。

概要

今回、NTTデータが立ち上げるサービスは、利用者自身が所有する銀行口座をあらかじめ、専用のスマートフォンのアプリに登録しておくことで、複数加盟店で、スマホ決済ができるサービスです。

【図】

図1:銀行口座と連動したスマホ決済の概要

メリット

主なメリットは下記の通りです。

利用者側のメリット

利用者は、現金やカードを持ち歩かなくても、スマートフォンさえあれば、決済が可能になります。また、1度登録をすれば、決済時に都度、口座番号を入力する必要がなく、さらに指紋認証や暗証番号等でセキュリティーを担保するため、使い勝手を損なわず安心して利用できます。

【図】

図2:サービスコンセプト

加盟店側のメリット

クレジットカードを持たない/持てない利用者層等幅広い消費者層に対し、新たなキャッシュレス決済手段の提供が可能となり、消費者の囲い込みやオペレーションの効率化が期待できます。

金融機関側のメリット

自行が開拓した加盟店だけでなく、他行開拓の加盟店でもスマホ決済が可能となり、自行カードホルダーの利便性向上が期待できます。

今後について

NTTデータは、日本市場での銀行口座を利用したスマホ決済サービス展開の可能性を検証すべく、2017年度上期中に、スマホアプリとメガバンク・地方銀行等の複数銀行口座を連動させた「スマホ決済サービス」について実証実験を行う予定です。なお、本実証実験は、複数の金融機関の協力のもと、さまざまな加盟店のリアル店舗およびEC店舗にて行う予定です。

また、2018年度上期を目処に、本実証実験で得た結果等を踏まえ、銀行口座を使ってあらゆる加盟店でスマホ決済ができるサービスの提供を目指します。

注釈

  • 引用:『電子決済総覧2015~2016』(電子決済研究所/山本国際コンサルタンツ/カード・ウェーブ)
  • 「CAFIS」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
古場
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ITサービス・ペイメント事業本部
カード&ペイメント事業部
ビジネス企画統括部
入倉、福島、宮原
TEL:050-5546-9468

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。