異なる企業・組織間でオンデマンドVPN接続を実現する新技術を開発 〜インターネットを用いたリモートメンテナンス、 臨時ネットワーク利用を実現する技術として5社で1月から技術評価〜

ニュースリリース/NTTデータ

2005年12月20日

株式会社NTTデータ

 株式会社NTTデータは、安全かつ簡易に任意のルータ間でVPN(Virtual Private Network:仮想専用通信回線)の開設を可能にする、「オンデマンドVPN」技術を開発しています。
今回、新しく、個別に設計されたネットワーク(LAN)間においてもVPN通信を可能とする、接続ネゴシエーション技術を開発しました。本技術は、従来のVPN技術では実現できなかった、異なるプライベートアドレス空間に所属する端末間でVPN接続を、初めてサーバを介さずに実現するものです。
当該新技術の評価には、株式会社もしもしホットライン、日本アビオニクス株式会社、株式会社アート、株式会社NTTソルコ、株式会社NTTデータの5社が参加します。
技術評価では、今回の技術をネットワークの迂回ルートなどの臨時開設、および、サービス提供者がサービス提供する企業内に設置したサーバやICカードゲート装置などのインターネットを利用したリモートメンテナンスへの適用を想定し、技術的な評価を行います。


【オンデマンドVPNの新しい技術について】
オンデマンドVPNは、インターネット上で、要求に応じて任意のルータ間で安全かつ簡易にVPNの開設を制御できる技術です。既存のVPNがもつ秘話通信の特徴に加え、IP電話のように任意の地点と接続先を切り替える特徴を兼ね備えています。
また、ICカード技術を応用した機器認証を利用し、接続の都度、相手を確認して接続許可し、ブロードバンドを複数のVPN接続として切り替えて活用できます。これにより、ネットワークコストの削減や、企業や組織間の安全な情報交換、遠隔支援を円滑にすすめることが可能となります。
既存のVPNでは、固定的に接続が行われる事を前提にネットワークが整備されていましたが、オンデマンドVPNにおいては、異なる企業・組織でも任意に接続するための、新たな技術を検討してまいりました。今回、個別組織で整備されたネットワーク(LAN)間での接続を、サーバを介さず実現するために、通信相手のアドレスを互いに仮想化する、接続ネゴシエーション技術を新たに開発しました(※特許出願済)。
今回、5社の参加のもと、実際の利用を想定した臨時ネットワークとリモートメンテナンスの用途で個別のネットワークを構築し、管理システムを共同利用する場合の技術検証をおこないます。

【技術検証が行われる適合分野】
  1. 臨時ネットワーク
    企業活動の拡大や多様化にともない、各地に分散したオフィスや、複数の企業が協力して業務が行われています。
    拠点間は、定常業務に合わせた帯域のネットワークが構築されているため、特定期間、時間帯に、特定拠点間の通信量が増加するような業務のピークに対応することが困難な状況にあります。
    本分野では、企業が必要に応じて、接続拠点を選択して、VPNの構築、切り替えをおこなうことを実現します。
    例えば予備回線を企業内の複数の拠点間のトラフィックの増加に合わせて、接続指示することで、臨時の増設ネットワークとして機能させることが可能となります。
    また、場所や企業をまたがり散在する業務ツールや人材の必要に合わせて、接続指示することで、臨時拠点とのネットワークとして機能させることが可能となります。

  2. リモートメンテナンス
    セキュリティ意識の向上に伴い、企業ネットワークが閉塞化し、企業内のメンテナンスが必要な機器との通信も困難な状況となっています。
    本分野では、これまでの入退室管理と同様に、ネットワークにおけるゲート管理を実現します。例えば特定の保守者と、一定の時間内で、企業内の特定機器とのみ通信許可し、接続した日時、相手を記録します。
    これにより、企業のセキュリティポリシに基づいて、企業に設置されたゲート装置やサーバなどの企業内機器のメンテナンスを許可することが可能となります。

【参加企業(平成17年12月現在)】
株式会社もしもしホットライン 本社・支社間の臨時増設ネットワーク利用検証
日本アビオニクス株式会社 会議システムの臨時ネットワーク利用検証
株式会社アート 出入管理システムのリモート保守利用検証
株式会社NTTソルコ 企業内サーバのリモート保守利用検証
株式会社NTTデータ 企業内オフィス機器のリモート保守利用検証

【オンデマンドVPN技術の研究開発について】
NTTデータでは、総務省の高度ネットワーク認証基盤技術の研究開発(オンデマンドVPN技術)を平成16年度より受託し、オンデマンドVPN技術の研究開発を進めています。

【今後について】
今後も参加企業をさらに募り、技術評価の拡大を検討していきます。 
今回の評価結果を研究開発成果とし、さらに実用化に向けた検討に適用していきます。


株式会社もしもしホットライン
グループ全体で約17,000人のスタッフが稼動する三井物産系の大手テレマーケティング会社(東証1部上場)。札幌から沖縄まで全国20都市に支店・オペレーションセンターを展開し、大企業向けを中心としたコールセンターの運営受託サービスを提供しています。高品質サービスの提供を企業理念として掲げ、教育研修部門において国際品質基準であるISO9001、機密保持体制については、国際的情報セキュリティ管理規格であるISMS及びプライバシーマーク両認証の取得をしています。

日本アビオニクス株式会社
日本アビオニクス株式会社(本社:東京都港区、資本金:5,145百万円、社長:鈴木 泰次)は、1960年4月に設立、情報システム製品、電子装置製品、製造装置製品の製造、販売を主な事業内容とし、エレクトロニクスの総合メーカとして、民生用機器から医療・オフィス・製造・防衛・宇宙にいたるまで、幅広い分野に貢献し社会のニーズに応えています。

株式会社アート
株式会社アート(本社:東京都品川区、資本金:4,236万円、社長:駒形 松雄)は、1976年1月に設立、各種建築物の出入管理システムや統合管理システムの開発・販売、や各種セキュリティシステム及び各種装置(カードリーダ、暗証番号方式のテンキー、指紋や顔画像を用いた生体認証)の開発・販売、の開発・販売等を主業務とし、セキュリティ分野では「出入管理システム」のパイオニアとしてトップシェアを誇っています。

株式会社NTTソルコ
株式会社NTTソルコ(本社:東京都港区、資本金:1億円、社長:川守 祐市)は、「見込客発掘」から「得意客創造・維持」にいたるすべてのコミュニケーションプロセスを実行する「コンタクトセンター」の構築・運営を主業務とし、コンサルティングから運営マネジメント、検証まで、一貫したソリューションを提供しています。


【別紙1】オンデマンドVPNの新しい技術について
【別紙2】技術検証が行われる適合分野
本件に関するお問い合わせ先
報道関係のお問い合わせ先
株式会社NTTデータ
広報室 宗像
TEL:03-5546-8051
その他のお問合せ先
株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
モバイル&ICメディアサービスユニット
鎌仲、星川
TEL:03-5546-8337