2017年4月5日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)はキリン株式会社(以下、キリン)と都内を中心とした複数の飲食店のビールディスペンサー注1に流量センサーを設置し、NTTデータが開発したIoTモニタリングシステム注2を用いて、ビール抽出・ビールディスペンサーの洗浄実施等のオペレーション種別を判定することで、これまで把握が難しかった飲食店でのビール消費量や洗浄状況のデータをリアルタイムに把握する実証実験を開始します。

今回の実証実験で得られたデータの解析を行い、消費者への高品質なビール提供、飲食店の売上向上、営業担当者の飲食店サポート品質向上等の可能性について検討します。

今後は、実証実験で得られた結果を踏まえ、NTTデータとキリンで、IoTを活用した新しいビジネスモデルの創出(共創)を目指します。

これまでの取り組み

近年、AIやIoT関連のテクノロジーの進歩により、IoT社会への期待が高まっています。企業においては、IoTで取得した情報をいかに有効に活用し、エンドユーザーへの付加価値として還元していくかが重要になっています。

キリンビジネスシステム株式会社との資本提携を契機に、事業パートナーとしてキリングループとシステム開発を実施してきたNTTデータは、お客さまのビジネスの変革・新たな価値創造支援を目的として、さまざまなお客さまとIoT・AI活用に取り組んでいます。

一方でキリンはお客さまに美味しいビールを飲んでいただくために必要な「提供品質5ヶ条の実践注3」を飲食店と共に推進し、「ビールカテゴリーの魅力化」を戦略に、お客さまの期待に応える価値創造を実現することに取り組んできました。 昨今の消費者の好みの多様化、商品のライフサイクルの短期化といった新たな時代に向けた積極的なIT活用により対応力を高めています。

こうした状況を受け、NTTデータとキリンは、消費者との接点である飲食店でのIT活用が美味しいビールを消費者に提供する上で重要と考え、飲食店におけるビールディスペンサーIoTモニタリングの実証実験を行うことにしました。

期待効果

飲食店でのビールディスペンサーの洗浄状況やビール消費動向をリアルタイムに把握することで、飲食店や一般消費者に対する新たな価値提供が期待できます。

(例)

  • 飲食店へビールディスペンサーの洗浄状況やビール消費動向の共有・提案実施によるサポート品質の向上
  • 鮮度のよいビール提供を実現する、消費状況に応じた最適な樽サイズの選定
  • 美味しいビール提供に伴うビール消費促進による飲食店の売上向上

実証実験の概要

(目的)

「提供品質5ヶ条の実践」に向けた、関連するオペレーションの改善と、飲食店の売上向上に向けたビジネスモデル検証

(実施内容)

  1. 1.ビールディスペンサーに設置した流量センサーからのデータを収集、IoTモニタリングシステムへ蓄積
  2. 2.「状態検知ロジック(NTTデータ開発・特許出願中)」を用い、収集データのオペレーション種別を判定
  3. 3.判定情報から、ビール消費量と洗浄状況をリアルタイムに計測

(実施店舗)

都内を中心とした複数の飲食店

(実施期間)

2017年4月5日~2017年5月末日

【図】

図:ビールディスペンサーリアルタイムモニタリング実証実験概要図

今後について

NTTデータとキリンは、飲食店におけるビールディスペンサーIoTモニタリングを通じて、お客さまへの新たな価値提供を実現する新たな取り組み(ビジネスモデル)の可能性を検討していきます。

NTTデータは、今後もIoTモニタリングを支える、センシング、通信機器、ネットワーク、クラウド、ビッグデータ解析、AIなどのさまざまなIoTテクノロジーの開発および提供に取り組んでいきます。

参考

NTTデータは、AIやIoTに関するサービスのさらなる拡充と価値創出を行い、2020年までにAIおよびIoT領域において、売上を500億円規模に拡大することを目指します。今後も、多種多様な顧客接点を持つNTTデータの強みを生かし、お客さま企業のデジタルイノベーションパートナーとして、AI・IoT等のデジタルテクノロジーを活用し、お客さまビジネスの変革・新たな価値創造を支援していきます。

注釈

  • 注1「ビールディスペンサー」とは「ビールサーバー」のことです。
  • 注2PTC社のIoTプラットフォーム「ThingWorx」を使用しています。
  • 注3「美味しい樽詰生ビール」には、飲食店の"ひと手間"が大切であり、その"ひと手間"をキリンでは提供品質5ヶ条と定めています。
    (1)ビールディスペンサーの正しい洗浄、(2)商品の鮮度管理、(3)適正な炭酸ガス圧力での抽出、(4)グラスの洗浄、(5)適切な注ぎ方
  • 注4センサー情報を収集し、クラウドにデータ転送を行う機器のことです。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
戸田、古場
TEL:03-5546-8051

実証実験に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
製造ITイノベーション事業本部
第二製造事業部
KIRINビジネス統括部
渡辺
TEL:050-5546-9114

技術に関するお問い合わせ先

ビジネスソリューション事業本部
AI&IoTビジネス部
IoTビジネス担当
田村、高山
TEL:050-5546-8635

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。