電気事業者向けクラウドサービス「ECONO-CREA®」に新サービス追加

~RPAツールを利用した「ECONO-CREA RPA」と事業規模を限定した「需給管理スタンダード版」を提供~

2017年11月21日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、電気事業者向けクラウドサービス「ECONO-CREA®注1に、「ECONO-CREA RPA」(RPA注2ツールおよび需給管理業務モデルシナリオ)」と「ECONO-CREA需給管理スタンダード版」を新メニューとして追加し、2018年2月より提供開始します。

「ECONO-CREA」は2016年4月にサービス開始したNTTデータ、富士電機株式会社(以下:富士電機)、株式会社協和エクシオ(以下:協和エクシオ)の3社協業で立ち上げた電力ビジネスに必要な機能を一元的に提供するアプリケーションプラットフォームであり、その中の「需給管理サービス」はNTTデータと富士電機の協業により提供しています。

電気事業者は今回追加された「ECONO-CREA RPA」を利用することにより、オペレーターの電源割当や入札準備といった日々の業務負担の軽減が可能となります。

また、「ECONO-CREA需給管理スタンダード版」では、比較的小規模な小売電気事業者を対象に、需給管理業務の外部委託から自社運用への切り替えや、自治体を中心としたエリアを限定した地域新電力事業の新規立ち上げを支援します。

「ECONO-CREA」では今後も、より利便性の高い機能を拡充することで、小売電気事業者のビジネスへ貢献します。

NTTデータは「ECONO-CREA」を含む電力小売自由化向けサービスを提供することで2018年より5年間で累計100億円の売り上げを目指します。

背景

NTTデータでは、2016年4月の電力小売全面自由化にあわせて電気事業者向けクラウドサービス「ECONO-CREA」の提供を開始しました。「電気事業者を支えるエコシステム」というコンセプトのもと、業界の垣根を越えた異業種連携のプラットフォームとして、電気事業者および異業種企業の将来的な事業展開も視野に入れ、電力を軸としたさまざまなサービスを展開し、現在20社を超える小売電気事業者に利用されています。

電気事業における「需給管理業務」は、自社独自のノウハウを溜め込んだExcelなどのデータとの連携をはじめ、定常的、かつ、必要不可欠な作業が多く必要となります。そこで、それらの業務負担を軽減するために、RPAツールと、RPAツールを利用した業務モデルシナリオを提供することとなりました。

また、電力小売自由化当初は「需給管理業務」を外部委託して事業立ち上げの負荷を軽減する事業者も多く見受けられましたが、外部委託から自社運用への切り替え、地産地消をコンセプトとした地域電力の立ち上げなど、比較的小規模(エリア限定や単独BG(バランシンググループ)のみ)なシステムモデルのニーズも増えてきました。そこで「需給管理スタンダード版」を新たにメニュー追加し提供することとなりました。

概要および特長

「ECONO-CREA RPA」(RPAツールおよび需給管理業務モデルシナリオ)

電力ビジネスに必要な機能を一元的に提供するアプリケーションプラットフォーム「ECONO-CREA」に「RPAツールと需給管理業務モデルシナリオ」を追加し、需給管理業務全体の業務負担の軽減を実現します。

ECONO-CREA RPAの特長

  • 「ECONO-CREA 需給管理サービス」利用中のお客さまへの、定常作業の自動化を得意とするRPAツールWinActor、およびWinActorを利用したモデルシナリオの提供によって、Excelなどのデータを活用する電源割当や入札準備といった需給管理業務全体の業務負担の軽減を実現します。また、業務自動化を行うことにより作業時間の短縮や、オペレーターによるミスの軽減を実現します。

「ECONO-CREA需給管理サービススタンダード版」

「ECONO-CREA需給管理サービススタンダード版」は、BG数や需要グループの規模を限定したモデルとして、システム運用費用を抑えたモデルとして提供します。

需給管理サービススタンダード版の特長

  • 最大の特長であるシステムによるJIT予測機能注3により、運用初心者でも需給計画業務が容易にできます。
  • 需要家数(5万件以内)やBG数の制約により、機能を削減せずに安価な価格体系でのサービス提供を実現しました。これにより、受給管理業務の外部委託から内製化を検討している事業者も利用しやすい価格構成となっています。
  • 1時間前市場への対応により当日取引がスムーズに実施できます。(一括入札機能による効率向上)
  • 需要予測から当日監視までワンストップで対応しているため本サービスのみで需給管理業務が実施可能となります。
  • 代表契約者に基づく本格的なBGの管理(グループ数は限定)が実施できます。
【図】

図:「ECONO-CREA需給管理サービススタンダード版」概要イメージ

今後について

「ECONO-CREA」では今後も、より利便性の高い機能を拡充することで、小売電気事業者のビジネスへ貢献します。

NTTデータは、電力小売自由化向けサービス全体で2018年より5年間で累計100億円の売り上げを目指します。

参考

「ECONO-CREA」Webページ

注釈

  • 注1電気事業者向けクラウドサービス「ECONO-CREA」:電気事業者向けのクラウド型基幹業務システムをNTTデータ(プラットフォーム、マーケティング)、富士電機(需給管理)、協和エクシオ(CIS(顧客管理))の3社協業で提供しています。
  • 注2RPA:RPA(Robotic Process Automation)とは、ソフトウエア型ロボットによる業務自動化の取り組みのこと。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。
  • 注3JIT予測:予測対象日と類似した過去日の需要実績値をベースに予測を行う手法。類似日は自動分析した需要要因に基づいて抽出します。
    短期間の学習データで高精度な需要予測をする方法。
  • 「ECONO-CREA」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
廣田、甘田(かんだ)
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
テレコム・ユーティリティ事業本部
ユーティリティ事業部
千田、三間(みつま)
TEL:050-5546-8150
E-mail:ec-sales@kits.nttdata.co.jp

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。