2018年8月31日

株式会社NTTデータ
株式会社BeeX

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下:NTTデータ)と株式会社BeeX(本社:東京都中央区、代表取締役:広木 太、以下:BeeX)は、SAP基盤技術やシステム移行を中心としたクラウド事業分野において2018年8月31日に資本業務提携しました。

SAP等基幹系システムの導入・運用実績があるNTTデータグループと、パブリッククラウドの先進的な技術、サービス活用ノウハウに強みを持つBeeXが協業することにより、クラウド基盤を活用したエンタープライズシステム事業を相互に加速していきます。

背景・目的

現在、SAPを中心としたERPなど基幹系システムの分野において、企業のデジタル化を推進すべく「IoT」や「AI」などの新技術の導入、SAP HANAなどの高速大容量データベースの活用に大きな関心が寄せられています。一方基幹系システムの多くは、オンプレミスやサードパーティーのデータセンターで構築・運用されている中で、ITに関わるTCOの最適化が求められています。これらの要望を迅速に実現し、かつコストを最適化する方法として、基幹系システムの稼働基盤をクラウドへ刷新するニーズが高まっています。

これまでNTTデータグループは、製造業を中心とした数多くのお客さまへ、SAPを中心としたERPを含む基幹系システム導入支援や運用管理などさまざまなサービスを提供してきました。BeeXは、SAP稼働基盤のクラウド移行・構築サービスの提供やクラウド上でのSAPシステム運用を中心にビジネスを展開してきました。

このたび両社が資本業務提携することにより、NTTデータグループのSAP等システム開発・導入ノウハウや多くのお客さまとの関係を生かすとともに、BeeXのSAP基盤技術やパブリッククラウドの先進的な技術、サービス活用ノウハウを組み合わせて、お客さまの基幹系システムのクラウド化を支援していきます。

資本業務提携内容

本提携により、お客さまのSAP環境をクラウド上に構築、クラウドマイグレーション案件の創出や技術・人材交流を実施します。また2025年には、SAP ERP 6.0のサポート終了期限を迎えるため、SAP S/4HANAへのコンバージョン需要が拡大すると予想されています。これらに対して、お客さまにおけるクラウドファーストの要望に応えるサービスを提供できる体制を強化します。

なお、NTTデータは本提携により、BeeXが実施する第三者割当増資の引き受けを行います。

NTTデータの概要

(1)商号: 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
(2)事業内容: システムインテグレーション事業、ネットワークシステムサービス事業、その他これらに関する一切の事業
(3)設立年: 1988年
(4)本社所在地: 東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル
(5)代表者: 本間 洋(代表取締役社長)
(6)社員数: 118,006名(グループ全体/2018年3月末現在)

BeeXの概要

(1)商号: 株式会社BeeX
(2)事業内容: 企業の基幹系システムを中心としたエンタープライズシステムのクラウドへのマイグレーション(移行)及びインテグレーション、保守を専業として会社設立。SAPなど基幹系システムのオンプレミスからクラウドへの移行に関して、業界でトップクラスの技術力と実績を有しています。
(3)設立年: 2016年
(4)本社所在地: 東京都中央区日本橋2-11-2 太陽生命日本橋ビル16F
(5)代表者: 広木 太(代表取締役)
(6)社員数: 35名(2018年7月末現在)

注釈

  • SAPは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの登録商標です。
  • その他本文中に記載されている商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
大島
TEL:03-5546-8051

株式会社BeeX
ビジネス開発部
山口
TEL:03-6214-2830

資本業務提携に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
製造ITイノベーション事業本部
企画部
方式技術担当
千葉
TEL:050-5546-2195

株式会社BeeX
ビジネス開発部
山口
TEL:03-6214-2830

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。