「BizXaaS® オムニチャネル」で製造業向けB2Bオムニチャネルを実現 ~国内外の代理店における製品選定・見積もり・メンテナンス受注を効率化~

ニュースリリース/NTTデータ

2016年6月1日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、2016年6月1日より、「BizXaaS®(ビズエクサース) オムニチャネル」の製造業向けラインナップを提供します。新しいラインナップでは、製造業に対して、多言語・多通貨表示、代理店用製品カタログの出し分け、見積もり・受注サイト等の機能を提供することで、国内外の代理店の製品選定・見積もり・メンテナンス受注を効率化します。

また、「BizXaaS オムニチャネル」はSAP社の「SAP® Hybris® Commerce」の初のOEM製品注1として、製品数や取引先数に応じたリーズナブルなライセンス課金体系で提供します。さらに、オプションとして製造業向けB2B注2オムニチャネルの検討ガイドラインを提供します。

NTTデータグループは、本ソリューションを含めたBizXaaSオムニチャネル事業において、国内外あわせて年間100億円規模の売り上げを目指します。

背景

これまで多くの小売業が、オムニチャネル化の整備を進めてきました。NTTデータにおいても、2014年4月より、顧客、商品、在庫、注文情報の一元管理を実現する「BizXaaS オムニチャネル」を提供し、実績を積み重ねてきました。

昨今、製造業においても、「営業担当者が製品情報を正確かつ早く参照できるようにしたい」、「取引先がウェブサイトを使って、セルフサービスで製品を繰り返し購入できるようにしたい」といったB2Bオムニチャネルのニーズが高まっています。

しかし、B2Bオムニチャネル化のためには、製品選定・見積もり・メンテナンス受注を効率化するウェブサイトの立ち上げや、各国の代理店で異なる製品カタログの一元管理、さらには各代理店の受注動向の蓄積・管理等を実現する必要があります。

そこで、NTTデータはこうした課題に対応するため、製造業向けB2Bオムニチャネルを提供することとしました。

概要

製造業向けラインナップでは、以下の機能で、国内外の代理店のオムニチャネル化を支援します。

【図】

海外各国の個別運用を想定したプラットフォーム

  • 一つのプラットフォーム上で、多言語・多通貨に対応した海外各国個別サイトの立ち上げが可能
  • 海外各国のデジタルチャネルの普及状況や業務スタイルに応じて、サイトごとにコマース機能・オーダー管理機能・カタログ機能の取捨選択が可能
  • 海外各国の個別運用に合わせ、管理項目の表示・非表示、更新などの権限設定が可能

国内外の代理店別の製品カタログ制御(PCM:プロダクトコンテンツ管理)

  • 特定の市場や国向けに異なるカタログの作成・展開が可能
  • 代理店ごとに製品カタログの一部に関して、検索制限をかけることで、各国のビジネスに合った製品情報の提供が可能
  • 代理店ごとの契約に基づく価格ルール(価格帯、税グループ、ディスカウントレート)を設定し、代理店ごとの特別価格表示が可能

国内外の代理店ごとの注文管理(B2Bオーダー管理)

  • 代理店ごとの受注データを一元管理し、注文履歴サマリーの照会や受注動向の追跡が可能
  • 各代理店は、取引先との与信取引のための与信枠を取引先ごとに設定し、与信枠到達時にアラートを出すことが可能
  • 各代理店は取引先に対して、単発の注文のみならず、柔軟な注文方法(注文履歴からの再注文、定期注文)を提供可能

特長

  1. 1.リーズナブルなライセンス課金体系

    システムのキャパシティープランに合わせて課金額を設定するコア課金モデルに加え、NTTデータ独自のライセンス体系(登録製品数課金、または取引先数課金)にて提供するため、リーズナブルに導入が可能です。例えば、当社独自ライセンスでの提供の場合、ウェブサイトのアクセス数増加に伴いサーバーを増強しても、登録製品数や取引先数が増えなければ、ライセンス金額は変わりません。

  2. 課金モデル ライセンス提供単位
    登録製品数(SKU)課金モデル 10,000SKUごとの課金
    50,000SKUごとの課金
    取引先課金モデル 100社ごとの課金
    1,000社ごとの課金
    • SKU(Stock-keeping Unit)は、在庫管理を行う製品の登録単位です。
    • ライセンス提供単位は組み合わせでの利用も可能です。(100社+1000社=1100社までのレンジ)
    • 詳細な価格はお問い合わせください。
  3. 2.B2Bオムニチャネルの検討ガイドラインを提供

    B2Bオムニチャネルの検討を開始したいお客さまのために、導入に関する重要なポイントをわかりやすく解説したガイドラインを提供します。お客さまは当社のノウハウを活用し、オムニチャネルの検討をスムーズに進めることができます。

  4. 3.デリバリーパートナーの紹介

    NTTデータ単体によるデリバリーだけでなく、国内・海外のグループ会社のネットワークを生かし、業務・開発ノウハウを保有する販売特約店(デリバリーパートナー)を紹介します。現在、販売特約店として、株式会社NTTデータグローバルソリューションズ、株式会社JSOLが参加しています。

今後について

今後NTTデータは、小売業向けに培ってきた、オムニチャネルプラットフォームの構築実績を生かし、製造業向けに「BizXaaS オムニチャネル」の販売を展開します。また、本ソリューションを含めたBizXaaS オムニチャネル事業において、国内外あわせて年間100億円規模の売り上げを目指します。

「BizXaaS オムニチャネル」について

「BizXaaS オムニチャネル」は、NTTデータのBizXaaS シリーズの一つとして、オムニチャネル戦略における主要機能が用意されたプラットフォームです。中核となるソフトウエアにはSAP社の「SAP Hybris Commerce」を採用し、従来の顧客接点領域における実績とノウハウをもとに「BizXaaS オムニチャネル」として提供しています。

エンドースメント

株式会社NTTデータグローバルソリューションズ

株式会社NTTデータグローバルソリューションズは、株式会社NTTデータの『「BizXaaS オムニチャネル」で製造業向けB2Bオムニチャネルを実現』の発表を歓迎し、賛同いたします。

インターネットとモバイル環境を活用したデジタルネットワークが急速に拡大するなか、その用途も加速度的に拡がり、ビジネス利用への期待が高まっています。

今回発表されたサービス「BizXaaS オムニチャネル」が、グローバル化を推進する製造業のデジタルチャネル構築オムニチャネル事業構築に大きく寄与するものと確信しております。

当社は、従来よりSAPソリューションの活用とあわせ「BizXaaS オムニチャネル」製品のサポートを行ってまいりましたが、今回のB2Bへのラインアップ拡充により、サプライチェーンの最前線までのトータルなサービスおよびプラットフォームの提供が可能となりました。

これからも、蓄積された「BizXaaS オムニチャネル」に関するノウハウと、豊富なインダストリー知識・経験、グローバルでの知見を生かし「BizXaaS オムニチャネル」ユーザーを支援してまいります。

株式会社NTTデータグローバルソリューションズ
代表取締役社長
大西 俊介

株式会社JSOL

JSOLは、「BizXaaS オムニチャネル」製造業向けソリューションの提供を心より歓迎します。JSOLでは、これまで流通業やサービス業をはじめとするお客さまに「BizXaaS オムニチャネル」を活用し、オムニチャネル戦略の推進をサポートしています。今後は、製造業の国内外の販売代理店様向けに、JSOLがこれまで長い間培ってきたB2B向けの販売・在庫管理に関する知見や経験を生かし、「BizXaaS オムニチャネル」を核としたお客さまのサプライチェーンの効率的な運用と最適化をご支援してまいります。

株式会社JSOL
代表取締役社長
中村 充孝

参考

背景の補足

「BizXaaS オムニチャネル」で対応する製造業(B2B)のオムニチャネル化のニーズは下図の通りです。

【図】

注釈

  • 注1当社は、SAP社と戦略的なパートナリングを結び、SAP社の「SAP Hybris Commerce」を、NTTデータの独自ブランド「BizXaaS オムニチャネル」として提供しています。
  • 注2B2Bとは、「Business to Business」の略で、企業間で取り交わされる商取引を指します。
  • 「BizXaaS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • SAP、SAP ロゴ、記載されているすべての SAP 製品およびサービス名はドイツにある SAP SE やその他世界各国における登録商標または商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
古場、小泉
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
デジタルビジネスソリューション事業部
浅野、風間、高橋
TEL:050-5546-8337