2017年4月14日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は2017年5月1日、米国Tableau Software(読み:タブロー・ソフトウェア、以下:Tableau)のビジュアル分析ツールを活用してお客さまの業務改革をサポートする「NTTデータTableauコンピテンシーセンター(以下:NTCC)」をNTTデータ内に設置します。

NTTデータはこのNTCC設置によりNTTデータグループ全体の関連知見を集約し、お客さまの業務や成熟度に応じたデータ活用高度化の課題を解決する業務改革コンサルティングに、ビジュアル分析ツールとして最高位の評価を獲得している注1Tableau製品の直感的なユーザーインタフェースを組み合わせ、データ活用アセスメント、業務改革構想策定、データ活用トレーニングから継続的なデータ分析・施策立案の代行まで、データ活用によるお客さまの業務改革を一層強力かつ迅速に支援します。

NTTデータは、データ活用による業務改革を幅広いお客さまを対象に提案し、関連ビジネス全体の売上を2020年までに累計50億円規模に拡大することを目指します。

背景

ビジネスのデジタル化によりデジタルデータの取り扱い量が拡大し、データに基づく客観的な意思決定や行動評価とその継続的改善を実現する「データドリブン」の能力が、急速に重要性を増しています。一方で、組織の大多数を占める現場レベルの日常業務でのデータ活用は、多くの企業で属人的で非効率な状態にとどまっています。

NTTデータは、これまでに培った業務・業種ごとのデータ活用の知見にもとづき、お客さまのデータ活用レベルを引き上げるための業務改善コンサルティングと、その実現手段としてのソリューション導入や運用支援を一貫したサービスとして提供してきました。また、2014年からはTableauとパートナー契約を締結し、その高速処理ビジュアル分析および直感的なインタフェースを業務改善コンサルティングと組み合わせ、3年間で60社以上のお客さまのデータ活用を支援してきました。

このような状況の下、NTTデータはNTTデータグループのデータ分析・活用に関する知見を集約し、Tableauを用いたお客さまの業務改革をより強力かつ迅速に支援できる体制の確立を目的として、このたびNTCCを設置することとなりました。

NTCCの概要および特長

NTCCでは、従来整備してきた過去のデータ分析ツール導入実績にもとづく業務・業界ごとの経営ダッシュボードや分析レポートのテンプレートを拡充します。また、センサー等の新たなデジタルデータを活用するとともに、NTTデータの業務別コンサルティングのノウハウにもとづく、最適なデータ活用を組み込んだ業務のあり方を提案するテンプレート群を構築・提供します。

これまで提供してきた現状業務にもとづく業務改善のコンサルティング・ソリューション導入・運用定着化の一連のサービスを全面的に拡充・体系化し、以下に示す企画・構想・実行・定着化までの一気通貫の業務改革支援サービスを提供します。これにより、現状業務の改善のみにとどまらず、新たなデータ活用施策の着想から抜本的な変更を伴う新業務プロセスの定義およびその運用定着化までを一層強力に支援します。

  • 独自のデータ活用成熟度モデルにもとづいてお客さまのデータ活用の現状を分析し、次に取り組むべき施策を立案するデータ活用アセスメント
  • 業務改革後のデータ活用の姿を実データを用いて具体化し、改革効果創出の実現性を実証するプロトタイプの作成
  • 業務上の重要評価指標(KPI)を定義し、目標達成に必要なデータ活用の業務プロセス・ITを定義する業務改革構想の策定
  • Tableauをはじめとするデータ活用のためのツールを、最適な組み合わせで構築・提供
  • データ活用の新業務を定着化させるためのトレーニング・意識改革・組織整備等の推進
  • データ分析にもとづく売り上げ・利益向上等のための要因解析・施策立案をお客さまの代わりに継続的に実行する分析アウトソーシング

Tableauの特長

Tableau Softwareは、Tableauの企業ミッションである「Help people see and understand their data」(お客さまがデータを見て理解できるように支援する)を実現するために、すばやくデータを可視化・分析し、情報共有を可能とするデータ分析プラットフォームです。その高速処理データ分析と直感的な優れたユーザーインタフェースは、市場から高い評価を受けています。

今後について

NTTデータは、幅広いお客さまを対象にデータ活用による業務改革を提案し、関連ビジネス全体の売上を2020年までに累計50億円規模に拡大することを目指します。

また、ワールドワイドでデータ分析・活用サービスを提供するITサービス企業を評価した「Magic Quadrant for Business Analytics Services, Worldwide注2」でNTTデータグループは最上位評価の「Leaders」の次ポジションである「Challengers」の一社として位置付けられており、NTCCの取り組み・体制についても、順次海外に展開していく計画です。

Tableau Japan株式会社 浜田社長のコメント

Tableau Japanは、NTCCの設置を心より歓迎いたします。Tableauはビジュアル分析プラットフォームの提供により全世界で54,000社を超えるお客様がオフィスや外出先ですばやくデータ分析を行うことをサポートし、データドリブンカンパニーへの変革を支援してきました。

NTTデータ様はこれまでもパートナーかつユーザとして蓄積されたTableauに関連する豊富な知見を活かし、多くのお客様のビジネス変革を牽引されてきましたが、NTCCの設置によりTableauの活用価値が最大化され、更に加速される事と確信しております。

Tableau Japanは、今後もNTTデータ様と連携した一気通貫サポートでお客様の働き方改革及び企業価値向上に貢献してまいります。

注釈

  • 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
甘田(かんだ)
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
製造ITイノベーション事業本部
コンサルティング&マーケティング事業部
デジタルコンサルティング統括部
コンサルティング担当
渡部、澤村
TEL:050-5546-9530

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。