米国NTT DATA,Inc.のインド拠点がCMMI®成熟度レベル5を達成

ニュースリリース/NTTデータ

2014年3月7日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータの米国子会社である、NTT DATA,Inc.のインド拠点NTT DATA Global Delivery Services Limited(以下:GDS)が、開発のためのCMMI®(Capability Maturity Model® Integration)version 1.3およびサービスのためのCMMI version 1.3においてCMMIの最高水準となるレベル5を達成しました。CMMIは、1999年に米国国防総省の援助のもとカーネギーメロン大学ソフトウェア工学研究所(SEISM)で開発された、システム開発を行う組織の成熟度を表現したモデルで、現在では防衛関連だけではなく、世界中のシステム開発企業において、プロセス改善を進める際の参照モデルのデファクトスタンダードとして使用されています。近年はシステム開発だけでなく、ITサービス提供における改善でも利用されるようになってきており、GDSはNTTデータグループ内で初めて、開発とサービスの両方の領域においてCMMIレベル5を達成したこととなります。

NTTデータでは、国内における複数のシステム部門においてもすでにレベル5を達成しており、今回達成したGDSのほか、海外のグループ会社とあわせ、整備した開発プロセスや経験とノウハウを他部門にも展開し、高品質なシステム・サービスを提供するための組織的なレベルアップを継続的に行っていきます。

GDSについて

GDSは、NTT DATA,Inc.のインドにおける開発拠点として、BPO、アプリケーション開発、保守、拡張サービスなどを提供し、バンガロールをはじめチェンナイ・ハイデラバード・プネ等に拠点を有しています。

NTTデータグループにおけるCMMIへの取り組み

NTTデータグループ各社におけるCMMI達成状況は以下のとおりです。

NTTデータ(社内3組織) 開発のためのCMMI v1.3:成熟度レベル5
NTT DATA Global Delivery Services Limited(インド) 開発のためのCMMI v1.3、サービスのためのCMMI v1.3:成熟度レベル5
NTT DATA Federal Services, Inc.(米国) 開発のためのCMMI v1.3:成熟度レベル3
無錫NTTデータ(中国) 開発のためのCMMI v1.2:成熟度レベル5
天津NTTデータ(中国) 開発のためのCMMI v1.3:成熟度レベル3
NTT DATA MSE Dalian Corporation(中国) 開発のためのCMMI v1.3:成熟度レベル3
NTT DATA Brasil(ブラジル) 開発のためのCMMI v1.3:成熟度レベル3
everis(スペイン・ブラジル等) 開発のためのCMMI v1.3:成熟度レベル5、サービスのためのCMMI v1.3:成熟度レベル3

注釈

  • CMMI(Capability Maturity Model Integration)は、1999年に米国国防総省の援助のもとカーネギーメロン大学CMMI Institute で開発された、システム開発を行う組織の成熟度を表現したモデルです。成熟度を段階的なレベルで表現するとともに、各成熟度を満足するために有効なプロセスの特長を定義しており、プロセス改善を行う際のリファレンスモデルのデファクトスタンダードとして、世界中の多くの企業で使用されています。
  • CMMIおよびCapability Maturity Modelは、アメリカ合衆国特許商標庁に登録されています。
  • 文中に記載されている商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051