もうお店の中で迷わない!簡単に商品をマッピングできるサービスの実証実験を開始

ニュースリリース/NTTデータ

2020年2月28日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、株式会社東急ハンズ(以下:東急ハンズ)の協力のもと、スペインのNavilens社(読み:ナビレンズ)が提供する次世代2次元コード技術を活用した商品マッピングサービスの実証実験を2月28日より開始します。

東急ハンズでは商品数が多く、売り場レイアウトの変更頻度も高いため、お客さまが商品を見つけられずに退店してしまう、従業員が商品を探すために時間を要してしまうという課題がありました。従来のバーコードとは違い1度に200以上のコードを高速で認識できる次世代2次元コード技術の活用により、各商品の棚札と棚に貼り付けたコードを、従業員がモバイル端末のカメラで撮影するだけで、商品マップが作成されます。これにより、お客さまはアプリケーションから簡単に商品位置を検索することが可能となります。本サービスの実用化により、利用者の利便性向上および、従業員の商品登録作業等の省力化といった新たな購買体験、従業員体験の創出が期待されます。

NTTデータは本実証実験の結果を踏まえ、2020年度に東急ハンズ実店舗にてサービスの導入を検討しています。また今後、本サービスを2023年度末までに小売業界100店舗へ導入することを目指します。

背景

近年、小売業界では人手不足、人件費の高騰、従業員の長時間労働などが深刻化し、実店舗での従業員の働き方変革が迫られています。一方、スマートフォンの普及により、お客さまの情報収集は一般化してきており、欲しい商品をあらかじめ調べて来店するお客さまが増加傾向にあります。そのお客さまに対して欲しい商品がどこにあるのかを確認できる商品マップが提供できれば実店舗の利便性は高まります。しかし、大多数の小売店舗では商品マッピングの構築・運用負荷が大きく実現に至っていない状況です。

こうした課題意識を踏まえ、このたび東急ハンズと実店舗のデジタル化の一環として、スペインのNavilens社のコンピュータービジョン技術注1による複数大量読み取りができる次世代2次元コードの有効性や実現性を確認するための実証実験を実施することとしました。

図1:本サービスによるお客さまの購買体験

図1:本サービスによるお客さまの購買体験

概要

本実証実験では、実店舗での「商品登録~商品マップの作成~商品検索」までの利便性向上・省力化を目指し、次世代2次元コード技術を活用した検証を実施します。省力化では、商品登録から商品マップの作成時間を計測し、実店舗での従業員作業に適用できるかを検証します。利便性向上では、スマートフォンから登録した商品を検索し、その商品マップが瞬時に確認できるかを検証します。店舗での購買体験や従業員体験がどのように変革できるかユースケースの仮説を作成し、東急ハンズと一体となって仮説検証し、実店舗への導入・拡大に向けた課題と対応方法を明らかにします。

場所 東急ハンズの本社エントランスの一部エリア
対象 本実証実験関係社員
期間 2020年2月28日~2020年3月25日
  • 終了日は予定です。検証状況により期間を短縮・延長する場合もあります。

実証実験の内容

  • (1)商品登録
    各商品の棚札と棚に対して次世代2次元コードを貼り付け、モバイル端末のカメラでコードを撮影し、どの棚に何の商品があるかマッピングします。次世代2次元コードは従来のバーコードとは違い複数のコードを同時に高速で認識できる技術で、1度に200以上のコードを認識でき、登録作業の省力化が図れます。
  • (2)商品マップの作成
    次世代2次元コードで読み取った商品データと棚データをひもづけ処理することで、即時にどの棚に、何の商品があるかマッピングし商品マップを作成します。
  • (3)商品検索
    アプリケーションから商品を検索して、商品がどの棚にあるのかフロアマップ上で確認することができます。お客さまは欲しい商品について、店舗の取り扱い有無を来店前に確認することができ、店舗での商品位置を来店前・来店中に確認できるなど利便性が向上します。また従業員はお客さまからの商品位置の問い合わせが減少し、問い合わせがあってもその場で案内することができるようになるなど業務の効率化が図れます。さらに、企業側のメリットとしてお客さまの商品位置検索データを把握・分析することで、注目度の高い商品やカテゴリがわかり、売り場レイアウト設計やマーケティングへの活用が可能になります。

図2:実証実験の商品棚

図2:実証実験の商品棚

図3:棚札の次世代2次元コード

図3:棚札の次世代2次元コード

図4:登録作業

図4:登録作業

今後について

2020年度に東急ハンズ実店舗にてサービスの導入を検討しています。商品マッピングを実際の売り場環境で構築・運用していくことで共に新たな購買体験、従業員体験を創り上げていきます。

NTTデータは、今後も商品マッピングにとどまらない新たな機能を順次拡充していく予定で、本サービスを2023年度末までに小売業界100店舗へ導入することを目指します。

注釈

  • 注1コンピュータービジョン技術とはコンピューターが画像や動画といった視覚的な情報を解釈および理解できるようにする技術です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
長村
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ITサービス・ペイメント事業本部
SDDX事業部
サービスデザイン統括部
楢崎、柴田、土屋、荒井
TEL:050-5546-9362
E-mail:sddx_contact@kits.NTTdata.co.jp

技術的なお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
技術革新統括本部
技術開発本部
エボリューショナルITセンタ
池田、大谷
TEL:050-5545-1377