歩いた分だけポイントがたまる「クリエイティブヘルス三健人」にてインターネット大運動会を開催 〜AOYAMAクレジットカード会員を対象に1月19日から開催〜

ニュースリリース/NTTデータ

2007年1月 9日

株式会社NTTデータ
株式会社青山キャピタル

 株式会社NTTデータ(東京都江東区、代表取締役社長:浜口 友一)と青山商事グループ、株式会社青山キャピタル(広島県福山市、代表取締役社長:宮前 省三)は、AOYAMAクレジットカード会員向けの新サービスとして、心と体の健康づくりを応援する健康管理ポータル「クリエイティブヘルス三健人」を活用し、1万人の参加によるインターネット大運動会「AOYAMA WALK & HEALTH 冬の大運動会」を1月19日から3月20日まで開催します。結果は4月8日の第27回日本医学会総会の会場で発表する予定です。
 「クリエイティブヘルス三健人」では、行動変容を促す9つの生活習慣改善プログラムを用意し、簡単な問診や、健康診断データにより会員様に最適な改善プログラムを案内するとともに、健康をキーワードにした情報も活用いただけます。
 また歩いた歩数に応じたポイントを還元するインセンティブプログラムを2006年5月から展開しており、現在約3万人の会員が参加しています。特に今回のイベントでは、AOYAMAクレジットカード会員様向けに、『ポイントサービス』に加え参加者の住所(都道府県)別に『競う』という要素を取り入れ、さらに継続的に歩くことを促していきます。なお、AOYAMAカード会員様に「歩く」という手軽な運動の継続・習慣化により健康維持・増進への取り組みを提供し、会員様に対する新しいサービスの提供、満足の向上を目的としています。
 また、このイベントには、健康増進計画の歩数目標値をより多くの国民に知ってもらい、国民一人ひとりの歩数増加を促す効果を確認するという社会貢献的な側面もあり、厚生労働省生活習慣病対策室のご協力もいただいています。

  1. 背景
     現在40〜74歳では、男性の2人に1人、女性の5人に1人が、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われるまたは予備群と考えられる状態であり、有病者数約940万人、予備群者数約1,020万人、併せて約1,960万人と言われています。
     そのため、健康管理・疾病管理をどのように行なっていくかが大きな課題になってきており、2006年6月に成立した医療制度改革関連法にも健康保険組合に対して特定健康診査と並んで、特定保健指導の義務化も盛り込まれています。国民にとって高齢化社会を迎えて生活習慣病をいかに予防し、QOL(Quality of Life=生活の質)の高い人生を送るかが大きな課題となってきています。
     一方、このような流れの中で、今秋発表された国民栄養調査の中間報告速報では、運動習慣の指標である「歩行運動(歩数)」が減少傾向にあり国民的な課題となっています。
     そこで、NTTデータと青山キャピタルでは、2006年10月よりAOYAMAカード会員様に提供してきたNTTデータのサービス「クリエイティブヘルス三健人」の会員募集第二弾の中で、「AOYAMA WALK & HEALTH 冬の大運動会」イベントを開催します。この取り組みにより、顧客・地域住民への健康増進活動継続のきっかけをつくり、参加者の健康への意識改革を図ることになると考えています。


  2. 実施内容
     本イベントの実施内容は以下のとおりです。
    期間 2007年1月19日〜3月20日迄 AOYAMA WALK & HEALTH 運動会
    注) 運動会期間終了後も通常利用は継続致します。
    対象者 洋服の青山のクレジットカード会員
    対象人数 先着10,000人
    月会 月額315円(税込)
    参加方法 http://www.creativehealth.jp/aoyama
    又は青山キャピタルホームページより登録いただけます。
    特典 1. 期間中お申し込みされた方へ専用IT歩数計をプレゼント
    2. 3月迄の月額利用料は無料
    実施内容 冬の運動会:各県毎の合計歩数上位者に対してポイントを付与。更に1日10,000歩を達成された方に抽選で旅行券等もプレゼントいたします。
     イベント期間中の歩数は、個別に登録した所在地(都道府県)別に集計し、インター ネット上で随時公表します。各都道府県が策定している健康日本21における健康増 進計画の歩数目標値との比較を試みます。
     成果発表は2007年4月8日、保健医療福祉情報システム工業会の協力で日本医学会総会(大阪城ホール)にて実施します。

  3. 今後の展開
     青山商事グループ・青山キャピタルは、顧客の皆様と「歩く」という手軽な運動の継続・習慣化により健康維持・増進へ取り組みを共に行い、会員様に対する新たなサービスを提供し、健康増進活動継続のきっかけをつくり、参加者の健康への意識改革を図り、社会貢献の一環として継続的な活動を実施します。
     またNTTデータは、保健予防をはじめとし、医療に及ぶライフサイエンス事業分野にIT利用が進んでいくと考えております。近い将来はオーダーメイド医療の実現を目指し、情報システム基盤構築に取り組んでいきます。
本件に関するお問い合わせ先

株式会社青山キャピタル
齋藤、安藝
TEL:084-920-7000

報道関係のお問い合わせ
株式会社NTTデータ
広報室 宗像
TEL:03-5546-8051
その他に関するお問い合わせ
株式会社NTTデータ
ビジネスイノベーション本部
ヘルスケアSU
佐々木
IP電話:050-5546-2504