米国ITサービス企業Keane International, Inc.の子会社化について

ニュースリリース/NTTデータ

2010年10月29日

株式会社NTTデータ

当社は、米国ITサービス企業Keane, Inc.(キーン)(CEO:John McCain氏,本社:米国、マサチューセッツ州ボストン、以下、「Keane社」)の持株会社であるKeane International, Inc.(以下、「Keane International社」)を、当社子会社のKnight Subsidiary Corporation注1との合併により当社の完全子会社とすることを決定し、Keane International社及び同社の株主代表であるCitigroup Venture Capital International Technology Holdings, LLCと現金を対価とする合併契約を締結しました。

1.本件の目的

当社グループは、現在、中期経営にて、2013年3月期に海外売上高3,000億円、海外売上高比率20%を目標とし、海外のビジネス拠点の強化に積極的に取り組んでおります。欧州では2008年にitelligence AG及びCirquent GmbHを傘下に収め、また米国では本年7月にIntelligroup, Inc.との資本提携を完了する等、積極的な拠点の拡充に取り組むと同時に、各グローバル拠点間の連携を進めることで、お客様に対して、国内・国外のシームレスなサービスを提供できる体制の整備を行ってまいりました。

Keane社は、米国において政府、大手保険会社・投資銀行など金融機関、グローバル製造業、大手製薬会社、医療保険会社等を主な顧客とし、欧州、APAC等においても公共・民間両分野にITサービスを提供しています。

また、インド、カナダにグローバル開発拠点を有しており、アプリケーション開発・保守、SAP及びOracle等のパッケージ関連サービス、インフラ管理サービス、BPOサービスを総合的かつグローバルに提供しているITサービス企業です。

当社グループは、Keane社を通じて、北米での大規模かつ安定的な顧客基盤と高度な営業ノウハウ・熟練した営業要員を獲得することができます。また同時に、米国における大規模な開発・保守事業を支えるグローバルオペレーションノウハウをグループに取り込むことができます。

これにより、当社グループは、これまで強化してきたグローバルなSAPサポート提供能力に加え、米国において包括的なITサービスを提供することができるようになります。一方で、Keane社は、本件を通じ、当社グループの持つ欧州・アジア拠点との連携が可能となり、顧客をグローバルにサポートすることが可能となります。また、NTTデータグループのSAPビジネスと連携することにより、パッケージ関連サービスを強化し、Keane社は、今後新たなビジネスの創出を目指します。

2.対象者の概要

(1)商号

Keane International, Inc.

(2)主な事業内容

アプリケーション開発・保守、SAP及びOracle等のパッケージ関連事業、インフラ管理事業、BPO事業を中心とした総合ITサービス

(3)設立年

1965年

(4)沿革
  • 1965年

    Keane社設立(米国 マサチューセッツ州ボストン)

  • 1993年

    Caritor社設立(米国 カリフォルニア州)

  • 1995年

    Keane社、American Stock Exchangeに上場

  • 2003年

    Keane社、New York Stock Exchangeに上場

  • 2007年

    大規模なインドリソースを活用したグローバル開発拠点を持つCaritor社と米国大規模顧客に対してブランド力を持つKeane社が合併、新Keane社となる(同時点で非上場企業となる)

(5)本店所在地

100 City Square, Boston, MA 02129

(6)資本金

約164百万ドル(約136億円)

(7)主要拠点

米国、カナダ、インド、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、英国、フランス、ドイツ、スイス、アラブ首長国連邦

(8)代表者

John McCain, President and Chief Executive Officer

(9)当社との関係

資本関係、人的関係、取引関係はありません

(10)従業員数

約12,500人(うち北米5,000人、インド・APAC 6,900人、欧州600人)
(2010年6月現在、子会社を含む)

(11)主要な財務指標

(単位:百万ドル)
2009年12月期
売上高 788
総資産 1,212

ご参考(上記の円換算ベース)注2

(単位:百万円)
2009年12月期
売上高 65,401
総資産 100,596

3.その他

本件の結果、Keane International社は当社の完全子会社となります。

以上

注釈

  • 注1Knight Subsidiary Corporation:本件のため、当社はKnight Subsidiary Corporation(本社:米国、カリフォルニア州)を設立し、同社とKeane International社は合併を実施します。合併後は、Keane International社が存続法人となります。
  • 注2換算レート

    1ドル=83円

注意事項

  • 本プレスリリースには、将来の予想に関する記述が含まれています。これらの将来に関する記述は、「考えます」、「期待します」、「予定です」、「見込みます」、「計画します」、「意図します」、「はずです」、「するつもりです」、「予測します」、「将来」、その他、これらと同様の表現、又は特に戦略、目標、意図などに関する説明という形で示されています。多くの要因によって、本プレスリリースに述べられている将来の予測に関する記述と大きく異なる実際の結果が将来発生する可能性があります。かかる要因として、(1)マクロ環境の状況またはIT業界の競争環境などの業界の一般的な状況、(2)規制、訴訟に関する事項及びリスク、(3)法制上の変化、(4)税法その他の法律の改正、一般的経済状況の変化が及ぼす影響、(5)取引を完了させるための条件が満たされないリスク、(6)取引のために必要とされる規制当局の承認が取得できないリスク、又は、承認が得られても予測せぬ条件が付帯するリスク、(7)取引の遂行に関連するその他のリスクなどが含まれます。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051