2017年10月25日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、ヒューマングループと協業し、2017年11月1日より、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) 注1ツール「WinActor」を活用した、ユーザー企業のRPAスキル向上支援サービスの提供を開始します。

本サービスは、ヒューマンリソシア株式会社(以下:ヒューマンリソシア)がWinActor端末を常設するRPA専門のトレーニングセンターを東京・銀座に開設することに伴い、NTTデータとヒューマングループで、「WinActor」導入企業の運用担当者に向けた全3コースの研修プログラムを提供するものです。

本協業においてNTTデータは、WinActor研修教材の初級編・中級編・上級編を独自に開発し、ヒューマンリソシアおよびヒューマンアカデミー株式会社(以下:ヒューマンアカデミー)の研修設計や講師育成など、トレーニングセンター開設に向けての支援をおこなっています。

NTTデータは、本協業を通じてRPAスキル向上支援サービスを一層拡大し、お客さまの業務改革を支援していきます。

背景

昨今、政府主導で働き方改革が進められる中、多くの企業では、WinActorなどのRPAソリューションを活用した業務の効率化・自動化が進められており、NTTデータも2017年度上期だけで300社以上のWinActor導入を支援しました。このRPAによる業務自動化を社内に定着させるためには、ユーザー企業が自らRPAツールを使えることが重要だと言われています。実際、9月29日に開催された「RPA/ビジネスAIカンファレンス2017」のアンケートでも、過半数の企業から、「RPA動作シナリオの作成はベンダーに委託せず、自ら使いこなしたい」との回答がありました。

NTTデータはヒューマングループと、こうしたRPAによる業務自動化に積極的な企業を支援するため、WinActorスキル向上支援サービスの共同研究・開発に取り組んできました。NTTデータの持つRPAツールの導入や業務分析・再構築の知見と、ヒューマングループが持つ人材育成や人材派遣、研修開発のノウハウを持ち寄り、このたび、11月1日よりサービスを開始することとなりました。

ヒューマンWinActorスキル向上支援サービスの概要

RPAソリューション「WinActor」導入企業の運用担当者向けに、有料の研修プログラムを提供するものです。研修カリキュラムは、NTTデータとヒューマンリソシア、そしてIT系講座を幅広く展開するヒューマンアカデミーの3社が、ノウハウを結集して独自開発しました。11月1日に開設するRPAトレーニングセンターにて提供を開始し、順次拠点も増設していく計画です。

対象

WinActorにより業務自動化を目指す企業、生産性向上を実現したい企業 等

内容

初級・中級・上級の3コース

各社の役割

  • NTTデータ…WinActorの研修教材作成と、研修の講師育成およびカリキュラム作成の支援
  • ヒューマンリソシア…人材育成ノウハウの提供と、研修センターの開設、運営
  • ヒューマンアカデミー…IT系講座開設ノウハウの提供

RPAツール:Windows操作ロボット「WinActor」概要

2010年に日本電信電話の研究所が開発した技術をベースとするRPAツールで、提供パートナー開拓や、技術研修教材作成等を、販売元のNTTデータが担当しています。

WinActorは完全日本語対応の分かりやすいGUIツールを備え、業務部門が自ら扱える操作容易性が大きな強みです。導入後も業務の硬直化を招くことなく、業務部門主導で自動化率向上の取り組みを継続的に実施でき、ユーザー部門が主体的に活用するRPAツールとして最適です。

【図】

ヒューマンリソシア「RPAトレーニングセンター」について

RPAトレーニングセンターでは、初級・中級・上級の各コースを開講し、RPAオペレーターから運用管理者までを育成します。3コース(計4日間)の研修で「WinActor」の操作から運用までを幅広く習得できることが特長です。また、RPA導入に関心を持つ企業担当者に向けたRPAを体験できる場の提供や、派遣スタッフ向けトレーニングの実施も予定しています。ヒューマンリソシアは、将来的に大阪や名古屋にも開設を計画しており、全国の教育ニーズに対応すべく順次拡大していきます。2020年までに累計5,000人の受講を目指します。

今後について

NTTデータがWinActorを提供するお客さまは、2018年中に1,000社を超える見込みです。NTTデータはヒューマングループとの協業を通じ、RPAスキル向上支援サービスを一層拡大し、お客さまの業務改革を支援していきます。

注釈

  • RPA(Robotic Process Automation)とは、ソフトウエア型ロボットによる業務自動化の取り組みのこと。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。
  • 「WinActor」は日本国内における株式会社NTT-ATの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二公共事業本部
第四公共事業部
第二統括部
RPAソリューション担当
中川、村岡、祢木、小山
TEL:050-5546-7720

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。