Division 02

公共・社会基盤分野

社会基盤を支えるインフラや 地域の活性化を担うITサービスを提供

国内外の行政・医療・通信・電力等の社会インフラや地域の活性化を担う高付加価値なITサービスを提供しています。お客様個別のデジタルシフトにとどまらず、官民融合した新たな社会の実現に向けてForesight起点で社会の未来を描き、社会全体のDXを多くの関係者とともに進めていく必要があります。市場や政策、お客様の動向を捉えることで、既存以外の領域でもビジネスを拡大していくことが私たちの目標です。

社会を支えるインフラシステムを構築・運用 培ってきた深い業務理解と信頼関係が強みに

税務、労働、貿易、交通、医療、通信、電力といった社会を支えるインフラに関するミッションクリティカルなシステムを構築・運用することが私たちのミッションです。それを実現するのは、国内トップクラスの技術力とプロジェクトマネジメント力。加えて、長年にわたって中央省庁、自治体、医療機関、通信会社、電力会社等のシステム構築・運用を通じて培った、深い顧客業務理解と強固な信頼関係(ロングタームリレーションシップ)があることも、大きな強みとなります。 今後、日本政府は「デジタル社会の実現に向けた重点計画」に基づき、社会課題を解決するためのデジタル化施策や政府が新たな未来社会として提唱する「Society5.0」の実現に向けたIT投資を増加していくと予想されています。また、エネルギー市場では2050年におけるグリーン社会の実現やエネルギー自給率の向上を目指したIT投資拡大も見込まれており、私たちが果たす役割も拡大していきます。

既存の役割を確実に果たし、 市場や政策の未来を見据えたビジネス拡大を

引き続き、政府・インフラ企業の基幹業務のシステム更改を確実に進めることはもちろん、NTTデータがこれまで培ってきた実績やノウハウなどの強み・アセットを活かして、お客様のデジタルシフトを推進していくことが求められています。 「デジタル社会の実現に向けた重点計画」や「デジタル田園都市国家構想」に沿った官民融合の新たな社会システム実現に向けて、Foresight起点で社会の未来を描き、社会全体のDXをお客様・多くの関係者とともに実現していきます。政府が掲げる温室効果ガス削減目標やカーボンニュートラル実現など、グリーン社会の実現に向けたスマートエネルギー事業にも注力するなど、市場や政策、お客様の動向を捉えることで、既存以外の領域でもビジネスを拡大していくことが私たちの目標です。 培ってきた技術や経験、知見を活かしたデジタルビジネスの拡大に加えて、ポストコロナの「新しい日常」におけるリモート&デジタルな社会の実現に向けた取り組みを加速させていきます。