豊かで、持続可能な社会のためにITによる変革と貢献をつづけます。

NTTデータグループは、ITで「変革」をお手伝いする企業としてよりよい「しくみ」を提供し、人、社会、環境の課題解決に貢献します。

CSR重点テーマ

社会や地域にとって、よい「しくみ」を。

  • 信頼性の高いシステム、人にやさしいシステムを通して、社会全体に貢献します。
  • 自社グループの関連する地域や国々の課題解決にも、貢献します。

はたらく人にとって、よい「しくみ」を。

  • ITに携わる業界全体で、ワークスタイルの変革をすすめます。
  • 人材の多様性を尊重しながら、次世代の人材育成に努めます。

地球環境にとって、よい「しくみ」を。

  • ITによって、お客様と社会全体のグリーン化に貢献します。
  • 自社グループの活動においても、環境の課題解決に貢献します。

NTTデータグループでは、様々な事業活動の取組みや成果を積極的に開示していくと同時に、ステークホルダーの皆様とコミュニケーションを通し、その声を最大限、事業活動に組み込み、社会からのNTTデータグループに対する期待に応えることができる企業を目指してまいります。

CSRマネジメント

CSR推進体制

NTTデータでは、代表取締役副社長執行役員および取締役常務執行役員のもと、CSR活動全般に関するマネジメントを行っています。情報の取りまとめ、社内啓発、社外とのエンゲージメントなど関連業務については総務部が担い、事業を通じた社会課題解決に貢献するための取り組みは、各職場単位でCSR活動を実施しています。

CSR重要課題

CSR重要課題の特定

NTTデータグループでは、Our Wayに基づくCSR重点テーマに沿った活動と同時に、コーポレート・ガバナンスを始め、グローバルな社会の期待に応えるCSR経営の基盤構築を進めています。グループにおける活動推進をより実効性のあるものとするため、特に注力していくべき重要課題を、GRIガイドライン第4版に基づく重要性分析プロセスに沿って特定しました。

重要課題の特定プロセス

CSR重要課題を以下のプロセスに沿って特定しています。

  • 1.当社グループの事業環境を踏まえ、ESG側面から社内外の状況を検討し当社グループにおいて取り組むべき、課題の洗い出しを行いました。
  • 2.洗い出した課題について「社会にとっての重要性」と「NTTデータグループにとっての重要性」という2つの観点から優先順位付けを行い、重要課題を特定しました。
  • 3.特定した重要課題に対し、「当社グループの重要課題がきちんと網羅されているか」「ステークホルダーの期待が適切に反映されているか」について、CSR担当事務局である総務部にてその妥当性を検証し、CSR担当役員による最終承認を経て、最終的に決定しました。
  • 4.重要課題とそれらへの取り組みについては、毎年度レポートを通じて報告しています。また、アンケートや外部レビュー等を通じてステークホルダーの意見を収集し、次年度への改善に活かしています。

詳細情報

詳細な情報は、サスティナビリティレポート2016でご覧いただけます。