キャッシュレス社会のさらなる進展のためCAFIS料金引き下げを実施 ~少額決済向け料金の引き下げと1回の購買取引に対する料金の改定を順次実施~

ニュースリリース/NTTデータ

2022年11月16日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は2023年1月1日より、キャッシュレス決済総合プラットフォーム「CAFIS®注1」の少額決済向け料金の引き下げを行い、さらに同年12月1日からは1回の購買取引に対する料金の考え方を見直し、料金改定を行います。
日本のキャッシュレスにおける少額取引は増加しており、ますますこのニーズは高まっていくと考えられます。こうした状況をふまえ、NTTデータでは、2023年1月1日より、CAFISの少額決済向け料金を現在の決済金額あたり「0.3%」から「0.15%」に引き下げ、少額決済向け料金の上限金額を現行の「1,000円以下」から「2,000円以下」に拡大します。
また、2023年12月1日からは、1回の購買取引に対する料金の考え方を見直し、クレジットカード取引における料金をトランザクション単位から購買取引単位に改定します。
NTTデータは、今回の料金改定をはじめ、サービスの継続的な向上を図り、日本のキャッシュレス社会の進展に貢献していきます。

背景

日本政府がその成長戦略フォローアップにて、2025年6月までのキャッシュレス比率4割程度を掲げる中、現在のキャッシュレス決済比率は、2019年の26.8%から2021年には32.5%まで拡大しています注2。また、クレジットカードの利用について少額多頻度化がより進んでいることから、少額取引がキャッシュレス決済比率拡大に貢献しており、ますますこの傾向は高まっていくと考えられます。
また、近年のキャッシュレス手段多様化の中、クレジットカードは変わらず重要な決済手段としてその一角を占めており、クレジットカード取引における効率化は、キャッシュレスのさらなる促進において重要であると考えています。そこでNTTデータは、日本のキャッシュレス社会の進展への貢献を企図し新しい料金プランを提供します。

新料金について

1.少額決済向け新料金体系

2023年1月1日より、「決済金額に応じて0.3%」としてきた料率を「決済金額に応じて0.15%」とし、さらに現状少額決済向け料金適用の上限を「1,000円以下」から「2,000円以下」へと拡大します。

表:少額決済に関するCAFIS処理料の新料金

決済金額 現行料金 新料金
~1,000円注3 決済金額×0.3% 決済金額×0.15%注4
1,001円~2,000円 1件あたり最大3.15円注5
2,001円~ 1件あたり最大3.15円注5

2.1回の購買取引における料金の改定

2023年12月1日より、CAFIS処理料金をトランザクション単位の料金から購買取引単位の料金とし、1回の購買取引において、CAFISが最終的に取引を中継したカード会社からのみ料金を設定するよう改定します。注6
本改定による変更の具体例として、クレジットカード取引における、「加盟店と契約を結んでいるカード会社(以下:「アクワイアラ」)」と「利用されたカードの発行会社(以下:「イシュア」)」が異なるケース(以下:「NOT-ON-US取引」)で、CAFISを利用した場合の処理料が変更となります。「NOT-ON-US取引」では、1回の購買取引の中で「加盟店-アクワイアラ間」、「アクワイアラ-イシュア間」で2回のトランザクションが発生し、イシュア、アクワイアラにそれぞれCAFIS処理料を設定していましたが、本改定を行うことで、1回の購買取引において、最終的に中継した先にのみ(本具体例では「アクワイアラ-イシュア間」の取引におけるイシュアのみ)、CAFIS処理料を設定します。

今後について

NTTデータのCAFISは、38年にわたり日本の決済シーンに貢献してきました。
これまでの実績と信頼をもとに新たな技術を取り入れ、さまざまな付加価値サービスを生み出すことによって、すべての方にこれまでと変わらない安心・安全と、これまで以上に自由で便利な決済体験を提供していきます。
これまでも、これからもCAFISは日本のキャッシュレス社会の進展に貢献していきます。

注釈

  • 注1「CAFIS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
    CAFISは、NTTデータが1984年にクレジットカードの与信中継の共同利用型ネットワークとしてサービス開始した日本最大級の決済総合プラットフォームです。その後も次々現れる、デビットカード、電子マネー、非接触ICカード決済、QRコード決済など多様な決済手段や、インバウンド向け海外ローカル決済などへの対応を迅速に行い、38年にわたる実績と信頼性をバックグラウンドに、日本のキャッシュレス推進を支援してきました。
    CAFIS公式サイト:https://solution.cafis.jp/
  • 注2経済産業省「2021年のキャッシュレス決済比率を算出しました」参照。 https://www.meti.go.jp/press/2022/06/20220601002/20220601002.html
  • 注3一般に「0円/1円オーソリ」と呼ばれている、加盟店がカードの有効性確認を目的として極めて少額で行うクレジットカード取引は対象外とします。
  • 注4契約者の利用状況に応じて、「2,000円以下を対象とした決済金額×0.15%」と「1件あたり最大3.15円」のいずれを適用するかはカード会社ごとに選択できるようにします。
    なお、新料金(料率0.15%)を適用した場合、CAFIS処理料は決済金額100円の場合0.15円、決済金額2,000円の場合3.0円となります。
  • 注5契約約款等にて取引ボリュームに応じた単価設定を行っています。
  • 注6一部対象外となる取引がございます。詳細はお問い合わせください。
  • その他の製品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
田中
TEL:080-1724-5429

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ITサービスペイメント事業本部
カード&ペイメント事業部
プラットフォーム統括部
ペイメントインフラ担当
木村、寒竹、稲川
TEL:050-5546-8571