P2P技術を基盤にしたCM付き動画配信実証実験を開始

ニュースリリース/NTTデータ

2009年3月25日

朝日放送株式会社
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
株式会社NTTデータ
株式会社ウェブプロデュース
株式会社ドリームボート
株式会社デジアサ

 朝日放送株式会社、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社NTTデータ、株式会社ウェブプロデュース、株式会社ドリームボート、株式会社デジアサの6社は共同で、2009年3月25日より、「P2P(ピアツーピア)技術を基盤にした広告 (CM) 付き動画配信実証実験」を実施します。

 インターネットによる動画配信が一般化する中、有料動画配信はもちろんのこと、CM付き無料動画配信も多くなりつつあります。一方、大画面テレビ、地上デジタル放送の普及に伴い、インターネットでも高画質配信を求めるニーズが高まると予想され、特にCM付き無料動画配信においては、トラフィックが集中することが予想されることから、安価かつ安心な高画質配信を実現する技術が望まれていました。

 朝日放送、博報堂DYメディアパートナーズ、NTTデータ、ウェブプロデュース、ドリームボート、デジアサの6社は、共同で今回、実験的に「P2P技術を基盤にしたCM付き高画質無料動画配信環境」を構築し、下記実証実験を実験的に行うことにより、今後のCM付き無料動画配信ビジネスの検証を行います。

「P2P技術を基盤にした広告CM付き動画配信実証実験概要」

実験期間 2009年3月25日〜2009年4月24日
配信コンテンツ 7minutes World Traveler
〜7分間で1トリップ・心に残る美しい映像10選〜
(制作:朝日放送)
動画配信サイト ABC動画倶楽部 http://shop.asahi.co.jp/doga/外部サイトを別ウインドウで開きます
(サイト制作:デジアサ)
P2P動画配信 P2P動画配信システム:SkeedCast(ドリームボート)
広告配信 P2P動画配信用広告配信プラットフォーム
(NTTデータ、ウェブプロデュース、博報堂DYメディアパートナーズ)
コンテンツ連動型販売促進プラットフォーム
(NTTデータ、ウェブプロデュース、博報堂DYメディアパートナーズ)

 なお、実験にあたっては、

ターゲティング広告実験 視聴者属性によるCM素材の差し替え
CM秒数効果検証 15秒、30秒CM効果検証
コンテンツ連動型販売促進検証 コンテンツ(番組)内容および視聴者属性ごとに表示する販売促進内容を動的に差し替え

 などの新広告サービスを実験導入し、広告効果、視聴者のユーザビリティ等の検証を行う予定です。

(参考)

P2P (Peer to Peer) とは
 コンピューター同士が直接結びつき、お互いの情報を上下の関係なく参照し、転送しあうという技術概念。「SkeedCast」はドリームボートが開発した、P2P型セキュアデジタルコンテンツ配信システム。

(各社概要)

デジアサについて http://digiasa.co.jp/外部サイトを別ウインドウで開きます
 朝日放送グループのデジタルコンテンツ制作を強化することを目的として、2006年11月に「朝日文字テレビ」から社名変更。WEB、モバイルサイトの企画制作、データ放送コンテンツの制作・運用を手掛けています。2008年9月にサービス開始した「ABC動画倶楽部」の実運用も行っています。
本件に関するお問い合わせ先

朝日放送
コンテンツ事業部
山口・横山
TEL:06-6457-4760

博報堂DYメディアパートナーズ
広報グループ
加藤・舟橋
TEL:03-6441-9347

NTTデータ
広報部 釜崎
TEL:03-5546-8051

ウェブプロデュース
映像配信サービス部
鈴木・山田
TEL:03-5950-9076

ドリームボート
鈴木・井上・山村
TEL:03-5721-7388(代表)

デジアサ
川崎・能川
TEL:06-6457-6702