2018年9月19日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)と成田国際空港株式会社(以下:NAA)は成田国際空港ターミナルで利用可能な空港ナビゲーションアプリ「NariNAVI」(読み:ナリナビ)を2018年9月20日より配信します。本アプリは、地磁気(地球の磁場)測位を実現する、高精度屋内位置情報サービス注1を活用しており、本技術の活用は国内空港では初めてとなります。

NariNAVIは地磁気測位により、スマートフォン上の空港内地図にリアルタイムで現在位置を表示し、利用者はリアルタイムで現在位置を把握することが可能です。地図表示では通常の2Dの地図に加え、複数のフロアにまたがる複雑な空港施設内を立体的に表現する2.5D地図を実現し、訪日外国人などの利用者にとって直感的にわかりやすく、円滑な移動を支援します。

今後、NTTデータは、施設内の高精度なナビゲーションに加え、従業員管理や物品管理など、NAAでの位置情報のさらなる活用の検討を進めるとともに、屋内施設を持つ企業に向けた位置情報サービスの展開による、事業拡大を目指します。

背景および概要

NAAは訪日外国人など、初めて空港を利用する旅行者でも円滑に空港内を案内できるように、空港内におけるリアルタイムな位置把握を目指した空港内ナビゲーションアプリを検討していました。NTTデータは、当アプリの実現に向けて、2018年6月からサービスを開始した、「高精度屋内位置情報サービス」注2を活用したアプリ開発の提案を行い、NAAに採択され開発を進めてきました。

本アプリは、地磁気を用いた高精度屋内測位の技術を活用した国内空港初のものです。また、昨年10月にNTTデータがNAAに提供を開始した、高精度屋内デジタルマップシステム注3より配信されるデジタル地図を活用しており、「2.5D地図配信基盤技術注4」によりスマートフォン上で立体的な地図表現である2.5D地図表示を実現しました。

【NariNAVIへの提供技術】

  • 高精度屋内位置測位技術

    建物内に分布する地磁気やBLEビーコンが発信する電波の情報を事前に収集して磁気マップを生成し、この磁気マップの情報とスマートフォンのセンサーで感知した情報を、比較・解析することで高精度な現在位置測位を実現する技術です。
    NariNAVIでは、空港内地図上にリアルタイムで現在地の情報が表示され、リアルタイムに現在地を把握することが可能になりました。

  • 2.5D地図基盤技術

    屋外や屋内の階層地図(階・高さ情報を持つ平面地図)をシームレスに配信・表示可能な地図基盤技術です。平面地図データと高さ情報を組み合わせ、平易な立体地図表現の生成を可能にします。
    NariNAVIでは、1階から4階へといったような、複数フロアにまたがる案内の場合にも、直感的にわかりやすくするために、立体的な地図で表示され、現在地と目的地を俯瞰的に把握することが可能になりました。

【図】

図1:「NariNAVI」現在地表示(左)と2.5D地図の画面イメージ(右)

【図】

図2:地磁気による屋内測位の仕組み

「高精度屋内位置情報サービス」について

本サービスは、屋内空間における位置情報サービスを実現するため、屋内測位機能、スマートフォン向け地図配信機能を備えたクラウドサービス注5です。本サービスを利用することで、ナビゲーションサービスをはじめとする、施設訪問者への案内サービス向上や、従業員の動線把握による業務効率化など、さまざまなアプリケーションでの位置情報の利活用が可能となります。

今後について

NTTデータは、今回のNAAへの「高精度屋内位置情報サービス」導入を機に、さらなるナビゲーションサービスの高度化に加え、従業員管理や物品管理など、NAAでの位置情報のさらなる活用の検討を進めていきます。また、公共交通機関や大規模な屋内施設を持つ企業に向けた位置情報サービスの展開を図り、今後の事業拡大を目指します。

注釈

  • 注1地磁気とは、地球上に発生している磁場のことで、本技術では周辺構造分などから実際に変化している磁場の歪みを磁気指紋としてマップを作成し利用しています。高精度屋内位置測位技術はNTTデータ技術開発本部とGiPStech(ジップステック)社が共同開発した技術を活用しています。GiPStech社はイタリアUniversity of Calabriaからスピンオフした屋内測位専門のスタートアップ会社で、Geo IoT 2017にて「インフラフリーの技術群の中で最もパフォーマンスに優れた技術」との評価を獲得しています。(URL: http://www.gipstech.com(外部リンク))
  • 注22018年5月1日 地磁気を用いた高精度屋内位置情報サービスを提供開始
    http://www.nttdata.com/jp/ja/news/services_info/2018/2018050101.html
  • 注32017年10月12日 成田国際空港株式会社へ「高精度屋内デジタルマップシステム」を提供
    http://www.nttdata.com/jp/ja/news/services_info/2017/2017101201.html
  • 注42.5D地図基盤技術は、NTTサービスエボリューション研究所が開発した技術です。
  • 注5本サービスはアマゾンウェブサービス(AWS)上のクラウド基盤から提供しています。
  • アマゾンウェブサービス、Amazon Web Services、AWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
社会基盤ソリューション事業本部
ソーシャルイノベーション事業部
近藤、上、中村
TEL:050-5546-2507

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。