米Scaled Agile社より日本企業初、世界3社目の「Global Transformation Partner」の認定を取得 ~グローバルレベルでの大規模アジャイル開発力を強化し、お客さまのDXを加速~

ニュースリリース/NTTデータ

2020年10月9日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下:NTTデータ)とScaled Agile, Inc.(本社:米国コロラド州、CEO:Chris James、以下:SAI)は、SAIのパートナー認定制度において、NTTデータが「Global Transformation Partner(以下:GTP)」の認定を取得することで9月25日に合意しました。
GTPとは、海外先進企業を中心に企業のアジリティー向上の手段として採用されている大規模アジャイル方法論「Scaled Agile Framework®(以下:SAFe®)」の提唱元であるSAIのパートナーシップ制度において、グローバルレベルのビジネス変革パートナーとして認定するものです。NTTデータの認定は世界3社目であり、日本を含むアジア地域に本社を置く企業としては初の認定となります。また、本パートナーシップには、NTTデータグループの日本本社と北米・欧州・アジア・南米地域の13社が含まれています。
NTTデータは今後、SAIとのパートナーシップによる強力な技術支援・情報発信の連携体制を持って、世界各国のお客さまのビジネス変革を推進していきます。SAFeを含むお客さまのビジネス変革サポートにおいて、2022年度にグローバル全体で年間500億円の売り上げを目指します。

背景

これまで、一部の先進的企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組み、組織変革やプロセス変革を通じて、ビジネスのアジリティー(機敏性、変化対応力)の向上を実現してきました。しかし、新型コロナウイルスの影響などにより、市場動向や顧客ニーズの変化が激しくなりビジネスの不確実性・先行きの不透明性が増す状況の中で、より多くの企業がこれまで以上にビジネス変革の必要に迫られています。同様に、急激なオンライン化の推進により、複数の国や地域に跨ってビジネスを展開する企業においては、グローバルレベルでの変革の推進が必要な状況です。
NTTデータは、これまでもScrumなどのアジャイル開発において豊富なシステム開発実績を有しており、システム開発の領域だけではなく上流のビジネス構想の検討プロセスから変革していくため、デザイン思考やアイデア創出などの価値探索を含めてアジャイル開発に取り組んできました。Agile/DevOps CoEの活動を通じて、お客さまにアジャイルやクラウドに関するNTTデータのグローバルにおける知見・ツール・コンサルティング等を「技術オファリング」として提供しています。加えて、企業全体のDXの加速やデジタル人財の育成・確保のためのコンサルティング(デジタルグランドデザイン、デジタルタレント)など、組織の変化対応力を高めるためのオファリングも合わせて提供しています。

概要

NTTデータは、お客さまのDX実現の観点から大規模アジャイル手法において、これまで2万社以上で採用され、大規模アジャイル方法論としてグローバルでトップシェアを誇るSAFeに着目し、この実践力をグループ全体で高めるためにGTP認定要件となる、認定コンサルタントSAFe Program Consultant(SPC)をNTTデータグループ全体で100名以上、SAFe実践者を1,000名以上配備しました。

SCALED AGILE PARTNER GLOBAL

今回の認定により、SAIとの連携を強化することで、より一層グローバルレベルで活躍するお客さまの大規模な組織変革とビジネスアジリティーの向上を支援していきます。また、日本市場のお客さまのDXに伴う海外事業展開についても、NTTデータグループの各グローバル拠点と連携し、現地対応窓口を開設するなど現地市場に合わせた最適なソリューションを提供します。

各社の役割

NTTデータ SAFeを活用したビジネス変革を推進するため、SAFeを深く理解したSPC・認定資格者の確保・育成と、お客さまのニーズ・課題に合わせたSAFe導入・実践のためのコンサルティング・コーチング・教育サービスなどの提供
SAI SAFeに関する知識・ノウハウやビジネス変革実例などの情報の提供、SAFeプラクティショナー育成のための教育プログラムの提供

今後について

今後、NTTデータは本パートナーシップを通じて、グローバルレベルで活動されるあらゆる分野のお客さまのビジネス変革とビジネスアジリティーの向上の支援を加速していきます。SAFeを含むお客さまのビジネス変革サポートにおいて、2022年度に日本国内で年間150億円、日本を含んだグローバル全体で年間500億円の売り上げを目指します。

注釈

  • SAFe:Scaled Agile Inc.によって提供されるSAFeは、リーン、アジャイル、DevOpsのための実証済みの統合された原則、プラクティス、コンピテンシーを含む知識ベースです。SAFeを実践している企業は、企業文化にアジリティーを組み込む方法を学ぶことで、顧客価値を迅速に特定して提供し、新たな機会を活用し、ビジネスの成果を向上させることができます。
  • NTTデータのアジャイル開発に関連したサービスの詳細はこちらからご確認ください。
  • 本文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

エンドースメント

SAFe提唱者/Chief Methodologist Dean Leffingwell氏
「私たちは、NTTデータをScaled Agile, Inc.の3番目、アジア太平洋地域では初のGlobal Transformation Partner(GTP)として迎えられることを誇りに思います。
NTTデータは、1,100名以上の従業員を対象にSAFeのトレーニングと認証資格取得を行うなど、GTPプログラムの厳しい要件を満たしており、そのうち100名がSAFe Program Consultant(SPC)という上位の認証を取得しています。新型コロナウイルスの影響が市場における柔軟性と適応性へのニーズをより加速させるとともに、グローバル2,000の大規模企業において統合的なサポートに対するニーズが急激に増加しています。私たちは、デジタルトランスフォーメーションのあらゆる段階において、大規模企業の変革の成功をサポートするための知識、経験を持ち、グローバルに展開するNTTデータのような企業と協力して、そのニーズに応えています。」

本件に関するお問い合わせ

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
廣田
TEL:050-3644-3022

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
技術革新統括本部
システム技術本部
デジタル技術部
Agileプロフェッショナル担当
市川、稲葉、近藤
E-mail:apcj@kits.nttdata.co.jp

- NTTデータは、「これから」を描き、その実現に向け進み続けます -