米Twitter社とツイートデータ提供に関するFirehose契約を締結

~企業の高度なソーシャルメディア活用、ビッグデータ活用を推進するプラットフォームを提供~

2012年9月27日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、精度の高いソーシャルメディア活用サービスの提供に向け、米Twitter社とツイートデータ提供に関するFirehose契約を締結することで合意しました。これにより、NTTデータは米Twitter社が提供するAPI「Firehose」を通じて、日本語のツイートデータおよび日本国内で書き込まれたすべてのツイートデータを取得し、提供することが可能となります。

今後、NTTデータでは、公開APIよりも大量・高精度・高付加価値なツイートデータを提供可能なサービスプラットフォームを開発します。さらに、ソーシャルメディア関連のツールやサービスを提供している企業へ本プラットフォームからツイートデータを提供するとともに、ユーザー企業のソーシャルメディアやビッグデータの活用を積極的に支援していきます。

背景

NTTデータは、自然言語処理エンジン「なずき®注1」を用いて、Twitterやブログ等のソーシャルメディアを活用するためのサービスやコンサルティング、テキストデータと数値データの双方を含むビッグデータの活用について、積極的に取り組んできました。これらの活動を通して、国内のユーザー企業では、これまでの公開APIでは得ることが難しかった広範囲・高精度なツイートデータの分析を求めるニーズが高まっていることを認識しました。

このようなニーズに応えるべく、米Twitter社と「データ再販(Data Resellers)」に関する契約を締結し、米Twitter社が提供するAPI「Firehose」を通じて取得・蓄積した、日本語のツイートデータおよび日本国内で書き込まれたすべてのツイートデータを提供できる権利を取得することとしました。今後、NTTデータは公開APIよりも大量・高精度・高付加価値なツイートデータを提供可能なサービスプラットフォームを開発し、ユーザー企業のソーシャルメディア活用を支援していきます。

サービスの概要

本プラットフォームでは、ツイートデータの全量、サンプル、任意のキーワード等で抽出されたツイートデータを、API経由またはGUIで、リアルタイムに提供することに加え、過去データについても提供します。

本サービスでは、NTTの研究所である、ソフトウェアイノベーションセンタと株式会社プリファードインフラストラクチャーが共同開発した大量データのリアルタイム分析を可能とする「Jubatus注2」を採用し、各ツイートデータに独自の情報種別のタグ付けを行います。これにより、特定のブランド/商品/出来事等に関連するツイートデータをより広範囲・高精度で抽出・分析することが可能となり、ユーザー企業が期待するさまざまな分析ニーズに的確に応えられるようになります。

また、これまで「なずきのおと」を通じて提供しているツイートデータの定量/定性の分析データ(好評/不評、感性等に関する統計情報)も、より充実したサービスメニューのもとで提供することが可能となります。

NTTデータは、ソーシャルメディアのデータ分析やソーシャルメディアの活用サービスを提供しているコンサルティング企業やマーケティング企業、ソーシャルメディア分析ツールを提供している事業者とも幅広く連携し、国内におけるツイートデータを始めとしたソーシャルメディア活用、ビックデータ活用の発展に努めていきたいと考えています。

本サービスの活用について

本サービスは、「マーケティング・プロモーションの高度化」「製品評価・故障監視」「風評監視」「顧客対応力の強化」等の幅広い分野で活用を想定しており、製造業、小売業、通信・放送、金融、官公庁等のさまざまな業種・業界のお客さまに利用されることを想定しています。

利用例

  • ツイートデータの分析サービスを提供する事業者は、過去にさかのぼって必要なツイートデータのすべてを取得して利用者に分析結果を提示することができるようになります。
  • ソーシャルメディアの監視サービスを提供している事業者は、監視対象のキーワードが含まれるすべてのツイートデータをAPIの回数制限を気にすることなく、リアルタイムに取得することができるようになります。
  • テレビ番組放映中に視聴者に投票を依頼したいときに、Twitterへの投稿を呼びかけることで、リアルタイムに投票結果を集計して視聴者にフィードバックすることができるようになります。

今後の展開

本サービスは2012年12月初旬から提供を開始する予定です。サービスの提供開始に先駆け、2012年11月初旬にサービス内容の詳細について発表を行う予定です。本サービスは1年目に20社、3年目までに100社以上のユーザー獲得を目指します。

NTTデータでは、本サービスの開始を契機にソーシャルメディア関連のサービスを拡充するとともに、ソーシャルメディアを含めた、ユーザー企業とお客さま接点の最適化を実現する統合的なCRM戦略の実現を支援していきます。そのために、これまでも各企業から高い評価を得てきたCRM関連のコンサルティング、システム開発・提供についても、より注力して取り組んでいきます。

また、ソーシャルメディアのテキストデータをはじめとする非構造化データが蓄積され、そこにM2M(Machine to Machine)によるセンシングデータ等の構造化データをかけあわせる(加える)ことでビッグデータを活用した付加価値を創出したいと考えています。NTTデータでは既にM2MトータルソリューションXrosscloud®注3を中心に、データ分析方法論BICLAVIS®注4、BizXaaS®BA注5、BizXaaS Hadoop構築・運用ソリューション注6などビッグデータに関する充実したソリューション群を整備してきました。またBizXaaS コンタクト注7などCRM領域に関するソリューション群も保有しており、それらとの連携も強化していく予定です。

Firehose契約について

Firehoseとは、公開されているすべてのツイートデータ(本契約では、日本語のツイートデータおよび日本国内で書き込まれたすべてのツイートデータ)をリアルタイムに取得できるAPI、またはそのAPIにアクセスできる権利を意味します。

Twitter Japanからのコメント

この新しい関係によって、NTTデータさんは日本で初めてのシンジケーションのパートナーになります。Twitterの日本語データをすべて使えるようになることで、製品やブランドの向上にリアルタイムのデータをもっと上手に使いたいと考えている企業のニーズにも、よりエキサイティングな番組をつくりたいと考えているテレビ局などのメディア企業のニーズにも応えられるサービスが生まれてくることを期待しています。

Twitter Japan株式会社
代表 近藤 正晃 ジェームス

NTTソフトウェアイノベーションセンタからのコメント

NTTソフトウェアイノベーションセンタ(SIC)は、このたびNTTデータから、企業のソーシャルメディア活用を加速させるサービスが提供されることを歓迎いたします。また同サービスのプラットフォームにJubatusが採用されたことを大変うれしく思います。

近年、インターネット上の大量データをリアルタイムに分析することがビジネス推進上、ますます重要になってきており、Jubatusはこの分野のコアテクノロジの1つだと自負しております。

SICでは今回のTwitter社とNTTデータの連携等を通じて世の中に新しい価値を提供すべくこれからもビッグデータ関連のR&Dを推進して行きます。

NTTソフトウェアイノベーションセンタ
所長 藤田 敏昭

【図】

図:サービスイメージ

注釈

  • 「なずき」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「なずきのおと」は日本国内における株式会社NTTデータの商標です。
  • 「BizXaaS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「Xrosscloud」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「BICLAVIS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第三法人事業本部
メディア・エンターテイメント事業部
サービス企画担当
E-mail:info@nttdata-nazuki.jp

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。