AIを活用した「物流業務変革コンサルティングサービス」の提供を開始

~「物流画像判別AIエンジン」を併せて提供開始、AIを活用してひっ迫する物流業務の効率化に寄与~

2017年5月31日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は6月1日、社会問題化している物流需給ひっ迫を解決するために、AIを活用した「物流業務変革コンサルティングサービス」の提供を開始します。

「物流業務変革コンサルティングサービス」は、人手に依存している物流業務の自動化・最適化に向け、AI技術をはじめとしたデジタル技術を適用することで、現場業務の変革を支援するコンサルティングメニューです。

また、本サービスの開始に先立って「物流画像判別AIエンジン」を開発し、鈴与株式会社(以下:鈴与)と佐川急便株式会社(以下:佐川急便)協力のもと、多様な荷物の判別や自動仕分けに対する有用性を検証しました。最新のディープラーニング技術を取り入れた本エンジンでは、世の中に流通する多様な荷物の荷姿、寸法、取り扱い、汚れ、破損の有無など最大1000種類の特徴を画像から自動的に判別できます。本エンジンの応用範囲は幅広く、倉庫の入庫検品、仕分け、積み降ろし業務のロボット化に役立てられるだけでなく、将来的に、他分野にも適用が可能です。

NTTデータは、物流業務におけるAIの導入方法論を活用し、コンサルティングサービスと「物流画像判別AIエンジン」等を含むシステムの提供を通じて、2020年度末までに累計100億円の売上を目指します。

背景

近年、物流は、EC市場の伸長によって需要が急拡大しており、供給能力が需要に対応しきれない状況が社会問題化しています。血液に例えられる物流は、経済活動を支える上で止めてはならない社会インフラである一方、業務従事者の高齢化・減少が予測されるため、持続可能な作業環境づくりが喫緊の課題となっています。

NTTデータは、人手に依存した物流業務を自動化するためには、ロボットにとって動作判断の基準となる現場の画像、映像情報を自動で正確に認識する技術が重要であると考え、平成28年度に最先端のディープラーニング技術を活用した「物流画像判別AIエンジン」を開発しました。また、当エンジンを活用した実証実験を鈴与、佐川急便などと行い、多様な荷物の判別や自動仕分けに対する有用性を検証してきました。

さらに平成29年1月には、経済産業省の「平成28年度IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(IoT・人工知能技術の活用による物流効率化のための調査)」に採択され、物流効率化に向けたIoT・AI技術の適用課題を調査するとともに、配車計画に対する「物流画像判別AIエンジン」の適用シミュレーションを実施しました。シミュレーションでは、人手で行っている荷姿登録業務を65%省人化でき、荷物と空き車両のマッチングが成立する確率が3.6%向上できるとの試算を得ることができました。

NTTデータは、「物流画像判別AIエンジン」の開発・実証および調査事業を通じて、以下3点の知見・ノウハウを蓄積しました。

  • AIの識別能力の強み・弱みを生かした、精度向上に寄与するクラス設計
  • 効率的に精度を上げるためのデータの作成と加工、前処理
  • AIモデルを現実業務へ適用した際に生じるギャップを分析することによる、適切な改善方策の立案

そしてこのたび、これらの知見・ノウハウを体系化することで、「物流業務変革コンサルティングサービス」として提供を開始することとなりました。

AIを活用した「物流業務変革コンサルティングサービス」について

「物流業務変革コンサルティングサービス」は、人手に依存している物流業務の自動化に向け、AI技術を適用するためのコンサルティングメニューとなります。基本構想立案や、現場業務への一部適用に留まらず、将来の物流現場におけるさまざまなロボット・センサーからのデータの一元集約と、それらの分析による付加価値創出を狙ったIoTプラットフォームの設計・構築まで手がけることで、一過性に終わらない物流業務変革を支援します。

物流デジタル化基本構想
  • デジタル技術による業務プロセス変革を起こすためのコンサルティング
  • センサー/ロボット稼動情報を活用し、生産性や収益性をモニタリングするKPI構想策定
デジタルロジスティクス
業務コンサルティング
  • ロボティクスが導入されヒト/ロボ混在となった物流現場におけるピッキング動線・棚配置、要員計画、配車計画の最適化
  • AI/ロボティクス等を活用した積み下ろし、入出荷検品、仕分け、棚卸しの自動化
デジタルロジスティクス
IoTプラットフォーム
  • センサー/ロボット情報を一元的に集約し、分析するプラットフォームのシステムアーキテクチャの設計・構築と分析

「物流画像判別AIエンジン」の概要および特長

「物流画像判別AIエンジン」は、スマートフォンや固定カメラにより撮影した荷物画像・映像のデータの特徴量を抽出し、荷物の形状などを最大1000種類まで自動的に判別することができます。物流現場は、製造業の生産工程と異なり取り扱う商品や荷物の種類が多岐にわたるため作業の機械化が難しい領域とされてきましたが、今回開発した本エンジンを活用することで、ロボットが多種多様な荷物を取り扱えるようになり、物流現場の人手業務の負荷を下げることができます。

【図】

図1:物流画像判別AIエンジンによるデジタルデータの取得

「物流画像判別AIエンジン」の活用例

「物流画像判別AIエンジン」は、物流産業において問題が生じているさまざまなシーンで応用が可能です。荷物の外装、形状、取り扱い、容積、汚れ・破損など人間が判断していた情報を自動的に判別し、デジタルデータ化することで、次に挙げる業務への活用が見込めます。

  1. (1)積み込み・積み降ろし作業への適用

    人手での重労働となっているトラックへの荷物の積み込みやトラックからの荷物の積み下ろしを、物流画像判別AIエンジンによる荷姿の自動判別結果をインプットしたロボットによる自動積み込み/積み降ろしにより、作業者・ドライバーへの負担軽減を図ります。

  2. (2)検品・梱包作業への適用

    目視により時間をかけてキズ・破損を確認している検品・梱包作業を物流画像判別AIエンジンによる画像判別により自動判別し、作業時間の短縮および精度の向上を図ります。

  3. (3)ドローン等による棚卸し作業の自動化

    人手で長時間をかけて実施している倉庫内での棚卸し作業、特に危険を伴う高所での作業を、物流画像判別AIエンジンを搭載したドローンなどのロボットを倉庫内で巡回させることで自動化し人手での作業時間や危険性の軽減を図ります。

【図】

図2:物流画像判別AIエンジンの応用例

今後について

NTTデータは、「物流業務変革コンサルティングサービス」および「物流画像判別AIエンジン」等を含むシステムの提供を通じて、2020年度末までに累計100億円の売上を目指します。

また、将来的には、ロボットやドローンなど、先進的な技術や物流装置と融合し、物流関連事業者に対してサービス展開すると共に、他分野へのAIを活用した業務変革コンサルティングサービスへと拡大することを目指します。

参考

注釈

  • 自動判別の精度を90%と仮定した場合。
  • 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
甘田(かんだ)
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
製造ITイノベーション事業本部
コンサルティング&マーケティング事業部
デジタルコンサルティング統括部
コンサルティング担当
大野、赤司、川口
TEL:050-5546-9530

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。