NTT DATA Servicesによる米国Nexientの買収について

ニュースリリース/NTTデータ

2021年5月19日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、北米子会社であるNTT DATA Servicesを通じて、クラウド環境でのアプリケーション開発に強みを持つ米国のNexient, LLC(本社:米国カリフォルニア州、以下:Nexient)を買収することで合意しました。
NTTデータは本買収を通じて、北米でのデジタル対応力強化に向けた重点領域と位置付けているアプリケーション開発・モダナイゼーション領域を強化するとともに、今後も、選択と集中による事業ポートフォリオの最適化を通じて、デジタル中心の事業ドメインへの変革を進めていきます。

背景・目的

Nexientは、クラウド環境でのアプリケーション開発に強みを持ち、米国リソースによるアジャイル・デリバリーモデルを通じて、アプリケーションに関するデザインから開発まで多岐にわたってお客さまのデジタルトランスフォーメーションの実現を支援しています。

NTTデータは、本買収を通じて、クラウドネイティブ・アプリケーションやアジャイル開発に対応可能な人財に加え、採用・育成プロセスの獲得により同分野を強化します。また、Nexientの米国リソースのデリバリーモデルと、NTTデータのグローバル・デリバリーネットワークを組み合わせることで、よりお客さまのニーズに合ったソリューション提供が可能になります。

本買収は、これまでのクラウド移行やクラウド上でのデータ活用等の強化を目的としたFlux7やAcorio、Hashmapの買収に加えて、アプリケーション開発の観点から、デジタル対応力をさらに強化するものです。Nexientと各社の連携により、北米およびグローバルでの人財のデジタル化をさらに加速させ、お客さまのデジタルトランスフォーメーションの実現をこれまで以上に強力にサポートします。

北米分野では、今後も引き続きクラウド、データアナリティクス、アプリケーション開発およびモダナイゼーションといったデジタル対応の重点領域の強化に戦略的に取り組み、採用・育成プロセスの拡充による人財のデジタル化を進めながら、選択と集中による事業ポートフォリオの最適化を図り、デジタル中心の事業ドメインへの変革を進めていきます。

NTT DATA Services, Chief Digital & Strategy OfficerのEric Clarkは、「アプリケーション開発・モダナイゼーションは、デジタルトランスフォーメーションの実現において重要かつ急成長している領域です。Nexientのお客さま視点でのデザイン思考およびアジャイル開発のノウハウ獲得を通じて、お客さまによるデジタルイノベーションの活用をこれまで以上に強力かつ迅速にサポートします。我々は、デジタル強化に向けた投資戦略に基づき、デジタル人財の確保および育成、研究開発に加え、各重点領域における革新的な企業の買収を実施しており、本買収は、その戦略推進に大きく貢献します。」と述べています。

Nexient CEOのMark Orttungは、「Nexientのデザイン思考およびアジャイル開発のアプローチは、お客さまの複雑なビジネス課題の解決における実績を通じて、信頼を得ています。我々が築いてきたコアバリューやリーダーシップ、チームワークを活用しつつ、今後はNTTデータの一員として、お客さまに提供できるサービスの領域および価値をさらに拡大できることを嬉しく思います。」と述べています。

Nexientの概要

(1)商号 Nexient, LLC(読み:ネクシエント エルエルシー)
(2)事業内容 アプリケーション開発 等
(3)本社所在地 米国 カリフォルニア州 ニューアーク

参考

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:050-3644-3022

- NTTデータは、「これから」を描き、その実現に向け進み続けます -