2017年7月4日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、米国DataRobot, Inc.(以下:DataRobot社)とエンタープライズ向け機械学習プラットフォームである「DataRobot」の販売代理店契約を締結し、お客さまへのサービス提供を開始しました。

「DataRobot」は、世界の優れたデータサイエンティストの知識や経験、ベストプラクティスを自動化する機械学習プラットフォームです。同プラットフォームを利用することで、スピーディーかつ精度の高い予測モデルを構築できます。

NTTデータではAI&IoTビジネス部を主体としてAIをお客さまのビジネスプロセスに組み込み、業務変革を支援するAIインテグレーションサービスを約300名の体制で展開しています。また、企業においてAIを活用する際に課題となる分析モデルの品質維持の自動化など、分析業務の自動化・自律化を実現するサービスの開発を進めており、順次サービス拡充を実施します。

本取り組みを契機にDataRobot社とのパートナーシップをさらに強固なものとするとともに、DataRobot社のプラットフォームと当社AIインテグレーションサービスを組み合わせることで、ビジネスシーンでのAI技術活用を促進し、お客さまビジネスのデジタルトランスフォーメーション支援を加速させていきます。

背景

急速な勢いで進化を続けビジネスに新たな価値を創出し、企業にイノベーションを起こすテクノロジーとしてAIに注目が集まっています。人手では扱うことが不可能だった膨大なデータから新たなルールや知識を発見することや、過去のデータに基づき将来何が起こるかを予測することなど、ビジネスにおけるニーズは高く、多様性を持っています。

AIを活用するためには、高い専門知識を有するデータサイエンティストの存在が不可避です。しかし、高度な分析知見を有するリソースの確保が難しい状況が続いており、作業効率化や、人材育成の仕組みが求められています。

また、分析モデルを構築し、運用を開始した後も、購買行動パターンなどのデータは日々変化していくため、モデルの品質・精度を継続的にモニタリングし、適切なタイミングで更新を図る必要があります。しかし、このモデル品質・精度を維持するためのプロセスがブラックボックス化すると、AIが導き出す答えを「人」が視認して意思決定することや、AIの導入効果を評価することが難しくなり、実際の業務への適用の障壁となります。

NTTデータでは、分析業務の自動化・自律化を実現するためのサービス開発を進めています。具体的には、生成したモデルが業務上求められる精度・品質を満たしているかの評価、モデルの品質劣化モニタリングと自動更新、AIによる予測結果を保存する仕組みなど、AIによる予測・判断を業務に組み込む際に必要となる仕組みです。

販売代理店契約締結について

このような背景を踏まえ、サービス検討を進める中で、AIビジネスの抱える課題の解決に向けた機能を特長として持つプロダクトとして、「DataRobot」に注目し、このたび販売代理店契約を締結しました。

DataRobot社が提供する世界でもトップレベルのデータサイエンティストの知見を活用した分析モデルを、NTTデータが提供するAIインテグレーションサービスにより、お客さまの業務や既存システムに組み込み、課題解決、および業務変革を支援します。具体的には、製造の分野では、生産プロセス改革による歩留まり改善・生産の最適化、工作機械の故障予測による予防メンテナンス、販売業務や商品設計では、顧客の行動パターンや潜在的に持っているウォンツを深く理解することによる売上拡大への貢献といった効果が期待されます。

「DataRobot」の特長

  • 世界トップクラスのデータサイエンティストの分析ノウハウで高精度の予測を自動化し機械学習の「民主化」を実現
  • 1000を超える「DataRobot」内の分析アルゴリズムから最適なモデルを自動作成
    →データサイエンティストの分析作業を効率化し、より速い分析を実現
  • 予測結果の根拠を可視化し、ビジネス導入を促進
    →利用者がモデルを簡単に、深く理解することをサポ―ト、既存システムとのスムーズな連携を実現

今後について

NTTデータでは、AIに関するサービスのさらなる拡充と価値創出を行い、2020年までにAI・アナリティクス領域において、売り上げを500億円規模に拡大することを目指します。

なお、今回のニュースリリースに当たり、DataRobot社より、以下のエンドースメントを頂いております。

エンドースメント

「No.1システムインテグレータであるNTTデータ様と代理店契約を締結させていただくことをとても嬉しく思います。NTTデータ様とDataRobotの関係は日本だけに限らず、将来的にはアメリカ、アジア、ヨーロッパの多くの国で展開をしていけるものだと考えており、より強いパートナーシップになると確信しております」

DataRobot, Inc.
CEO
Jeremy Achin

「DataRobotは機械学習の自動化による、"より良い予測をより速く"お客様にご提供いたします。NTTデータ様を代理店にお迎えすることによって、金融、製造、通信、流通、インターネット等様々な分野で予測モデルによる「機械学習の民主化」を強く推進していく事となります。今回のパートナーシップは日本のITをリードするNTTデータ様と世界最高峰の機械学習の技術を持つDataRobotによる強いシナジー効果をもたらし、多くの方々にAIによるビジネスソリューションをご提供できるものと確信しております」

DataRobot Japan
カントリーマネージャー
原沢 滋

注釈

  • DataRobotは、日本国内におけるDataRobot, Inc.の登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
  • AIを活用した分析業務の自動化・自律化:自動化とは定型動作を機械的に実行すること。自律化とは変化へ対応し、都度適切なモデル再構築をして、稼働中システムに適用していくこと。

参考

「DataRobot」について

「DataRobot」は、「より良い予測を、より速く」を実現する機械学習プラットフォームです。世界トップレベルのデータサイエンティストの知識、経験、ベストプラクティスを組み込んでおり、ユーザーは非常に正確な機械学習モデルを短期間で構築し、展開することができます。

DataRobot社について

  • 社名:DataRobot, Inc.
  • 所在地:One International Place, 5th floor, Boston, MA 02110

DataRobotはあらゆるスキルレベルのデータサイエンティストが、正確な予測モデルを構築し、配備するための機械学習プラットフォームを提供しています。

NTT DATA Enterprise AI ~NTTデータが考える企業におけるAI活用とは~

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

製品に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
AI&IoTビジネス部
滝澤
次世代技術戦略室
小酒井
TEL:050-5546-7939

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。