2019年1月4日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下:NTTデータ)は、2019年1月4日より、事業組合システムバンキング九州共同センター(理事長:森 俊英、以下:SBK)注1へ金融機関向け基幹系システム「BeSTAcloud®」のサービス提供を開始しました。

SBKには、福岡中央銀行、佐賀共栄銀行、長崎銀行、豊和銀行、宮崎太陽銀行、南日本銀行が加盟しており、6銀行の一括同時移行は初めてとなります。

NTTデータは今後も、「BeSTAcloud」の先進システム機能の拡大・拡充を行うとともに、さまざまな金融機関の個別ニーズや金融持株会社傘下の複数金融機関による共同利用等、利用行の経営戦略の実現のサポートや、既成の共同利用システムの刷新に対応していきます。

概要

「BeSTAcloud」は、NTTデータ「地銀共同センター」などで利用し、高い実績を持つ標準バンキング・アプリケーション「BeSTA®注2を適用する、金融機関向けの基幹系システムです。「BeSTAcloud」は、利用金融機関ごとの商品・サービスに対応した機能を提供し、個別のニーズに柔軟に対応しながら、ハードウエアやセンター設備等を共有して効率化を図ることで、利用金融機関の「システムの自由度確保」と「システムコストの低減」の両立を実現します。

NTTデータはSBKに加盟する九州地区の第二地銀6行(福岡中央銀行、佐賀共栄銀行、長崎銀行、豊和銀行、宮崎太陽銀行、南日本銀行)対して1977年から約40年間にわたり基幹系システムの共同利用サービスを受託し安定運用を実現してきました。このたび、「BeSTAcloud」の先進性・拡張性・柔軟性や国内最高水準のバックアップ機能などが評価され、「BeSTAcloud」によりシステムを刷新することになりました。

今回のサービスでは「BeSTA」に対応する勘定系端末ソフト「BeSTAlinc®注3、個人向けインターネットバンキング「AnserParaSOL®」などを「BeSTAcloud」に組み合わせて提供しています。既成の共同利用システムからの一括同時移行は初めてとなります。

今後について

今後、NTTデータは、「BeSTAcloud」を、「BeSTA」をベースとした先進システム機能の拡大・拡充を行うとともに、さまざまな金融機関の個別ニーズや金融持株会社傘下の複数金融機関による共同利用等、利用行の経営戦略の実現のサポートや、既成の共同利用システムの刷新に対応していきます。

また、「BeSTAlinc」をはじめチャネル系・情報系等の多様な周辺系ソリューションと「BeSTAcloud」を組み合わせ、幅広い金融機関に最適なソリューションを提案することで、さらなる利用行の拡大を推進していきます。

「BeSTAcloud」の利用銀行(2019年1月4日現在)

「BeSTAcloud」利用銀行およびサービス開始時期は次のとおりです。
(銀行名の表記はサービス開始時期および金融機関コード順、敬称略)

利用銀行 「BeSTAcloud」利用状況
株式会社荘内銀行(フィデアホールディングス株式会社) 2014年3月(サービス提供中)
株式会社北都銀行(フィデアホールディングス株式会社) 2014年5月(サービス提供中)
株式会社あおぞら銀行 2016年5月(サービス提供中)
株式会社福岡中央銀行(SBK) 2019年1月4日サービス開始
株式会社佐賀共栄銀行(SBK) 2019年1月4日サービス開始
株式会社長崎銀行(SBK) 2019年1月4日サービス開始
株式会社豊和銀行(SBK) 2019年1月4日サービス開始
株式会社宮崎太陽銀行(SBK) 2019年1月4日サービス開始
株式会社南日本銀行(SBK) 2019年1月4日サービス開始
株式会社沖縄海邦銀行(SBK) 2019年度注4(サービス提供予定)

「BeSTA」利用金融機関について(2019年1月4日現在)

NTTデータ提供スキームでの採用実績は以下のとおりです。(利用予定含む、敬称略)

名称 金融機関数 金融機関名
NTTデータ「地銀共同センター」 15銀行 京都銀行、千葉興業銀行、岩手銀行、池田泉州銀行、愛知銀行、福井銀行、青森銀行、北越銀行、秋田銀行、四国銀行、足利銀行、鳥取銀行、西日本シティ銀行、大分銀行、山陰合同銀行
共同利用システム 5銀行 横浜銀行、北陸銀行、北海道銀行、七十七銀行、東日本銀行
NTTデータ「STELLA CUBE® 10銀行 きらぼし銀行、長野銀行、但馬銀行、富山銀行、神奈川銀行、東北銀行、仙台銀行、きらやか銀行、福邦銀行、名古屋銀行
労働金庫 13金庫 北海道労働金庫、東北労働金庫、中央労働金庫、新潟県労働金庫、長野県労働金庫、静岡県労働金庫、北陸労働金庫、東海労働金庫、近畿労働金庫、中国労働金庫、四国労働金庫、九州労働金庫、沖縄県労働金庫

注釈

  • 注1事業組合システムバンキング九州共同センターは、九州地区第二地銀6行が加盟し、コンピューターシステムを運営する事業組合です。また、沖縄海邦銀行がSBKへ加盟することが決定しています。
  • 注2「BeSTA」(Banking application engine for STandard Architecture)は、ベンダーを特定しないNTTデータの標準バンキング・アプリケーションです。
  • 注3「BeSTAlinc(ベスタリンク)」は、「BeSTA」と連携して営業店における窓口業務や事務をサポートする勘定系端末ソフトです。
    タブレット端末やシンクライアント端末、汎用パソコンを含めたさまざまな端末に対応した先進的な機能を継続的に提供することにより、変化し続ける銀行の営業店ニーズに応えます。
  • 注4沖縄海邦銀行を含め10行となります。沖縄海邦銀行は、今後移行準備に入り、2019年度のサービス開始を予定しています。
  • 「BeSTAcloud」「BeSTA」「BeSTAlinc」「AnserParaSOL」「STELLA CUBE」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
矢吹
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
小沢、仙田、山口
TEL:050-5546-8520

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。