別府市と「誰もが安全安心なまちづくり推進に向けた連携についての協定」締結

お知らせ

2021年8月5日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下:NTTデータ)は、大分県別府市(市長:長野 恭紘)と8月3日に「誰もが安全安心なまちづくり推進に向けた連携についての協定」を、以下のとおり締結しましたのでお知らせします。
NTTデータは、昨今の激甚化する災害での被害軽減を目的として、市民一人ひとりの状況にあった新しい防災サービスの提供を目指しています。本協定の締結後、別府市とともにこの新しい防災サービスの提供に向け、サービスの構築、実証実験やパイロット運用を行う予定です。また、これらの別府市との取り組みをベースとして同サービスを全国展開し、安全安心なまちづくりへの寄与に貢献していきます。

本協定締結の背景、概要

昨今の自然災害は、これまでの想定を上回る規模の被害をもたらしており、行政からの情報発信を契機とした避難行動だけでなく、市民一人ひとりの自発的な避難行動も一層重要になることが想定されます。

別府市は、「BEPPU × デジタルファースト」推進計画に基づき、デジタルのちからを最大限活用し市民サービス・行政運営をスマート化、スピード化するためのさまざまなサービスの提供を目指しています。また、別府市は、高齢者から外国人留学生まで、多様な市民が共生しています。このため多様な市民一人ひとりの状況に合わせた防災サービスの提供、さらに、別府市が位置する九州地方は全国でも特に災害が激甚化しており、市民のいのちを守る防災対策に、最先端のデジタル技術を活用する取り組みが検討されています。

一方、NTTデータは、昨今の激甚化する災害での被害軽減を目的として、これまでの大規模システム構築経験やAI等の最先端のデジタル技術活用ノウハウを生かし、市民一人ひとりの状況にあった新しい防災サービスの構築を目指しています。NTTデータが提供するデジタル防災プラットフォーム「D-Resilio」のソリューションとして自治体向けの各種防災関連ソリューションとの連携も検討します。

このたび、別府市とNTTデータは、別府市の特徴である「多様な市民の存在」および「豪雨被害が多発する九州地方という地理特性」と、NTTデータが持つ「防災分野における最先端のデジタル技術の開発実績およびノウハウ」をそれぞれ最大限活用し、別府市の誰もが安全安心なまちづくりの推進することを目的として協定を締結することに合意しました。

表:本協定の概要

1. 協定の名称 誰もが安全安心なまちづくり推進に向けた連携についての協定
2. 締結日 令和3年8月3日
3. 協定の目的 ITを活用し、誰もが安全安心なまちづくりの推進に向け、市民一人ひとりの自発的な避難行動を支援することに関し連携して取り組むため
4. 有効期間 締結日から令和4年3月31日まで
5. 連携事項
  1. (1)デジタルファーストの推進による防災減災の高度化に資する取組み
  2. (2)市民一人ひとりの状況にあわせて避難行動の判断に必要となる防災情報を提供するための環境整備に資する取組み

市民への提供を目指す防災サービスの概要

本サービスは、行政からの情報発信を契機とした避難行動だけでなく、市民一人ひとりの自発的な避難行動を促すことが出来るよう、市民一人ひとりの状況(家族構成やペットの有無等)に合わせて避難の最適なタイミングや取るべき行動を通知するサービスです。なお、サービス構築にあたっては、高度数学やAI構築、シミュレーション技術などを組み合わせることに強みを持つArithmer株式会社(代表取締役社長:大田 佳宏、以下:「Arithmer」)と連携し、水害発生前に浸水高予測を可能にする「浸水予測AI技術」の開発に取り組み、市民の早い段階での避難を促進するサービスの提供を目指します。

図:市民への提供を目指す防災サービスイメージ

図:市民への提供を目指す防災サービスイメージ

注釈

  • 「D-Resilio」は日本国内における株式会社NTTデータの商標(出願中)です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第一公共事業本部
デジタルビジネス推進室
安部、町田、牛田
TEL:050-5546-8904

- NTTデータは、「これから」を描き、その実現に向け進み続けます -