2019年1月25日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、情報社会を取り巻く大きな潮流とテクノロジーのトレンドを示す「NTT DATA Technology Foresight 2019」を、2019年1月25日に公開しました。

NTTデータでは、政治・経済・社会・技術の4軸で変化を捉え、今後3年から10年の間に大きなインパクトを与える将来の変化を「情報社会トレンド」と「技術トレンド」として毎年策定しています。今年のトレンドでは、特にAIや量子コンピュータなどの最新技術やデジタル化に注目し4つの情報社会トレンドと、8つの技術トレンドを導出しました。

NTT DATA Technology Foresightは2012年から毎年公開し、今年で8回目の公開となります。NTTデータはトレンドに紐づく専門組織を立ち上げ、世界中のお客さまと先進技術を活用した実証実験やサービス開発に取り組み、イノベーションの創出や社会課題の解決に貢献していきます。

背景

現在、テクノロジーを起点とした社会およびビジネス変革が世界中で起こっています。こうした激しい変化に対して企業活動を継続・発展させていくためには、市場や社会動向、さらに最新テクノロジーのトレンドを把握し、それらを事業に応用する実行力が求められています。

NTTデータでは、先進技術や社会動向の継続的な調査により得た将来変化をトレンド情報として毎年公開しています。このトレンド情報を基に、先進技術を活用したイノベーションの創出、世界中に広がるNTTデータグループの力を結集したサービスの提供、これらを支える技術革新を推進し、お客さまの事業成長、および日本をはじめとした世界中の社会課題の解決に貢献しています。

トレンド情報

NTT DATA Technology Foresight 2019では、デジタル化による社会発展の方向性や技術がもたらす潜在課題、AIや量子コンピュータなどの最新技術に着目し、策定しました。

NTT DATA Technology Foresight 2019 『情報社会トレンド』

  • デジタル化による主導権シフトが社会の仕組みを変革する
  • 個の影響力拡大が新たな価値の源泉を生み出す
  • 技術がもたらす潜在課題が意識や行動の変化を促す
  • 循環視点の連携が持続可能な社会を実現する

NTT DATA Technology Foresight 2019 『技術トレンド』

  • 社会に融合するインテリジェンス
  • 能動的データ精錬と生成
  • 生命課題への挑戦
  • ナチュラルインタラクション
  • 空間指向コンピューティング
  • コアインフラストラクチャの躍進
  • パーソナルデータの追考
  • デザイン主導サービスの興隆

NTT DATA Technology Foresightについて

NTT DATA Technology Foresightは2012年から毎年公開しており、今回で8回目の公開となります。NTTデータでは、最新のトレンド情報を、その裏づけとなる先進事例を多数交えて解説するプライベートセミナーをお客さま向けに実施しています。また、トレンドがもたらすインパクトを起点に、将来のビジネスや業界の方向性がどう変化していくか等の意見交換を実施しています。

2012年以降、7年間にわたり全世界で500件を超えるプライベートセミナーおよび意見交換を実施し、先進技術を活用した実証実験をグローバルで行っています。

展開事例

NTTデータは、NTT DATA Technology Foresightのトレンドを踏まえ専門組織を立ち上げ、AIやIoT、AR/VRなどの先進技術を活用した実証実験の推進やソリューション提供にグローバルで取り組んでいます。代表的な事例は以下の通りです。

  • アメリカ、インドにおけるAI画像診断による「医師の診断支援ソリューション」の実証注1
  • 成田空港における「地磁気測位」を活用した高精度屋内測位ソリューションの提供注2
  • Gabaマンツーマン英会話でのAIを活用した英会話レベル分析等に関する実証注3
  • 全英オープンゴルフ向けに、デジタル3D地図とAR技術による新たなスタイルのゴルフ観戦の実証注4
  • スペイン医療機関にて合併症予防を目的としたスマートアラートソリューションの実証注5

NTTデータが目指す姿

NTT DATA Technology Foresightを用いて世界中のお客さまとともに未来像を描き、その未来を実現するために必要となる技術やサービスを開発することで、新しいビジネスの創出や社会の発展に貢献していきます。また、開発した新技術や新サービスの実現性や有効性を確認するため、今後もお客さまと共同で実証実験に取り組んでいきます。

注釈

  • 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

別紙

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
黒澤
TEL:03-5546-8051

内容に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
技術革新統括本部
技術開発本部
神田、板屋
TEL:050-5546-2308
E-mail:rdhkouhou@kits.nttdata.co.jp

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。