2017年9月12日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、小売事業者向けに訪日外国人を対象としたマーケティング活動と購買促進をサポートする「CAFIS Attendant(キャフィス アテンダント)」を、2017年9月12日より本格的に提供開始しました。

本サービスは、購買時に訪日外国人客が手に取った商品の興味情報(商品名・言語・日時等)を収集する多言語商品説明アプリとデータ分析をする管理Webで構成され、小売事業者のインバウンド戦略のサポートを行うものです。多言語商品説明アプリは、商品バーコードを読み込むと5カ国語注1で商品の詳細情報を表示・閲覧可能とし、訪日外国人客はより安心・納得して買い物を楽しめるようになるとともに、接客スタッフの負担軽減・コミュニケーションのサポートに貢献します。また、小売事業者は、アプリで収集された購買前の興味情報を把握できるため、商品の仕入れ量や棚割りなどの店舗運営に活用することができます。

今後NTTデータは本サービスにおいて、CAFIS注2との決済連動によるスマートショッピング等、さまざまな機能拡張を検討し、インバウンド戦略のトータルサポートを提案していきます。

背景

訪日外国人旅行者数は年々増加傾向にあり、2016年には約2,404万人と過去最多を更新しました注3。「観光立国」を目指す日本政府は、訪日外国人旅行者数と旅行消費額の達成目標として2020年4,000万人/8兆円注4を打ちだし、観光を基幹産業のひとつに位置付ける施策を掲げています。こうした中、小売事業者等がインバウンド需要を取り込むには、訪日外国人客のニーズや課題を理解し、より安心・納得してショッピングしてもらう環境づくりが必要となっています。

NTTデータは、CAFISを中心にインバウンド戦略のトータルサポートを目指しています。このたび、旅行中における決済前の商品選びの段階からサポートすることを目指し、「CAFIS Attendant」を提供することとしました。まずは、インバウンドの大きな障壁となる言語に関する問題を多言語商品説明アプリにより解消するとともに、取得データを通じたマーケティング活動を支援することで、小売事業者のインバウンド戦略をサポートします。

なお、現在、株式会社キリン堂(本社:大阪府大阪市)の運営する京都エリアのドラッグストアにて、本サービスの提供を試験的に開始し、データ収集等の安定的な運用が確認できたため、2017年9月12日より本格提供を開始することとなりました。

概要

CAFIS Attendantは、データ取得用の多言語商品説明アプリとデータ分析用の管理Webで、小売事業者のインバウンド戦略をサポートするサービスです。

【図】

図1:CAFIS Attendantサービスイメージ

多言語商品説明アプリで訪日外国人客の商品理解を促進

訪日外国人客や接客スタッフは、店頭に設置したタブレットから専用アプリを通じて商品のバーコード(JANコード)を読み込むことで、商品の成分や機能、効能等、より詳細な情報を5カ国語で表示・閲覧することができます。訪日外国人客の商品理解や興味の深化につながることで、購買意欲の向上狙えるとともに、接客スタッフの負担軽減に貢献します。

なお、多言語商品説明アプリは、株式会社Paykeが運用する商品データベースと連携して開発をしています。

【図】

図2:バーコード読み取り画面および商品情報表示イメージ

データ分析用管理Webの提供

アプリで商品情報取得が行われると、商品名・閲覧言語・日時等のデータを蓄積し、ログ情報として管理Webから閲覧することが出来ます。どの言語を使う外国人客が、どの時期に、どのような品物に興味を示したか、商品選定時の興味情報として可視化します。小売事業者は、従来のPOSデータに代表される購買データやSNSデータ等を活用してマーケティング活動を行うだけでなく、興味情報という新しい視点のデータを基に、仕入れ商品や棚割りなどの店舗運営に活用することができます。

今後について

今後NTTデータは本サービスにおいて、送客、購買促進、決済連動、分析の観点で機能拡張を検討し、インバウンド戦略のトータルサポートを提案していきます。

注釈

  • 注1英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語・日本語に対応(2017年9月12日現在)しており、訪日外国人観光客の87.6%以上をカバーしています。(JNTO発表の2016年訪日外客数を基にNTTデータが試算)
  • 注2NTTデータが提供する、多種多様な決済手段を支える国内最大の決済ネットワーク。https://solution.cafis.jp/(外部リンク)
  • 注3出典:日本政府観光局(JNTO)「2016年 国籍別 / 目的別 訪日外客数 (確定値)」
  • 注4出典:観光庁「明日の日本を支える観光ビジョン-世界が訪れたくなる日本へ-」
  • 「CAFIS Attendant」は株式会社NTTデータの商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ITサービス・ペイメント事業本部
カード&ペイメント事業部
営業統括部
ソリューション営業担当
鈴木(親)、鎌田
TEL:050-5546-8576

参考

株式会社Paykeについて

株式会社Payke(本社:沖縄県那覇市)は、外国人向けアプリ「Payke」を運営し、「全国企業万博 総務大臣賞(2017)」「東洋経済 すごいベンチャー100選出」、「九州山口ベンチャーアワーズ 大賞(2016)」等、数多くの賞を受賞しています。NTTデータは、オープンイノベーションの取り組みの中で共創を進めています。

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。