ビジネスマッチングサービスの高度化に向けたAI活用実証実験を開始

~過去実績からAIで成功要因を分析し、顧客企業の最適なマッチング候補を抽出~

2017年10月25日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、株式会社京都銀行(本店:京都市下京区、取締役頭取:土井 伸宏、以下:京都銀行)と共同で、ビジネスマッチングサービスの高度化に向けたAI活用実証実験を2017年11月1日より開始します。

本実証実験では、中小企業の成長を支援するビジネスマッチング業務において、京都銀行のマッチング活動実績データとNTTグループのAI技術「corevo®(コレボ)」を用いて、最適なマッチング候補の抽出可能性を検証します。ビジネスマッチング担当者の経験やスキルをAIが補完できるようにすることで、ビジネスマッチング品質の標準化を図り、商談設定件数の増加および商談成約率の向上を目指します。

NTTデータは、本実証実験によって得られた知見を基にAI技術の精度向上に取り組み、2018年度以降にビジネスマッチング支援サービスの提供を目指します。

背景

近年、中小企業の成長を支援し、地域経済の活性化につなげる取り組みとして、多くの公的機関や地域金融機関、法人がビジネスマッチングサービスを推進しています。一方で、企業ニーズを的確に把握し、最適なマッチング候補を選び出すためには、ビジネスマッチング担当者に多くの経験やスキルが必要となります。

NTTデータは、個人の経験やスキルに依存することなく、最適なマッチング候補を効率的・効果的に抽出することを目的に、京都銀行と共同でビジネスマッチングサービスの高度化に向けたAI活用実証実験を行います。

概要

本実証実験は、京都銀行のマッチング活動実績データとNTTグループのAI技術「corevo」を用いて、以下の2点について検証を行います。

  • 検証1. 企業ニーズに含まれる「用語」や「文」をAIが解析し、意味の近い概念を有するマッチング候補を抽出
  • 検証2. ビジネスマッチング活動実績データに基づきAIが成功要因を分析し、最適なマッチング候補をランキング
【図】

図:実証実験のイメージ

  • 実施時期:2017年11月1日~2018年3月31日(予定)

今後について

NTTデータは、本実証実験によって得られた知見を基にAI技術の精度向上に取り組み、2018年度以降にビジネスマッチング支援サービスの提供を予定しています。

また、AIが分析した成功要因に基づき、顧客企業からのビジネスマッチング依頼を待たずに、プッシュ型で最適なマッチング候補を紹介するなど、新しいビジネスマッチングサービスの検討を進めます。

注釈

  • 「corevo」は日本国内における日本電信電話株式会社の登録商標です。
    「corevo公式ホームページ」(http://www.ntt.co.jp/corevo/(外部リンク)
  • 【図】
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第一公共事業本部
第三公共事業部
営業担当
上原、古畑
TEL:050-5546-2690

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。