「地銀共同センター・MEJARシステム・ワーキンググループ」への参画について ~システム領域の連携を強化や運用効率化を支援~

ニュースリリース/NTTデータ

2021年11月9日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(代表取締役社長 本間 洋、以下、NTTデータ)はNTTデータ地銀共同センター(以下、地銀共同センター)の参加行13行注1、およびMEJARを共同利用している全5行注2が立ち上げた、「地銀共同センター・MEJARシステム・ワーキンググループ(以下、CMS-WG)」に参画することにしましたので、お知らせします。
地銀共同センター及びMEJARは、共にNTTデータの同一の勘定系パッケージ(BeSTAパッケージ注3)を採用しております。CMS-WGは、システム関連で親和性のある両グループが、各行共通の課題に対してそれぞれの強みを生かしシステム運用の効率化を検討する場として立ち上げるものです。
NTTデータは、地銀共同センターの事業運営とMEJARの構築・運用を担っており、本WGメンバーとして主にテクノロジー面での支援等を実施していきます。
なお、CMS-WGの一環として、NTTデータが開設し地銀共同センターの全13行の行員約2.5万人が利用可能なナレッジサイト「B-Digital Interaction Square™」注4を、MEJAR行にも試行利用いただくことが決定しております。

CMS-WGの概要

名称 地銀共同センター・MEJARシステム・ワーキンググループ
検討テーマ (1)勘定系システムの効率的運用
(2)営業店窓口機器などの効率的な開発/調達
(3)オンラインデータ連携基盤/SEHub注5のアプリケーション相互利用
(4)IT/デジタル人財の育成策
(5)サイバーセキュリティの共助
※検討テーマは随時追加
メンバー 地銀共同センター 全13行、MEJAR 全5行、NTTデータ

メンバー

注釈

  • 注1地銀共同センター・・・NTTデータが構築・運営する、地方銀行・第二地方銀行向け基幹系共同センター。
    参加行は以下のとおり(利用開始および銀行コード順)
    京都銀行、千葉興業銀行、岩手銀行、池田泉州銀行、愛知銀行、福井銀行、青森銀行、秋田銀行、四国銀行、鳥取銀行、西日本シティ銀行、大分銀行、山陰合同銀行
  • 注2MEJAR・・・NTTデータが構築・銀行が主体で運営する、地方銀行・第二地方銀行向け基幹系共同センター。
    参加行は以下のとおり(利用開始および銀行コード順)
    横浜銀行、北海道銀行、北陸銀行、七十七銀行、東日本銀行
  • 注3BeSTAパッケージ・・・ベンダーを特定しないNTTデータの標準バンキング・アプリケーション。
  • 注4「B-Digital Interaction Square™」
    100以上のデジタル関連の動画や資料を各自の知識レベルに合わせて視聴・閲覧することが可能なサイト
  • 注5オンラインデータ連携基盤/SEHub・・・勘定系システムなどの銀行システムと外部サービスをAPI接続により容易に接続できる基盤で、これによりインターネットやスマートフォンアプリなどの非対面チャネルにおけるスピーディーな銀行サービスの提供が可能。また、勘定系システムでの開発を極小化することができ、コスト削減や生産性向上に寄与。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
岡林
TEL:050-3644-3163

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
バンキング統括本部
第二金融事業本部
第二バンキング事業部
第二営業企画担当
十時、高橋、海野
TEL:050-5546-8933
第三バンキング事業部
バンキング営業担当
荒木、田中
TEL:050-5546-7900

- NTTデータは、「これから」を描き、その実現に向け進み続けます -