都道府県・政令指定都市向け財務会計パッケージ『財務会計MASTER®』販売開始 〜オープンソースソフトウエアを積極活用し、コスト削減に寄与〜

ニュースリリース/NTTデータ

2009年7月 9日

株式会社NTTデータ

 株式会社NTTデータは、都道府県・政令指定都市向け財務会計パッケージ『財務会計MASTER®』を2009年7月9日より販売を開始します。
 財務会計MASTERは、予算執行、歳入/歳出、歳計外現金、資金、決算など財務会計に必要な基本機能を標準搭載したパッケージシステムで、システム基盤にオープンソースソフトウエア(以下、OSS)を積極的に採用しています。OSSの活用によりシステム導入フェーズの費用の削減が期待できるほか、導入ユーザーおよびユーザーから業務委託された運用受託者に対してソースコードを無償で開示(注1)することで、サービス開始後のアプリケーション修正やシステム運用に係るベンダー依存等の制約を減らすことができます。
 なお、本製品については、愛知県が現在再構築している財務システム(2011年4月サービス開始予定)の開発ベースとなるパッケージシステムとして採用されることが決定しています。愛知県には都道府県の財務会計システムとしては日本で初めて、OSやWeb/アプリケーションサーバーだけでなくDBMSなどミドルウエアにまでOSSを採用したシステムが導入される予定です(注2)

【背景】

 現在、多くの地方自治体では、ハードウエアのダウンサイジング、システムの最適化やBPRなどにより、システムのあり方そのものの大胆な見直しが図られています。また、財務会計システムは、新公会計対応など新たな制度への対応が求められる一方で、ライフサイクルコストの削減への要求が高まってきています。
 NTTデータでは、こうした状況を踏まえ、NTTデータの20年来の自治体向け財務会計システム提供の実績を最大限活用し、業務ノウハウや技術トレンドなどユーザーの要望を取り入れつつライフサイクルコストの削減に寄与する新しい財務会計システムの開発をおこない、7月9日より販売を開始します。

【財務会計MASTERの特徴】

  1. OSSを積極的に採用
    財務会計MASTERは、OSSを積極的に採用しています。OSやWeb/アプリケーションサーバーだけでなく、DBMS、統合運用管理等のミドルウエアにもOSSを積極的に採用しています。ハードウエアもIAサーバーを採用し、導入フェーズや維持運用フェーズでのコスト削減に寄与します。また、財務会計MASTERでは、NTTデータのフルOSS向けソリューションProssione® (注3)を採用することにより、安心して利用できる強固なシステム基盤上に構築されます。

     財務会計MASTERが使用するOSS一覧
    分類 ソフトウエア名
    OS Red Hat Enterprise Linux
    Web/アプリケーションサーバー Tomcat
    DBMS PostgreSQL
    クラスタリング PostgresForest®
    全文検索エンジン Ludia®
    統合運用管理 Hinemos®
    バックアップ管理 Amanda
  2. 財務会計に必要な機能を標準で搭載
    財務会計MASTERは、予算執行、歳入/歳出、歳計外現金、資金、決算など財務会計に必要な基本機能を標準搭載しています。また、ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズを行うことが可能です。各業務処理はそれぞれ依存性を極力排除しているため、カスタマイズ時の影響範囲を極小化することができ、開発コストの削減、プログラム品質の向上に寄与します。
  3. 運用時のベンダー依存を回避
    アプリケーションは開発言語にJavaを採用しています。また、ご導入いただいたユーザーおよびユーザーから業務委託された運用受託者に対し、ソースコードを無償で開示するほか、ユーザーおよびユーザーから受託された第三者による改編、翻案を許諾します。このことにより、サービス開始後のアプリケーション修正等に係るベンダー依存の制約を減らすことができ、維持運用フェーズでの機能拡張や維持運用業務を入札等により調達することが容易になります。入札による調達は、維持運用フェーズのコスト削減に寄与します。
  4. 操作性に配慮した設計
    財務処理に慣れていない原課職員の方にも操作していただけるよう、操作性には十分配慮しています。Webブラウザを操作する感覚で直感的に操作できるほか、各種入力補助機能を実装することで入力ミスを減らし、入力作業の省力化にも努めました。また、財務会計に必要な基本機能に加えて、電子決裁の機能を備えています。電子決裁は、利用部署ごとに適用の有無を選択できるほか、ユーザーの習熟度向上に合わせて適用範囲を段階的に拡大することもできます。そのことにより、電子決裁導入時にユーザーに与える混乱や負荷を大幅に削減することができます。
  5. 公会計対応
    公会計対応として総務省基準モデルに準拠しており、総務省基準モデルに基づいた財務諸表4表(貸借対照表、行政コスト計算書、資金収支計算書、純資産変動計算書)を作成することができます。また、施策・事業・地域などの任意のセグメントにより、セグメント別財務諸表を作成することができます。任意の政策や行政地域・事業の単位と組み合わせた多角的な視点での評価や詳細な財務分析を実現し、行政サービスの向上に貢献します。

【想定ユーザー】

 都道府県および政令指定都市

【提供形式】

 本製品をベースとし、NTTデータまたはNTTデータグループの各地域会社が自治体からの要望に沿ってカスタマイズした上で、提供します。

(注1) 事前にNTTデータの許諾が必要です。なお、財務会計MASTERはOSSとしてソースコードの一般公開は行いません。
(注2) 「日本で初めて」は当社調査によるものです。愛知県には、OS、Web/アプリケーションサーバー、DBMS、統合運用監視、クラスタリング、バックアップ管理、全文検索エンジンにまでOSSを採用したシステムをご導入する予定です。
(注3) Prossioneは、NTTデータのシステム基盤構築に関するノウハウを結集したソリューションで、OSSを用いた検証済みの構成や設計を提供するものです。

注 「財務会計MASTER®」「Prossione®」「Hinemos®」「PostgresForest®」「Ludia®」は株式会社NTTデータの登録商標です。
注 その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先
報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第一公共システム事業本部
第二公共システム事業部
TEL:03-3287-7071