2017年9月21日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2017年9月29日より、Robotics Process Automation(以下:RPA)ソリューション「WinActor(ウィンアクター)」をサーバー上で一元的に管理・統制するソフトウエア型ロボット(以下:管理ロボ)を提供開始します。

「WinActor」とは、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作を自動化するソフトウエア型ロボットです。

「管理ロボ」とは、WinActor実行版(以下:実行ロボ)注1やWinActorの動作シナリオをサーバー上で一元的に管理・統制するソフトウエア型のロボットで、WinActorのWindowsサーバーOS対応型提供開始に合わせ、NTTデータが開発しました。ユーザーは管理ロボに作業を設定するだけで、多数の実行ロボを使って自動かつ効率的に複数の作業シナリオを並行処理できるようになります。また、管理ロボは、BPMツール注2等の業務を横断的に管理する他のソフトウエアとも連携可能なため、全社的な業務自動化のさらなる加速に貢献します。

今後NTTデータは、管理ロボを通じ、クラウド上でのWinActorによる自動化や、AIとの連携による高度な自動化の実現など、個々のニーズに合った業務自動化を推進し、2020年度末までに100億円の売り上げを目指します。

背景および概要

昨今、労働力人口の不足や働き方改革の動きを受け、多くの企業でオフィスでのデスクワークを自動化・効率化するRPAソリューションの普及・浸透が進んでいます。

NTTデータは、2014年11月からRPAソリューション「WinActor」の国内販売を開始しています。2017年1月にはRPA推進力を一層高めるための全社横断RPA推進チームを発足し、300社を超えるお客さまに「WinActor」を提供してきました。また、RPAソリューション高度化・多様化への期待に応え、WinActor英語版(2017年5月)、WinActor財務経理ソリューション(同年6月)、WinActorセキュリティー対応強化版とWindows10OS対応版(いずれも同年7月)の提供を開始し、機能強化・サービス向上に取り組んできました。

こうした取り組みの中で、特に大規模ユーザーからWinActorをサーバー上で一元管理・統制したいとの意見が多数寄せられたことを受け、2017年9月29日より、WinActorのWindowsサーバーOS対応型の提供を開始するとともに、その機能を一層活用するため、NTTデータはWinActorの管理ロボを開発、提供開始することとなりました。

WinActor WindowsサーバーOS対応型について

「WinActor」は、NTTアクセスサービスシステム研究所の技術を核に、NTTアドバンステクノロジ株式会社が開発し、NTTデータが販売元として提供している純国産のRPAソリューションです。Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作を動作シナリオとして記録し、自動実行することが可能です。日本的な複雑できめ細かいデスクワーク業務の自動化に必要となる操作性とコンパクトな設計を武器に、NTTデータでは累計300社以上に提供しています。

これまでのWinActorは個々のクライアントOS上(ユーザーのパソコン上)で動作するものでしたが、このたびWindowsServer2016に対応しました。これにより、WinActorを全社やバックグラウンドで一元利用したい場合はWinActorサーバー対応型、スピード感や導入容易性を重視して各現場ごとに自動化したい場合は従来のWinActorクライアント型と、用途や利用ポリシーに応じて選択できるようになりました。なお、これまでにクライアント型で作成したシナリオをサーバー対応型で流用することも可能です。

管理ロボについて

管理ロボは、実行ロボやWinActorの動作シナリオをサーバー上で一元的に管理・統制し、全社的なルーティンワーク業務自動化の推進を容易にするためにNTTデータが独自開発したパッケージソフトウエアです。サーバー上にある多数の実行ロボを一元管理・統制し、各種業務を自動で効率的に実行することが可能となります。また実行ロボを追加して処理能力を向上させることも容易になります。

シナリオ実行のコントロールが可能

管理ロボはサーバー上にある個々の実行ロボの状態を監視し、自動化対象となる業務について、待機中の実行ロボへの業務シナリオの割り振り、実行完了/異常終了などのステータス検知、実行タイミングのスケジュール管理等を行います。これにより、ユーザーは管理ロボのみをチェックするだけで、多数の実行ロボの動作状況を管理できるようになります。また管理ロボが実行ロボ全体に作業を最適に割り振るため、使用するライセンス数の節約につながりやすくなります。

シナリオやライブラリーの一元管理が可能

業務シナリオやライブラリー群をサーバー上で一元管理します。これにより、業務シナリオにおける異常のチェックや改ざんの防止といった管理が容易になります。また、業務シナリオやライブラリーが全社共有されることにより、効率的なシナリオ利用や応用開発を促進します。

BPMツール等との連携

BPMツール等の業務を横断的に管理する他のソフトウエアとも連携可能であるため、全社的な業務自動化のさらなる加速に貢献します。これにより、例えば全社業務を横断的にプロセス管理するBPMツールソフトウエアが、指定したプロセスに至ると管理ロボを呼び出して業務を自動実行し、その結果を踏まえて次のプロセスに進む、といったそれぞれのソフトウエアが担う業務を連携させた高度な自動化も可能です。

今後について

今後NTTデータは、管理ロボにより、クラウド上でのWinActorによる自動化や、AIとの連携による高度な自動化の提供など、個々のニーズに合った業務自動化を推進し、2020年度末までに100億円の売り上げを目指します。

参考

注釈

  • 注1WinActorには、フル版と実行版があります。 WinActorフル版とは、業務自動化シナリオを作成し、自動化シナリオを実行するソフトウエアです。WinActor実行版とは、WinActorフル版で作成した業務自動化シナリオを利用し、シナリオを実行することに特化したソフトウエアです。
  • 注2BPMツールとは、Business Process Managementの略で、複数の業務プロセスや業務システムを統合・制御・自動化し、業務フロー全体を最適化するためのツールのことです。NTTデータはIM-BPM等のツールを提供しています。
  • 「WinActor」は日本国内における株式会社NTT-ATの登録商標です。
  • 「corevo」は日本電信電話株式会社の商標です。「corevo公式ホームページ(外部リンク)
  • その他の製品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二公共事業本部
第四公共事業部
第二統括部
RPAソリューション担当
中川、佐藤、橘、藤枝
TEL:050-5546-7720

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。