NTT DATA Global Innovator

data for: the future バチカン教皇庁図書館デジタルアーカイビング事業
  • data for: the future
  • data for: the future
  • data for: the future
  • data for: the future
Copyright Biblioteca Apostolica Vaticana
  • バチカン教皇庁図書館にある「人類の資産」をデジタル化すること。
    それも、NTTデータのソリューションです。

    15世半ば、ローマ教皇ニコラウス5世によって設立されたバチカン教皇庁図書館。
    そこには、2500年以上の歴史を経た膨大な蔵書や文書、美術的価値の高い装飾写本などが厳重に保管されています。まさに「人類の資産」とも言うべきその貴重な資料を、誰もが閲覧できるデジタルアーカイブとして残したい。
    バチカン教皇庁図書館と、未来の子どもたちのための仕事を、私たちNTTデータがサポートしています。
    いつも「人間」のために価値のあるITソリューションを。それが、NTTデータの使命です。

  • 文献
  • data for: the future(テレビCM)

  • バチカン教皇庁図書館様インタビュー

  • メディア掲載情報

    提供番組
    「バチカン図書館の扉」

    放送局:テレビ東京
    放送時間:毎週火曜 夜10時54分~11時00分
    放送期間:放送は終了しました


    バチカン図書館—15世紀に教皇ニコラウス5世によって設立され、約110万冊という膨大な蔵書を誇る世界最古の図書館のひとつ。現在は特別に許可された研究者のみが閲覧を許される。そんな知られざるバチカン図書館の中に、今回初めて日本のカメラが入った!
    バチカン図書館はキリスト教のみならず、イスラム教、ユダヤ教などあらゆる宗教の資料や、世界とバチカンとの交流の歴史を記す手紙や書物、版画やコインなどが収蔵された、まさに知的文化遺産の宝庫。番組では世界初公開となる資料をはじめ、貴重な所蔵品の数々を紹介していく。