米国SI企業「Revere(リビア)」社の買収について 〜日系グローバル企業向けサポートの拡充を目指す〜

ニュースリリース/NTTデータ

2005年11月14日

株式会社NTTデータ

(株)NTTデータは、米国持株会社NTT DATA INTERNATIONAL L.L.C.(President:榎本 隆、本社:米国ニュージャージー州、以下NDI)を通じて、米国SI企業のThe Revere Group, Limited(CEO:Michael Parks、本社:米国イリノイ州、以下Revere)の発行済み株式60%を譲受する契約を2005年11月11日(米国中西部時間)に締結しました。今回の株式取得を通じて、Revereの製造業、金融業、ヘルスケア業界等を中心とした各種業界に適するITコンサルティングリソース、ソフトウエア開発リソース等を獲得し、米国におけるシステムインテグレーション事業を展開します。
NTTデータは、Revereと既存の米国子会社との連携を図りながら、従来の顧客である日系グローバル企業向けのサポート拡充を目指すとともに、積極的に新規顧客開拓を行っていきます。


NTTデータはこれまで、北米においてはグループ各社が遂行するIT人材派遣、ウェブ系開発事業、データセンタ事業を中心にビジネス展開を行うとともに、北米ならびにヨーロッパにおける顧客向けサービス強化を通じたグローバルビジネスの拡大を目指すため、開発力強化や営業力強化に努めてきました。その一環として、2005年7月にはCapgeminiとの提携を発表し日系企業の海外展開をIT面からサポートする体制を整えましたが、上流コンサルティングを含むERPプロジェクトの実績が豊富であり、幅広い業種に渡る経験とノウハウを保有しているRevere社の買収により、北米において中小企業向けSIサービスをトータルで提供できるだけでなく、Capgeminiと連携した顧客開拓およびサポートが可能になると期待しています。

【今後について】
Revereは2007年までに、単独売上約60百万ドルを目指すとともに、NTTデータグループの北米全体の売上として2007年度に120百万ドルを目指します。なお、今回の株式譲受に伴う、Revereの社名変更はありません。役員については現行役員に加えNTTデータより取締役を派遣します。
NTTデータは、今回の譲受を北米における事業拡大の第一歩と位置付けており、更なる提携やリソース獲得により、北米における事業の基盤を固めながら、NTTデータのプレゼンス向上を図ります。さらにヨーロッパ、中国、アジアにおいても同様の取組みを継続的に展開し、グローバルビジネスの拡大を目指します。

本件では、三菱UFJセキュリティーズ(USA)およびその戦略的パートナーであるノックス社(Knox & Co.)をフィナンシャルアドバイザーに採用しました。

【各社の概要】
Revereの概要
(1) 商号 The Revere Group, Limited
(2) 代表者 Michael Parks (CEO)
(3) 所在地 325 North LaSalle Street, Chicago, IL, USA
(4) 設立 1991年
(5) 主な事業の内容 コンサルティング、システムインテグレーション
(6) 従業員数 約330人 (2005年10月末時点)
(7) 資本金 2.0百万ドル (2004年末時点)
(8) 特長 上流コンサルティング、ERPシステム提案、構築、維持管理に関する実績多数

NDIの概要 (平成17年9月現在)
(1) 商号 NTT DATA INTERNATIONAL, L.L.C.
(2) 代表者 榎本 隆 (NTTデータ 国際事業推進本部長)
(3) 所在地 95 Christopher Columbus Drive, Jersey City, NJ, USA
(4) 設立 2000年
(5) 主な事業の内容 米国における事業会社の持ち株会社
(6) 資本構成 NTTデータの100%子会社


* 文中に記載されている会社名、製品名およびサービス名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。


別紙:NTTデータの米国拠点
本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報室 広報担当
TEL:03-5546-8051