当社社員情報の紛失について

ニュースリリース/NTTデータ

2005年5月24日

株式会社NTTデータ

 (株)NTTデータでは、当社社員11,835名分の個人情報を紛失いたしました。当社社員が、業務上使用していた社員個人情報を、USBメモリ(外部記録媒体)に保存し、かばんに入れたまま紛失したためです。
 紛失した情報には、社員以外の方々の個人情報や、当社のお客様における機密情報は一切含まれておりません。また、現時点におきまして、情報の不正流用等の事実は確認されておりません。
 このような事態を招いたことを、厳粛に受け止め、お客様、社会の皆様にご心配をおかけすることになったことを、ここに深くお詫び申し上げます。
 今後は、お客様情報を含めた個人情報管理を徹底的に見直し、再発防止を図ることで、お客様、社会の皆様からの信頼回復に向けて全力を尽くす所存です。


  1. 経緯
    5月16日(月) 当社社員が、当社社員の個人情報ファイルを記録したUSBメモリを入れたかばんを帰宅途中に紛失
    5月17日(火) 警察に届出
    〜5月24日(火) 当社での事実関係の調査・確認

  2. 内容
     (株)NTTデータに平成17年4月1日現在所属している社員11,835名分の以下の情報です。
     なお、住所、家族構成、電話番号、メールアドレスなどの情報、給与口座やクレジットカードなどの金融機関情報、人事評価に関する情報は一切含まれておりません。
     氏名、氏名コード、性別、生年月日、年齢、採用年月日、任用年月、在職状況、等級、在級年数、勤務ビル名、所属、役職、出向・復帰予定・復帰の各年月日、出向先会社名、転籍入年月日、転籍前会社名、ならびに社内管理用コード番号

  3. 原因
     当社社員が業務上使用していた社員情報ファイルを、USBメモリに保存し自分のかばんに入れたまま帰宅途中に紛失したためです。
     なお、USBメモリ、記録ファイルともにパスワード、暗号化等のセキュリティ対策は施されておりませんでした。

  4. 再発防止
     NTTデータは、情報セキュリティ担当役員の下に情報セキュリティ施策を推進する体制を敷いており、これまでも社内ルール・ガイドラインに従って個人情報の流出を防止してきましたが、二度とこのような事故が起きないよう抜本的に見直していくこととします。
     具体的には、(1)情報漏洩を防止するソフトウェアソリューションの導入、(2)個人情報の社外持ち出し禁止の徹底、(3)暗号化やアクセス制限機能のないUSBメモリの使用禁止、(4)社内およびグループ会社の人事担当者に対する意識付けの徹底、(5)教育内容の見直し、(6)定期的な自主検査および相互検査の実施により、再発防止を徹底します。
本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報室
TEL:03-5546-8051