NTT DATA CONCERT OF CONCERTS 2021年9月8日、NTTデータ主催のオンラインクラシックコンサートのご案内

「NTT DATA CONCERT OF CONCERTS 2021」のライブ・ストリーミング配信は終了いたしました。アーカイブ配信をお楽しみください。

ご案内

今年もクラシックコンサート「NTT DATA CONCERT OF CONCERTS Opus26」を開催します。
本コンサートは、NTTデータが皆さまに日頃の感謝をお伝えするため、開催を続けてまいりました。今年も、昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、残念ながら一般公募によるご招待は行わないことといたしましたが、26回目の演奏会を、より多くの方々にお楽しみいただけるよう会場よりライブ・ストリーミング配信を行います。パソコンやスマートフォンなどの視聴デバイスから、どなたでも無料でご視聴いただけます。ぜひご鑑賞ください。

今年のコンセプトは「旋律は想いをのせて、舞台を越えていく。」とし、皆さまを美しい音楽の世界へご案内します。
時代を越え、地域を越えて奏でられてきた旋律は、その度に、これまでにない感動や気づきを私たちに与えてくれます。
タクトを握るのは、本公演の企画・構成を三枝成彰氏と共に第1回から務め、指揮者として国内外で活躍されている大友直人氏。演奏は、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラです。日本を代表するオーケストラのコンサートマスター、首席奏者たちが一堂に会します。

想いが響きあい新たな調和が生まれる特別なひとときを、どうぞ心ゆくまでご堪能ください。

日時・視聴方法

2021年9月8日(水)18時30分開演 ※20時終演予定

視聴方法:ライブ・ストリーミング配信は終了いたしました。アーカイブ配信をお楽しみください。
※配信期間10月6日(水)まで

アーカイブ視聴方法:URL

※iOSからご視聴の方は上記URLよりご視聴ください。

パソコンやスマートフォンなどの視聴デバイスから、どなたでも無料でご視聴いただけます。

ご視聴に関する注意事項

  • ※ インターネット回線の接続が不安定な場合は配信動画の品質を保証できません。
  • ※ 通信環境、電波の状況により、画面の停止、読み込み状態が続く場合は、画質を下げてご覧いただくことをお勧めいたします。画質調整は、画面上にある「歯車マーク」から調整いただけます。
  • ※ インターネット配信の特性上、インターネット関連の各種障害、システム上のトラブルによる配信の一時中断や映像の乱れ、状況により配信が中止される場合がございます。予めご了承ください。
  • ※ スマートフォンで視聴する場合、データ通信量が多くなることが想定されるため、Wi-Fiのご利用を推奨いたします。
  • ※ 視聴・閲覧に関する通信費用はお客様のご負担になります。予めご了承ください。

指揮

大友直人
Naoto Otomo

桐朋学園在学中にNHK交響楽団を指揮してデビュー以来、日本の音楽界をリードし続けている我が国を代表する指揮者のひとり。これまでに日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団専属指揮者、東京交響楽団常任指揮者、京都市交響楽団常任指揮者、群馬交響楽団音楽監督、琉球交響楽団(沖縄)音楽監督を歴任している。また東京文化会館の初代音楽監督として東京音楽コンクールの基盤を築いたほか数々の自主制作の企画を成功に導いた。主要な海外オーケストラからも度々客演として招かれ、ハワイ交響楽団には旧ホノルル響時代から20年以上にわたり定期的に招かれている。
2001年に指揮者のA.ギルバートと国際音楽セミナーMMCJをスタートさせギルバートと共に創立音楽監督を務めている。また大阪芸術大学教授、京都市立芸術大学客員教授、洗足学園大学客員教授を務めている。1958年東京生まれ。桐朋学園で小澤征爾、森正、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘らに学ぶ。

管弦楽・プログラム

管弦楽について

ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ

(JAPAN VIRTUOSO SYMPHONY ORCHESTRA)

「ヴィルトゥオーゾ」とは、ラテン語の「VIRTUS(男らしさや美徳の意)」に由来し、もともとは芸術的に優れた徳の高い人を言う言葉であった。現在では、音楽的に抜きんでた優れた技量の持ち主のことをいう。つまり、楽曲の持つ内容を最高の条件とクオリティーで表現する能力を持つ、卓越した演奏家たちのことである。
その「ヴィルトゥオーゾ」たちが集まった、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラは、1992年の活動開始以来、各方面からの注目や賞賛を集めている。

プログラム

I.ストラヴィンスキー:

バレエ音楽「春の祭典」
組曲「火の鳥」(1919年版)

M.ラヴェル:

ボレロ

注 事情により指揮者・プログラム等を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。