情報システム子会社の経営権譲受を通じた近畿日本ツーリストとNTTデータの資本提携のお知らせ

ニュースリリース/NTTデータ

2006年7月28日

近畿日本ツーリスト株式会社
株式会社NTTデータ

 近畿日本ツーリスト株式会社(代表取締役社長:太田 孝、本社:東京都千代田区、以下近畿日本ツーリスト)と株式会社NTTデータ(代表取締役社長:浜口 友一、本社:東京都江東区、以下NTTデータ)は、近畿日本ツーリストの100%出資子会社である株式会社近畿日本ツーリスト情報システム(代表取締役社長:眞田 明、本社:東京都渋谷区、以下近畿日本ツーリスト情報システム)の発行済株式の51%をNTTデータが譲り受け、資本提携することで、本日、基本合意致しました。
 これを機に、近畿日本ツーリストとNTTデータは新たなパートナーシップを形成し、両社および子会社の企業価値拡大に向けた協力体制を確立してまいります。

 近畿日本ツーリストは、よりお客様の"便利"を目指して、Web・モバイルを活用した販売手法の確立や地域有力旅行各社とのアライアンスを進めております。今回NTTデータとパートナーシップを組むことによりIT革新を進め、エンドユーザー・サプライヤーに支持いただける強力な販売システムを構築し、またアライアンス各社の販売に寄与できるシステムをプラットフォームとして各社に提供することにより、より多くのお客さまに最適な商品をお届けできる体制を目指します。

 一方、NTTデータは、中期経営計画の大きな柱である法人分野のより一層の事業拡大を目指しております。その一環として、顧客企業とともにIT革新に取り組むITパートナー戦略を積極的に推進しております。
 今回、日本を代表する旅行会社である近畿日本ツーリストとパートナーシップを構築し、同社のIT革新に貢献するとともに、近畿日本ツーリスト情報システムが持つ旅行・交通業界特有の業務ノウハウを活用することで、航空・鉄道を含むサービス業界向けビジネスを強化し、法人分野における競争優位性の確立を目指します。

 近畿日本ツーリスト情報システムは、同社が有する旅行・交通業界のノウハウをベースに、NTTデータグループのプロジェクトマネジメント力、先端技術、人材育成ノウハウなどを活用することにより、近畿日本ツーリストグループ全体のIT事業戦略を担う中核会社として、また、旅行・交通業向けビジネスに特色を持った本格的なITサービス企業として、一層の成長を目指します。

【新会社の概要(予定)】
(1) 社名 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・テラノス(仮称)
(2) 発足 2006年10月(予定)
(3) 所在地 東京都中央区(予定)
(4) 資本金 100百万円
(5) 株主構成
株式会社NTTデータ 51%
近畿日本ツーリスト株式会社 49%
(6) 主な事業の内容 システムインテグレーション事業、情報処理サービス事業等
(7) 従業員数 約90名
(8) 役員構成
株式会社NTTデータ 取締役3名
監査役1名
近畿日本ツーリスト株式会社 取締役2名

【現 株式会社近畿日本ツーリスト情報システムの概要】
(1) 商号 株式会社近畿日本ツーリスト情報システム
(2) 設立 1995年10月
(3) 資本構成 近畿日本ツーリスト100%
(4) 代表者 眞田 明(代表取締役社長)
(5) 所在地 東京都渋谷区東3-9-19
(6) 売上高 2,885百万円(2005年9月期)


本件に関するお問い合わせ先

近畿日本ツーリスト株式会社
総務・広報部
TEL:03-3257-1661

株式会社NTTデータ
広報室
TEL:03-5546-8051