帝国データバンクとNTTデータ全国で電子申告・納税セミナーを開催

ニュースリリース/NTTデータ

2004年3月26日

株式会社帝国データバンク
株式会社NTTデータ

 株式会社帝国データバンク(以下TDB、東京都港区、代表取締役社長:後藤信夫)と株式会社NTTデータ(以下NTTデータ、東京都江東区、代表取締役社長:浜口友一)は、国税電子申告・納税システム(以下、e-Tax)の全国展開を踏まえ、2004年4月より全国主要都市にて「電子申告・納税セミナー」を開催します。

 e-Taxとは、国税における税務申告及び納税手続きをインターネット上で行うものであり、2004年2月2日より名古屋国税局管内において開始され、6月1日からは全国展開されることとなっています。
 一方、地方税電子申告についても2005年以降、複数の自治体への拡大も予定されており、業種や業態を問わず関心が高まっている状況です。

 e-Taxを利用するためには、納税者はe-Taxで使用可能な電子証明書を事前に取得するとともに、所轄税務署長への開始届出書の提出やe-Taxソフトの取得等が必要になります。
 TDBは、電子政府に対応した電子証明書発行サービスである「TDB電子認証サービスTypeA」(以下TypeA)を2003年2月より開始しており、既に国土交通省等の公共発注機関における電子入札や一部省庁の電子申請に利用されております。さらにこのTypeAは、国税庁長官が定める電子証明書としてe-Taxでも使用可能となっています。
 またNTTデータでは、税務申告ソフト「達人シリーズ」において平成16年2月2日より所得税・消費税の電子申告対応サービスを開始し、名古屋局国税管内での数々の電子申告対応をサポートして参りました。この度、その時に培ったノウハウを中心に、電子申告対応するための手順、留意点等について、整理いたしました。一方、国税の電子申告で利用できる電子証明書については、公的個人認証をはじめ、いくつかの電子証明書があります。これらは、申告者の単位(個人・法人)や運用用途により、違いがあるため、それぞれの電子証明書の特徴を把握し、選択する必要があります。この度は電子申告で利用できる電子証明書のひとつとして、TypeAがあり、その用途等を例示いたします。

 TDBとNTTデータは、両社の持つノウハウを合わせ、一般企業向けの電子申告・納税セミナーを2月2日に名古屋、3月4日、16日に東京、3月10日に静岡にて開催し、全ての会場において定員を上回る参加申込みがありました。またTDBが3月18日に発表した調査結果(インターネットを利用したWeb調査方式、調査対象は全国全業種の21,813社、有効回答社数は11,194社)によると、e-Taxの認知度は既に7割に達し、現時点でも約4社に1社がe-Taxの利用意欲があることが明らかとなり、企業の関心の高さがあらためて浮き彫りとなりました。このため両社は、2004年6月からのe-Tax全国展開を踏まえ、以下の内容にて「電子申告・納税セミナー」を開催することといたしました。

■ 開催場所および日程
  ・札幌:4月23日 ・大宮:5月10日 ・八王子:4月16日 ・神戸:4月26日 ・東京:5月28日
  ・仙台:4月21日 ・千葉:5月11日 ・京都:5月17日 ・広島:4月27日  
  ・新潟:5月13日 ・横浜:4月15日 ・大阪:5月18日 ・福岡:4月28日  

■ 内容
  ・「電子申告による税務申告の手順・活用方法・メリットについて」〜NTTデータ担当〜
  ・「e-Tax対応電子認証サービスについて」〜TDB担当〜
  ・質疑応答

■ 受付方法等
  TDBホームページより参加申込み受付(3月26日より受付開始予定)
  参加費は無料

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 帝国データバンク
営業推進部eビジネス課
TEL:03-5775-3134
FAX:03-5775-3128
e-mail:ecinfo@tdb.co.jp
URL:http://www.tdb.co.jp/

株式会社NTTデータ
公共システム事業本部
第三公共ビジネスユニット税務会計G
TEL:03-3214-4161
FAX:03-3214-4154
e-mail:info@tatsuzin.com