四国銀行にてタブレット端末を活用した「預り物件管理システム」の運用を開始

~顧客接点における預り業務の事務効率化・ペーパーレス化で高品質なサービスを提供~

2018年6月1日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、株式会社四国銀行(以下:四国銀行)向けに「預り物件管理システム」を開発し、2018年6月4日より全営業店にてサービスを開始します。

本システムは、銀行員がお客さま宅訪問時や銀行窓口でお客さまから預かる、通帳や現金などの物件(以下:預り物件)の情報をタブレット端末およびパソコンに入力し、システム管理することで業務効率化・事務堅確化・ペーパーレス化を支援するシステムです。事務手続きの省力化により、対面での営業時間を創出することができ銀行の営業力強化およびサービスレベルの向上に貢献します。

本システムへ入力した情報は営業店のパソコンとリアルタイムに連携しており、スムーズな事務引き継ぎが可能です。また、処理状況はパソコン画面で常時可視化されるため、期日管理を徹底し、処理漏れを防止することができます。

預かったしるしとしてお客さまからはタブレット画面上に電子サインをもらうことで手続きが完結し、紙の受取証発行を廃止します。

帰店後はパソコンを使ったワークフローシステムでの事務引き継ぎができ、紙管理簿を廃止することによりペーパーレス化と、事務作業の省力化を実現します。

NTTデータは金融機関における事務効率化・営業力強化に寄与すべく、「預り物件管理システム」を幅広く展開することを目指します。

背景

近年、金融機関では営業店・渉外等の顧客接点において、営業力の強化、サービスレベルの向上、業務効率化・コンプライアンス対応強化を目的として、タブレット端末の導入が急速に拡大しています。

四国銀行においても、多様化する顧客ニーズに柔軟に対応し安心・安全で高品質なサービスを提供するために、お客さまとの接点強化を課題と捉え、これらの解決につながる業務改革の検討を行ってきました。

これに対しNTTデータは、紙での手続きと管理が煩雑だった預り物件に関する事務をシステム化することで銀行の事務効率化・堅確化およびペーパーレス化に寄与する「預り物件管理システム」を提案し、タブレット画面の操作性が高くお客さまとの接点強化につながる点が評価され、このたび四国銀行にて採用されました。

導入効果

  1. 1.情報の一元管理による事務堅確化

    お客さま宅訪問時や銀行窓口での物件預かり、帰店後の事務担当者への引き継ぎ、物件の最終返却までの一連の情報をタブレット端末とパソコンをリアルタイムに連動させることで、システムで一元管理します。

    処理状況はパソコン画面で常に可視化されており、さらに期日超過物件に対するアラート機能を兼ね備えているため、処理漏れを防止することができます。

    お客さまから預かる情報を堅確に管理することで、安心・安全なサービス提供につながります。

  2. 2.事務効率化およびペーパーレス化

    お客さまの面前で使用するタブレット画面は使いやすさを追求しています。これによる事務手続きの省力化が営業時間の創出につながり、お客さまに対しよりレベルの高い提案が可能となります。

    また、タブレット端末およびパソコンの活用により、紙の受取証や授受管理簿を廃止します。

    これら紙帳票への記入・押印・管理作業が大幅に軽減されるため、銀行員の事務稼動を低減でき、ペーパーレス化につながります。紙帳票紛失のリスクもなく、セキュリティ面でも安全です。

【図】

図:預り物件管理システムの導入効果

システムの特長

「預り物件管理システム」の特長は以下の通りです。

  1. 1.操作性の高いタブレット画面

    タブレット画面はタップするだけで処理が進む操作性にこだわった画面設計となっています。入力時間の削減により対面での営業時間をより長く確保できるため、サービスレベルの向上につなげることができます。

  2. 2.既存のシステムと連動し、情報の不整合を防止

    「預り物件管理システム」で使用する顧客情報や行員情報は銀行の既存のシステムから取得し、「預り物件管理システム」で新規登録・更新した情報は銀行の既存のシステムへ還元するため、システムの個別管理によって発生する情報の不整合を防止します。

  3. 3.銀行の個別規定に合わせてシステムの拡張が可能

    預り物件の管理は銀行員が日々携わる業務であり、業務にかかわる事務規定は銀行によってさまざまです。システム化することが銀行員の日々の業務の負担とならないよう、銀行の個別規定に見合ったシステムフローへのカスタマイズが可能です。

今後について

今後NTTデータは、金融機関における営業力強化に寄与すべく「預り物件管理システム」を幅広く展開することを目指します。

注釈

  • 受取証は銀行によっては受取書、預り証など異なる呼称を用いている場合があります。
  • 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
関口
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
金融ソリューション事業部
カスタマソリューション統括部情報系システム担当
高嶋、清水、岡本、森
TEL:050-5546-7990

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。