NTT DATA Servicesによる米国Cognosante Consulting買収について

ニュースリリース/NTTデータ

2019年4月2日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、北米子会社であるNTT DATA Servicesを通じて、米国のCognosante(米国バージニア州)のコンサルティング部門であるCognosante Consulting, LLC(以下:Cognosante Consulting)を買収しました。

本買収により、NTTデータは、米国州政府に対する業界特化型のコンサルティングサービスを大幅に強化します。また、お客さまに対して、より幅広い価値のあるサービスが提供可能となります。

背景・目的

Cognosante Consultingは、米国の各州政府のヘルスケア関連部門に対してコンサルティングサービスを提供しており、特に公的医療保険制度であるメディケイド関連システムに関するIT戦略・計画策定支援、品質保証サービス、プロジェクトマネジメント支援サービスにおいて強みを持っています。

NTT DATA Servicesは、本買収により、州政府の支出で最大規模であるヘルスケア関連分野において専門性の高い業界特化型のコンサルティングサービスを提供することが可能となります。また、Cognosante Consultingの約30年にわたる48州政府に対する豊富なサービス提供実績に基づく知見を獲得することで、さらなるサービス展開を加速させていきます。

また、Cognosante Consultingの既存のお客さまに対しても、NTT DATA Servicesの幅広いサービスを提供することで、お客さまのさらなる成長に貢献していきます。

NTT DATA Services CEOのBob Pryorは、「Cognosante Consultingの買収により、NTT DATA Servicesは、急速に成長している米国の公的医療関連分野におけるリーディングカンパニーとなり、公共分野、ヘルスケア分野のお客さまに対して、今まで以上に魅力的で価値のあるサービスが提供可能となります。本買収は、業界特化型の専門性とプレゼンスを強化する我々の成長戦略を強く推進するものです。」と述べています。

Cognosante Founder and CEO のMichele Kang氏は、「我々は、Cognosante Consultingがお客さまのために実現してきた成果を心から誇りに思っております。また、その結果、Cognosante Consultingは、売上、従業員数ともに2010年から5倍以上に成長してきました。NTT DATA ServicesはCognosante Consultingのミッション、企業文化とマッチする素晴らしい相手で、最適なパートナーです。NTT DATA Servicesとともに、Cognosante Consultingは革新的な技術とソリューションを通じた米国のヘルスケアのトランスフォーメーションへの貢献に継続して取り組むとともに、今まで以上の価値をお客さまに提供可能となると確信しています。」と述べています。

Cognosante Consultingの概要

(1)商号 Cognosante Consulting, LLC(読み:コグノサンテ コンサルティング エルエルシー)
(2)事業内容 米国州政府のヘルスケア関連部門等に対するIT戦略・計画策定支援、品質保証サービス、プロジェクトマネジメント支援サービス等
(3)本社所在地 米国 バージニア州 マクリーン
(4)従業員数 約250名(契約社員等を含む)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051