スポーツファンの「熱狂度」「推奨意向度」を可視化した『熱狂スポーツ調査2020』を公開

お知らせ

2020年9月30日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、株式会社トライバルメディアハウス(以下:トライバル)と共同で、スポーツファンに関するインターネット調査を実施し、スポーツファンの「熱狂度」や「推奨意向度」などを明らかにした調査レポート『熱狂スポーツ調査2020』を9月30日に公開しました。

熱狂スポーツ調査 NTT DATA × Tribal Media House

調査の背景

トライバルでは、顧客の熱量を軸にした『熱狂ブランドマーケティング』という独自のマーケティング手法を提唱するとともに、顧客が熱狂しやすい(もしくは熱狂しにくい)業界やブランドの傾向把握を目的として、特定のカテゴリーとブランドにおける顧客の「熱狂度(ブランドに対する顧客の愛情の強さ)」と「推奨意向度(顧客のブランドに対するロイヤルティーを測定する指標)」を掛け合わせた『熱狂ブランド調査』を2016年から4年連続で実施してきました。
今回はそうしたトライバルの過去の調査実績と知見を生かし、『熱狂ブランド調査』のスポーツ版としてNTTデータとトライバルが共同で調査を実施し、野球・サッカー・ラグビー・バレーボール・バスケットボールの国内リーグおよび日本代表の試合観戦者の熱狂度や推奨意向度について比較・分析した調査レポート『熱狂スポーツ調査2020』を公開しました。

調査結果サマリー

  • 最も熱狂者比率が高いカテゴリーは「野球(プロ野球)」
  • 最も推奨者比率が高いカテゴリーは「ラグビー(日本代表)」
  • 日本代表カテゴリーにおいては熱狂者比率が高いほど推奨者比率も高くなっているのに対して、国内リーグカテゴリーでは熱狂者比率に関わらず推奨者比率は50%台に集中している。

熱狂者比率および推奨者比率の分母は、当該カテゴリーについて「興味関心がある」かつ「現地または視聴で試合を観戦する」と回答した人数

指標について

調査概要

調査方法 インターネットリサーチ
調査日程 2020年2月7日~2月27日
調査地域 全国
調査対象 5スポーツ、10カテゴリー
野球(プロ野球注1)/ 野球(日本代表注2
サッカー(Jリーグ)/ サッカー(日本代表注3
ラグビー(トップリーグ)/ ラグビー(日本代表注4
バレーボール(Vリーグ注5)/ バレーボール(日本代表注6
バスケットボール(Bリーグ)/ バスケットボール(日本代表注7
本調査回答数 11,120サンプル(競技別に聴取した本調査回答者の合計数)
回答者の属性 15~69歳の男女(調査会社が保有する調査パネル)

調査レポートのダウンロード

NTTデータSDDX事業部のオウンドメディア「デジマイズム」からダウンロードできます。
https://dmk.nttdata.com/service/000012300920/

注釈

  • 注1セントラル・リーグおよびパシフィック・リーグ
  • 注2男子日本代表(侍ジャパントップチーム)
  • 注3男子日本代表(SAMURAI BLUEおよびU-23)
  • 注415人制男子日本代表(BRAVE BLOSSOMS)
  • 注5Vリーグ男子およびVリーグ女子
  • 注6男子日本代表(龍神NIPPON)および女子日本代表(火の鳥NIPPON)
  • 注7男子日本代表(AKATSUKI FIVE)

本件に関するお問い合わせ

株式会社NTTデータ
ITサービス・ペイメント事業本部
SDDX事業部
竹内、宮崎

株式会社トライバルメディアハウス
マーケティングデザイン事業部
伊藤、石山

E-mail:sportsfan-survey@tribalmedia.co.jp(共通)