The Open メジャー選手権

全英オープンは、162年の歴史を持つ世界最古のゴルフトーナメント。
世界中のゴルファーが憧れるこの舞台において、NTTデータは「新しい」ゴルフ観戦の提供に挑戦しています。

NTTDATA Trusted Global Innovator DRIVING DATA FURTHER

NTT DATAは、2013年にスコットランドのミュアフィールドゴルフリンクスで開催された第142回大会以来、The OpenのIT分野のオフィシャルパトロンとして全英オープンゴルフと共に歩んできました。
全英オープンゴルフ第150大会となる2022年、NTTデータはスポンサーとしてR&Aとともに歩んだ10年の集大成として、様々なソリューションを提供します。

AIG Womens Open

NTTデータはR&Aと緊密に連携し、ゴルフ愛好家のファンエクスペリエンス向上させる最先端技術を提供してきました。

女性に向けゴルフを変革するというR&Aの姿勢と、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン (DE&I) へのNTTデータの取り組みに共通点を見出し、10年にわたる協賛で培われた信頼関係から、AIG女子オープンへの初の協賛を開始ししました。AIG女子オープンは、女子ゴルフにおける最も国際的なメジャー大会であり、5大女子オープンの一翼を担う大会です。

性別に関わらず、すべての人が活躍する社会を。ゴルフメジャー選手権とともに

NTT DATA RomaniaのCEO Maria MetzとR&A社のDirector of Golf Development Jackie Davidsonが、女性ゴルフトーナメントのトップクラスであるAIG女子オープンへの思いを語ります。

全英女子ゴルフオープン2021年大会優勝者へのインタビュー

NTT DATA UKでダイバーシティ推進を行うSarah Woodが、AIG女子オープンの期間中に、前会大会優勝のAnna Nordqvistにインタビューを実施しました。Annaは、出産によるキャリアへの影響や男性と比較した収入格差等、女性ならではの課題について、自身の経験や考えを語りました。その課題はゴルフだけでなく、ビジネスの世界にも共通する点が多くあり、取り組まないといけない格差が改めて浮き彫りになりました。 NTTデータは、性別に関わらずすべての人が自己実現を達成できる持続可能な社会実現にともに取り組んでいきます。

ShotView

視聴者が好みのコースマップを選択し、すべてのショット、選手、ホール、ラウンドをリアルタイムに確認できる新しい視聴体験を全英オープンにて初めて導入します。
精密な3Dのゴルフコースに衛星画像から色、素材感を反映し、さらにリアルタイムでボールポジションを再現することによってデジタルツインを 実現。このデータを、全英オープン公式サイトthe Open.comのリーダーボード、ライブブログ、ショットビューとして組み込み、ゴルフファンに有益で魅力的な観戦体験を提供します。

※「ShotView」は7月14日17時30分から7月18日3時の間、公開予定です。
以下URLにアクセスして、あなただけの全英オープンゴルフ観戦をお楽しみください。

www.theopen.com/shotview

www.theopen.com/leaderboard

※リンク先は英語です。

NTT DATA Wall

全英オープンの会場で圧倒的な存在感を放ち、リアルタイムの興奮を観客へ届けるNTT DATA Wall。さまざまなデータ分析から導かれる情報は、大会会場そしてテレビでの新たなゴルフ観戦スタイルを提供します。
2021年はNTT DATA Experienceに姿を変えオンラインにその場をうつしたNTT DATA Wallは、2022年、再び会場に登場します。

Awards

NTT DATA WallをはじめとするNTTデータのデジタルを活用した取り組みが、最先端のデジタル技術や、スポーツ界におけるITを活用した最先端を取組を表彰するアワードに表彰・ノミネートされました。

2022年のESAアワードにノミネートされました。ESAアワードは、ヨーロッパでのスポンサーシップ認定の最高峰であり、受賞することによって一流企業と認識されます。数々のスポーツマーケティングやスポンサーシップに関する賞の中で、ESAアワードは、芸術や文化からeスポーツやゲームまで、ヨーロッパのスポンサーシップ領域の広範囲にわたって、幅広い視点で選考されることが特徴です。

詳しくはこちらから(リンク先は英語)
https://sponsorship.org/awards/awards-home/

ESA Awards

強い想いで未来へ。松山選手の応援特設ページはこちら 強い想いで未来へ。松山選手の応援特設ページはこちら