2011年10月11日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、2011年10月11日より株式会社東京都民銀行をファーストユーザーとして、新たに地方銀行・第二地方銀行向け基幹系共同センター「STELLA CUBE®」のサービスの提供を開始しました。

「STELLA CUBE」は、NTTデータの最新鋭機能を有する次世代バンキングアプリケーションである「BeSTA®(ベスタ)」を使用した地方銀行・第二地方銀行向け共同利用型センターです。NTTデータは2009年3月に東京都民銀行をはじめとする地方銀行・第二地方銀行と基本契約を締結し注1、STELLA CUBEの構築をおこなってきました。

STELLA CUBEは、既に稼働している「NTTデータ地銀共同センター」他にて高い評価をいただいているBeSTAをベースに、NTTデータが現在提供している共同センター「STAR-ACE®」および「STAR-21®」のSTARシリーズにおいて、利用いただいている銀行とともに培ってきたバンキングシステムの共同化ノウハウなどを継承し、より一層充実したサービスを提供します。東京都民銀行では、STELLA CUBE移行に伴い、競争優位性を発揮できる次世代機能の利用によりお客さまニーズへの迅速な対応やシステムコスト削減を実現することが可能となります。NTTデータは、本サービスを通じて、将来にわたる銀行経営戦略のお役に立てるものと考えています。

STELLA CUBEは、勘定系システムを中心とした従来の提供業務の枠にとらわれず、各行対応のバッチ処理を共同化範囲に加えるなど共同化システム範囲のますますの拡大・拡充を実現しています。今後も、参加銀行の英知を集結した先進システム機能を継続的に提供します。

東京都民銀行向けのSTELLA CUBEのサービス開始によりBeSTAを利用いただいている地方銀行・第二地方銀行は、16銀行となります。さらに、すでに採用を決定している地方銀行・第二地方銀行を含めると採用数は計25銀行となり、採用数では日本最大規模のバンキングアプリケーションとなります。今後も、さらなる参加銀行の拡大に向けてSTELLA CUBE事業を推進します。

「STELLA CUBE」利用予定行について

STELLA CUBE利用予定行および利用開始は次のとおりです。(平成23年10月11日現在)

東京都民銀行

このたびサービス開始

但馬銀行

2012年5月

富山銀行

2012年5月

長野銀行

2012年5月

神奈川銀行

2012年7月

東北銀行

2012年7月

仙台銀行

2013年5月

「BeSTA」利用金融機関について

2011年10月11日現在、採用数では国内最大規模のバンキングアプリケーションです(利用予定金融機関含む)

  • NTTデータ「STELLA CUBE」:7銀行
  • NTTデータ「地銀共同センター」:15銀行
  • 3行共同利用システム:3銀行
  • 労働金庫:13金庫

注釈

  • 「STELLA CUBE」「BeSTA」「STAR-ACE」「STAR-21」は株式会社NTTデータの日本国内における登録商標です。
  • BeSTA(Banking application engine for STandard Architecture)は、ベンダーを特定しないNTTデータの標準バンキングアプリケーションです。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
戸田
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
第一リージョナルバンキング事業部
第一バンキング統括部
STELLA CUBE企画担当
荒木
TEL:050-5546-9446

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。