2017年4月24日

東京海上日動火災保険株式会社
株式会社NTTデータ

東京海上日動火災保険株式会社(取締役社長:北沢 利文、以下:東京海上日動)と株式会社NTTデータ(代表取締役社長:岩本 敏男、以下: NTTデータ)は、2016年12月より開始しておりました保険証券へのブロックチェーン技術適用に向けた実証実験注1を完了いたしましたので、お知らせいたします。

なお、ブロックチェーンを利用した保険証券のデータ化の実証実験を完了した事例としては、国内初注2となります。

1.背景

輸出入貨物にかかわる保険である外航貨物海上保険は、保険証券が売り手から買い手に譲渡されるため、保険証券は、国を跨いで譲渡が行われ、銀行などの貿易関係者を介して国際的に流通します。しかしながら、その流通は紙書類によるものが中心であり、貨物の買い手への到着に時間が掛かるとともに、紛失リスクがあることなども課題となっています。

「ブロックチェーン」はデータの耐改ざん性を確保した状態でネットワーク参加者間での情報共有が可能な分散ネットワーク技術であり、東京海上日動とNTTデータは2016年12月から2017年3月にかけて、外航貨物海上保険における保険証券の領域へのブロックチェーン技術適用にむけた共同実証実験を行いました。

2.実証実験概要

(1)内容

本実験では、外航貨物海上保険の保険証券についてブロックチェーンによるデータ化を実施し、関係者の適切なアクセス性能、業務効率性、セキュリティー性能等の観点から実運用を想定した検証ならびに、これに伴う人的コストや書類の送達コスト等の削減効果について検証しました。注3

また、保険証券のデータ化にあたっては、同じくブロックチェーン上にあるL/C(信用状)やInvoice(商業送り状)、B/L(船荷証券)の情報を取り込み、これをブロックチェーン上の保険証券に反映することで、他の貿易関係書類との連関性についても検証しました。

(2)実施時期

2016年12月~2017年3月

(3)検証結果 注4

本実験で実証できた主な結果は以下の通りです。

  1. 1.本実験では、実際のブロックチェーン上において、関係者の適切なアクセス性能、業務効率性、セキュリティー性能について各種の検証を行い、いずれも当初の仮説を実証することに成功しました。
  2. 2.各種のコスト削減効果についても測定をすることができ、当初の目的を達成しました。
  3. 3.L/C、Invoice、B/Lをブロックチェーン上で取り扱った結果、保険証券のみならず貿易業務全体へブロックチェーン技術を適用することの有用性を確認できました。
  4. 4.貿易業務全体がブロックチェーンによって電子化された場合には、貿易関係者の業務効率が向上し、到着港における貨物の引き取りが促進されることから、保険会社の算定する港湾における貨物集積リスクが減少し、危険負担コストの減少につながることも確認されました。

確認された効果の例

3.今後について

本実証実験を通して、保険証券のみならず貿易業務全体へブロックチェーン技術を適用することの有効性が確認され、実用化に向けては貿易関係者が協調して課題解決を進めるグローバルな枠組みを作ることの必要性が認識されました。

NTTデータは実用化に向けた課題解決のために、国内外における幅広い貿易関係者にご参加いただける業態横断のコンソーシアムを企画、検討中です。

また、東京海上日動は貿易業務の発展に向けて、損害保険会社の立場で、本実証実験で抽出された課題の解決を目指すと共に、他業態への貿易取引におけるブロックチェーン活用の普及に向け、NTTデータが設立を目指すコンソーシアムへの参画を検討しています。

注釈

  • 注12016年12月16日付東京海上日動・NTTデータ ニュースリリース「保険証券へのブロックチェーン技術適用に向けた実証実験を開始」
  • 注2東京海上日動ならびにNTTデータ調べ
  • 注3本実証実験では、NTT研究所によるブロックチェーン上(Ethereum)のフレームワークおよびライブラリを活用することで、ユーザ権限管理やブロックチェーン上のデータの一部秘匿化を効率的に実現しています。
  • 注4詳細については、別添の「保険証券のブロックチェーン適用実証実験結果」をご参照ください。

本件に関するお問い合わせ先

東京海上日動火災保険株式会社
広報部
広報グループ
課長
三上 太
TEL:03-5223-3212

株式会社NTTデータ
広報部
課長
戸田 暢彦
TEL:03-5546-8051

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。