日本初!「EC連携インタラクティブサイネージ×アバター遠隔接客」によるデジタルストア出店の実証実験を開始

~省スペース化&省力化による将来的な一坪デジタルストアの実現へ~

2019年3月15日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、三井不動産株式会社(以下:三井不動産)の協力のもと、デジタルデバイスやAI技術を活用して消費者に商品を提案・訴求・販売するデジタルストアの実証実験を、2019年3月8日から開始しました。

本実証実験では、三井不動産が開発・運営を手掛ける「三井ショッピングパークららぽーと海老名」の一角に、販売員が常駐せずにインタラクティブサイネージで接客を行うデジタルストアを設営します。サイネージ前に取り付けたカメラから、AIが消費者の性別および年齢層を推定し、その相手に応じた商品提案を行い、その提案によって消費者の購買行動に変化があるかを検証します。また、2019年3月20日から、AIによってオペレーターの動きと連動させたアバターを介して販売員が遠隔地から店舗への呼び込みや店舗内の消費者に対して接客を行う、アパレル商品に対する遠隔接客の有用性についても検証します。これらが実用化することで、限られた人員とサイネージを設置する一坪程度のスペースでも消費者のニーズを満たすデジタルストアを運営することが期待できます。

NTTデータは本実証実験を通じて、店舗・販売員の販売活動におけるデジタル化の効果を確認し、今後2019年度下半期中の実用化および店舗デジタル化市場のシェア拡大を目指します。

背景

近年、いつでもどこでも欲しいものが購入できるeコマース(以下:EC)の発展・浸透により、リアル店舗のあり方が問われています。また、社会的な労働力不足により、顧客一人一人のニーズに応えられる商品知識を持った販売員が不足しているため、デジタルの力を用いてこれを補い、経験の浅い販売員をサポートする必要性が高まっています。

NTTデータでは、これまで「BizXaaS® オムニチャネル」や「CAFIS Arch®」などECとペイメントを軸に消費者との購買接点サービスの提供を行ってきました。

このたび、こうしたノウハウや知識を生かして、デジタル・AI技術によって店舗・販売員の販売活動におけるデジタル化の課題を解決し、サービス展開の可能性および運用検証を目的として、インタラクティブサイネージ×遠隔接客×ECによるデジタルストア出店の実証実験を実施します。

【図】

図1:店頭写真

実証実験の概要

今回NTTデータは、テナントの店舗バリエーションを拡張するために必要な出店機能(店舗デザイン、商品調達・配置(VMD)、展示コンテンツ企画、Digital接客プラットフォーム、アバター接客説明員など)を業務・IT含めワンストップで提供しています。下記の4項目で、いかにすればデジタル技術を用いて消費者が求める商品に円滑にたどり着き、かつ購買まで結び付けられるかなど、デジタルストア運営における課題を検証します。

  1. (1)顔認識AIを使ったレコメンド効果の検証
    デジタルデバイス(インタラクティブサイネージとデジタルカメラ)とAI技術を活用し、販売員が不在の店舗においても消費者に商品を提案・訴求・販売ができるかを検証します。本店舗では、デジタルカメラにより来店した消費者の性別および年齢層を推定し、その相手に応じた商品を提案します注1。このAIを使うことで、初めて来店した消費者に対しても効果的な商品の提案ができます。
  2. (2)アバターによる遠隔接客の検証
    アバターを介して販売員が遠隔地から店舗への呼び込みや店舗内の消費者に対して接客を行い、対話を通じた商品説明に対応できる仕組みを提供します。AIによってオペレーターの顔の動きや仕種を認識し、アバターと自然な動きで連動します。これによって、遠隔からの声かけでも購入の後押しとなるかを検証するとともに、アバター遠隔接客を活用した店舗運用課題を確認します。
  3. (3)ECサイトへの誘導におけるユーザーエクスペリエンスの検証
    デジタルサイネージ上の各商品ページにQRコードを掲載することで、スマートフォンを通じて消費者を三井不動産のECサイト「&mall(アンドモール)」に誘導し、商品の購入につなげます。これによって、リアル店舗にあるQRコードからのECサイトへの誘導が決済手段として有効か、購入が完了するかを検証します。
  4. (4)来場フロアの行動導線、および商品接触・サイネージ接触数の分析
    来場フロアに設置されたデジタルカメラにより来店した消費者の行動導線を可視化し、来場、商品接触、サイネージ接触、アバター対話接触、デジタルコンテンツ接触の度合を可視化し、店舗・販売員の販売活動におけるデジタル化への改善要因を分析します。
イベント名

ららぽーと公式通販サイト"&mall"特別企画『2019年上半期 星座で占うラッキーカラースタイル』supported by KIKONAS注2

実施期間

2019年3月8日~31日(遠隔接客は2019年3月20日~31日)

実施場所

三井ショッピングパークららぽーと海老名 4F EBICEN flatto

【図】

図2:実証実験イメージ

今後について

本実証実験の成果から当社の決済ソリューション「CAFIS®」との連携など、さらなる機能拡充を行い、販売活動だけではなく、店舗運営全体のリアルとデジタルのシームレスな融合を実現すべく、EC、マーケティング、決済を掛け合わせたデジタルストアソリューションの構築を目指します。

このソリューション実現を通じて、店舗運営に関わる省スペース化や省力化などの課題を解決するとともに、「これまで売場とはならなかったスペースも売り場にする」機会を百貨店や商業施設、ブランド直営店との協業を通じて増やし、世界の消費市場の活性化に貢献していきます。

協力会社一覧

  • 株式会社アイリッジ
  • 株式会社DGマーケティングデザイン
  • 株式会社フォーデジット
  • ピーディーシー株式会社
  • 株式会社UsideU

注釈

  • 注1今回の実証実験は女性客のみ対象となります。
  • 注2KIKONASは、ららぽーと・ラゾーナが、ファッションやメイクの最新トレンド、日々を心地よく過ごすヒントなどの情報を掲載するウェブマガジンです。
  • 「BizXaaS」「CAFIS Arch」「CAFIS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ITサービス&ペイメント事業本部
サービスデザイン統括部
小川、星田、保坂、風間、西村、井上
TEL:050-5546-9362

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。