2018年2月20日

NTTデータ先端技術株式会社
株式会社NTTデータ
日本アイ・ビー・エム株式会社

NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、以下:NTTデータ先端技術)は、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、以下:NTTデータ)および日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、以下:日本IBM)の協力のもと、お客さまにAI技術を実践、活用してもらうための組織および場として「INTELLILINK AI Lab (インテリリンク エーアイ ラボ)」を2018年2月20日に設立します。

「INTELLILINK AI Lab」は、日本IBMが提供するIBM WatsonのテクノロジーをベースにNTTデータ先端技術が有するシステム基盤スキル、NTTデータが有するアプリケーション開発スキルを活かし、ユーザーが想定するAIソリューションを直接『見て・触れて』、活用へつなげる環境として提供します。

これにより、AI導入を検討していたお客さまは、AIに関するさまざまな製品やサービスに触れ、ユースケースを知ることを通して、自社の課題解決に必要な取り組みを具体化し、推進することが可能となります。

今後「INTELLILINK AI Lab」では、技術者の増員やデモ体験エリアの拡充などを進め、お客さまのさらなるAIのビジネス活用を支援します。

背景

昨今、企業におけるAI活用への関心が高まっています。大手リサーチ会社の調査結果注1では、国内AI市場における2016年~2021年の年間平均成長率は73.6%、2021年の市場規模は約2500億円と予測されています。また同調査結果では、57.4%の企業が、AIが自社のビジネスに何らかの影響を及ぼすと回答しています。一方で、現在AIを利用している企業は全体の1割にも達しておらず、利用していない企業の3割以上は活用方法が分からず、これから理解を深めていく段階にあるとの結果が出ています。

AIをビジネスや業務へ活用したいというニーズは強いものの、導入・活用に踏み出すにあたっては、お客さまがAI導入のイメージを持つきっかけとなるユーザー体験の提供が必要と考えられます。

このような背景のもと、NTTデータ先端技術は、NTTデータ 技術開発本部 エボリューショナルITセンタおよび日本IBMの協力により、「INTELLILINK AI Lab」を立ち上げることとしました。

概要および特長

「INTELLILINK AI Lab」では、AIを『見て・触れる』体験の場を提供するとともに、専任スタッフによる技術動向や活用方法のさまざまな相談や、導入に向けた実証実験などのノウハウの提供など、AI活用に関するサポートを一元的に支援します。

すでに全世界45か国の企業や組織に導入されているIBM Watsonを中心に、お客さまの課題・ニーズに応じたAIソリューションの選定・検証・導入までのサポートを行い、お客さまのビジネス拡大に貢献できるソリューションを提供します。

1.AI関連技術の知識の提供(見る)

  • AIの基本的な理解・知識習得のためのセミナー・研修などの提供
  • 最新技術情報の提供

2.デモ、ハンズオンによる体験の提供(触れる)

  • 実際のビジネス適用方法を体験できるユースケースに基づくデモの提供
  • ハンズオンによるAI技術の実践の体験機会の提供

3.ビジネス活用方法検討のためのサポート(計画する)

  • 先行導入事例の紹介
  • お客さまのビジネスにおける活用方法のアドバイスの提供

4.AI導入の実現に向けた具体化サポート(導入する)

  • お客さまのPoC(導入前事前検証)や、データ検証を技術面から支援する機能の提供
  • 実装のためのコンサルティングの提供

各社の役割

「INTELLILINK AI Lab」の開設にあたり、当ラボの運営やサービス提供などをNTTデータ先端技術が提供し、AI技術支援などをNTTデータが、コンテンツなどの作成支援を日本IBMが行っています。各社の役割は下図をご参照ください。

【図】

なお、開発APの支援体制として、NTTデータ先端技術と協業関係にある株式会社シイエヌエス(東京都渋谷区)も参加予定です。

今後について

今後「INTELLILINK AI Lab」では、技術者の増員やデモ体験エリアの拡充などを進めていきます。また、NTTデータ先端技術はNTTデータ 技術開発本部 エボリューショナルITセンタ協力の元、NTTグループのAI関連技術を活用した取り組みであるcorevo®注2についても、各種デモンストレーション環境を整備し、AIに関するユーザー体験創出を強力に推進していく計画です。

関連情報

NTTデータ先端技術

NTTデータ先端技術は、高度な専門性と最先端の技術力を誇るITシステム基盤プロフェッショナルとして、ITシステム基盤のコンサルティング、設計、構築、製品販売、保守、トレーニングを提供しています。

システム基盤構築で培ったノウハウと知見を活用し、お客さまのビジネスにおけるAI活用を実現するための専門集団として、学習データを蓄積するための環境構築からDeepLearning基盤構築、業務改善のためのアプリケーション開発まで一貫して取り組んでいます。

NTTデータ 技術開発本部 エボリューショナルITセンタ

先進ITを核にしたイノベーション実現に向け、AI・IoTをはじめさまざまな先進技術の研究開発を行っています。

AI領域においては、NTTグループのAI技術corevoをはじめ国内外のベンダーが提供するAI技術・ソリューションを対象にした調査・評価、および、想定ユースケースのプロトタイピングを通じた使い所や有効性の検証を行っています。また、NTTデータグループのAI技術力向上を目的として、それらの知見をもとにしたハンズオンセミナーや、AI案件の技術支援を行っています。

日本IBM

日本IBMはIBMコーポレーションの日本法人です。IBMは世界中で企業向けにコグニティブ・ソリューションとクラウド・プラットフォームを提供する会社です。IBMはあらゆる種類のデータ、最先端のIT、お客様のビジネスプロセスや業界についての専門知識、幅広いパートナー様とのエコシステム、そして世界中の研究所を活用した統合されたソリューションと製品を通じてお客様に価値を提供しています。

INTELLILINK ShowRoom

「INTELLILINK AI Lab」は、「INTELLILINK ShowRoom」の一角に位置します。お客さまが解決したい課題に対し、新たなIntelligenceをつなぎ課題解決への効果を体感できるコミュニケーションスペースです。

注釈

  • 注1出典:IDC Japanプレスリリース「国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表」(2017年11月15日)
  • 注2corevo:NTTグループのAI関連技術を活用した取り組みの総称です。人間の意図や感情を理解する「Agent-AI」、人間らしさの本質にせまる「Heart-Touching-AI」、IoTの頭脳としてセンタの知能化を司る「Ambient-AI」、巨大システムを超分散リアルタイム処理で支える「Network-AI」の4つの方向性のもと、通信キャリアとしての強みを活かした構成技術の研究開発を進めています。
    corevo公式ホームページ:http://www.ntt.co.jp/corevo/(外部リンク)
  • IBM、IBM Watsonは、International Business Machines Corp.の商標です。
    IBM Watson(日本語版)公式ホームページ:https://www.ibm.com/watson/jp-ja/(外部リンク)
  • 「corevo」は日本国内における日本電信電話株式会社の登録商標です。
  • 【図】
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社
営業推進部
営業推進担当
広報グループ
大西
TEL:03-5843-6860

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

日本アイ・ビー・エム株式会社
広報部
伊藤
TEL:03-3808-5120

製品・サービスに関するお問い合わせ先

NTTデータ先端技術株式会社
Blue3事業部
営業担当
小谷
TEL:03-5859-5465

株式会社NTTデータ
技術開発本部
エボリューショナルITセンタ
稲葉
TEL:050-5546-9741

日本アイ・ビー・エム株式会社
ダイヤルIBMお客様相談センター
TEL:0120-04-1992

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。