2017年7月7日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)およびNTTデータマネジメントサービス株式会社(以下:NDMS)は、株式会社パソナ(以下:パソナ)と協業し、財務経理部門の業務効率化や働き方改革を支援する「WinActor(ウィンアクター)財務経理ソリューション」を、7月11日から提供開始します。

「WinActor財務経理ソリューション」は、自動化ニーズの特に高い財務経理業務を対象に、ユーザー部門向けRPAツール「WinActor」を使ってERPパッケージ等のシナリオ作成が可能な人材の育成および派遣を行うものです。本件においてNTTデータとNDMSは、WinActorの研修教材作成や、修了基準策定、講師育成などを実施します。本ソリューションにより、民間企業等における財務経理部門での精算処理や決裁審査などの業務量を軽減し、企業の継続的な課題解決や業務効率化に貢献します。

今後、NTTデータ、NDMSとパソナは、本協業を通して、人とRPAの協働による新しいソリューションを提供し、企業のさらなる業務改善と働き方改革の支援を拡充していきます。

背景

昨今、政府主導で働き方改革が進められる中、多くの企業では、WinActorなどのRPAソリューションを活用した業務の効率化・自動化が進められています。一方で、RPAソリューション活用の上で必要となる業務分析、業務フローの再構築、RPAシナリオ作成、運用を担える人材の不足から、業務効率化・自動化活動を継続できずに一過性のもので終ってしまうのではと懸念する声は少なくない状況です。

このたび、NTTデータ、NDMSとパソナは、こうした課題を解決するため、NTTデータグループの持つRPAツールの導入や業務分析・再構築の知見と、パソナが持つ人材育成や人材派遣、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のノウハウを生かし、企業の継続的な業務効率化や働き方改革推進の貢献に向けた協業を行うこととなりました。

今回の協業で扱うRPAツールには、導入後もユーザー部門が継続的に業務効率化・自動化活動を行えることを重視し、完全日本語対応かつGUI(Graphical User Interface)完備でシナリオ作成の容易なWinActorを選定しました。

また最初に支援を行う業務には、ルーティンワークが多く、かつ繁閑差も大きいために自動化ニーズが特に大きいと言われる財務経理業務を対象としています。

RPAツール:Windows操作ロボット「WinActor」概要

2010年にNTTの研究所で生まれた技術をベースとするRPAツールで、提供パートナー開拓や、技術研修教材作成等を、販売元のNTTデータが担当しています。

WinActorは完全日本語対応の分かりやすいGUIツールを備え、業務部門が自ら扱える操作容易性が大きな強みです。数あるRPAツールの中で、導入後も業務の硬直化を招くことなく、業務部門主導で自動化率向上の取り組みを継続的に実施できる点が、財務経理ソリューションで利用するRPAツールに適していると特に評価されました。

「WinActor財務経理ソリューション」概要

財務経理業務を対象に、RPAツール「WinActor」を使ってシナリオ作成等ができる人材の育成および派遣を行います。これにより、民間企業等における財務経理部門での精算処理や決裁審査などの業務量軽減に貢献します。

対象

RPAソリューションによる業務改善を目指す企業、働き方改革を実現したい企業 等

各社の役割

NTTデータ

WinActorおよびWinActor研修教材の提供や、研修講師の育成等による「RPAエキスパート育成講座 -WinActor-」の作成支援

NDMS

NTTデータグループにおけるWinActorの適用・普及、WinActor技術者の認定基準の作成

パソナ

「RPAエキスパート育成講座 -WinActor-」による財務経理分野の登録社員育成と企業等への派遣

今後について

今後、NTTデータ、NDMSとパソナは本協業を通して、「人×RPA」による新しいソリューションの提供を、財務経理以外の業務へも広げていき、企業のさらなる業務改善と働き方改革の推進支援を拡充していきます。

参考

「RPAエキスパート育成講座 -WinActor-」 概要

本プログラムは、「WinActor財務経理ソリューション」におけるパソナの人材育成プログラムです。財務経理の専門人材育成・派遣を目的に、ロボット作成や業務分析のスキルを有する人材を育成する「RPAエキスパート育成講座 -WinActor-」を7月11日より開講し、パソナエキスパートスタッフ(登録社員)のさらなるキャリアアップを支援します。

内容

  1. 1.Starterコース(計6時間)/10,000円(税別)
    • ROBOTコンサル(2時間)…業務量、業務工程の洗い出し、業務フロー図の作り方等の基礎、ロジカルシンキング入門
    • ROBOT構築(4時間)…RPAとは、RPA市場製品の紹介、RPA作成体験等
  2. 2.Learningコース(計24時間、Starterコース修了者のみ)/40,000円(税別)
    • ROBOTコンサル(12時間)…業務の見える化、RPAの適用業務の見極め等
    • ROBOT構築(12時間)…RPA構築の基本、RPAの作成演習

参考サイト

NTTデータの提供するRPAソリューション「WinActor(ウィンアクター)」

【ロゴ】

注釈

  • RPA(Robotic Process Automation)とは、ソフトウエア型ロボットによる業務自動化の取り組みのこと。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。
  • 「WinActor」は日本国内における株式会社NTT-ATの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二公共事業本部
第四公共事業部
第二統括部
RPAソリューション担当
中川、村岡、万月(まんげつ)
TEL:050-5546-7720

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。