本格化するICカード時代到来に向けICカード利用環境整備を図るアイワイバンク銀行ATMでの「ICカード暗証番号即時変更サービス」の実現に向けた統一仕様の採用につき、4社が合意

ニュースリリース/NTTデータ

2005年2月21日

株式会社アイワイバンク銀行
株式会社ジェーシービー
ユーシーカード株式会社
株式会社NTTデータ

 株式会社アイワイバンク銀行(本社:東京都千代田区 社長:安斎 隆)、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区 社長:信原 啓也 以下JCB)、ユーシーカード株式会社(本社:東京都港区 社長:上杉 純雄 以下UCカード)および株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区 代表取締役社長:浜口 友一)は、セブン-イレブンなどに設置の約1万台のアイワイバンク銀行ATMで、ICクレジットカード(以下ICカード)の暗証番号を即時に変更することができるサービスの実現に向け、統一仕様を採用することで合意しましたのでお知らせします。

 金融機関ATMでICカードの暗証番号の変更を即座に行えるサービスは、本サービスが国内で初めてとなります。

 ICカードの普及に伴い、お客さまは署名よりも暗証番号入力が必要となる機会が増加し、暗証番号変更をご希望になるお客さまも増加することが予想されます。ただ、現在ICカードの暗証番号の変更を行うには、ICチップ内の情報の書き替えが必要となるため、カードの再発行が必要となります。このため、ICカードをご利用いただけない期間が発生することなどにより、暗証番号の変更を気軽にできず、不便や不安をお感じになるお客さまがいらっしゃるものと思われます。
 そのため、4社は、お客さまがより便利に安心してICカードをご利用いただけるように、ICカードの暗証番号を24時間いつでもすぐに変更できる環境整備を進める必要があると判断しました。また、ICカードの広汎な普及を見据え、ICカード暗証番号変更サービスは社会の共通インフラとなるべきものと考え、多くの金融機関が参加できる汎用的な仕様として統一仕様を採用することで合意しました。
 アイワイバンク銀行では、この統一仕様に基づき平成18年6月を目途に自行ATMで本サービス機能をリリースし、JCB、UCカードをはじめ、その他カード会社にも本サービスを広く提供していきます。
 本サービスの開始により、お近くのセブン-イレブンなどにあるアイワイバンク銀行ATMにていつでも即座にICカード暗証番号を変更できるようになるため、お客さまの利便性は大幅に向上し、暗証番号に対する不安解消にもつながるものと思われます。

 4社は、今般の統一仕様を他の金融機関に対しても積極的に提案していく計画です。これにより、社会全体のICカード利用のインフラ整備を促進し、安全なICカード取引をスムーズに実現できる環境作りを進めていきます。


【各社の役割】
会 社 名 役  割
アイワイバンク銀行
  1. ATMでの暗証番号変更に関する電文生成プログラムの開発
  2. カード会社判定プログラム開発
《ご参考》 (平成17年2月21日現在)
アイワイバンク銀行ATM展開状況: 24都道府県に9,842台
*平成17年4月に「1万台」突破予定  
JCB・UCカード
  1. 暗証番号変更に伴う電文識別プログラムの開発
  2. 暗証番号変更に関する電文生成プログラムの開発
  3. 暗証番号変更履歴情報管理システムの開発
NTTデータ
  1. CAFISで伝送する暗証番号変更に伴う電文フォーマットの策定
  2. CAFISにおける暗証番号変更に伴う電文送受信プログラムの開発


【概念図】
【図】



* 「CAFIS」は株式会社NTTデータの登録商標です。


本件に関するお問い合わせ先

株式会社アイワイバンク銀行
企画部 宮地
TEL:03-3211-3041

株式会社ジェーシービー
企画部 日下・上村
TEL:03-5778-8337
URL:http://www.jcb.co.jp

ユーシーカード株式会社
広報室 永井・森
TEL:03-5531-6325
URL:http://www.uccard.co.jp

株式会社NTTデータ
広報室 塩手
TEL:03-5546-8051
URL:http://www.nttdata.com/jp/ja/