銀行の窓口業務をリモートツール「FG-TriView」で非対面化 ~銀行業態において申込み手続きを非対面化する実証実験を新たに開始~

サービスインフォメーション

2022年8月9日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(東京都江東区、代表取締役社長 本間 洋、以下、NTTデータ)は、オンライン相談から各種契約手続きまでを非対面で完結できるリモートツール「FG-TriView(エフジートライビュー)®」を新たに銀行業務に展開します。「FG-TriView®」は2022年1月に提供を開始しすでに保険会社へ導入しています。このたび銀行業務への試行展開として複数の金融機関との実証実験を2022年8月より開始します。
実証実験では、銀行業務においてこれまで窓口や訪問での対応が必要だった投資信託や保険商品の契約手続きなどをリモートで実施します。お客さまは営業店に来店することなく、金融商品の相談から申し込みまで一連の手続きまで完了できるようになります。
今後、NTTデータは「FG-TriView®」の幅広い業界や業務への適用を目指します。

背景

昨今、新型コロナウイルス蔓延の環境下において訪問での面談に心理的な不安を感じるお客さまが増えるなど、これまで銀行業界の基本であった対面の面談形式だけでは細かいお客さまニーズへの対応が難しくなってきています。お客さまのニーズに応え、多様な接客形態を実現するため、銀行業界で初めてNTTデータが提供するリモートツール「FG-TriView®」を用いた実証実験を開始します。

実証実験の概要

1.目的

銀行業務における金融商品販売手続き等について、「FG-TriView®」を用いた非対面化推進による効果測定

2.期間

2022年8月~2022年12月(予定)

3.内容

金融商品販売手続き業務において、オンライン上でお客さまからの相談事項に応対して、投資信託や保険商品などの販売手続きや申込受付までを完結します。この際、従来のWEB会議を用いながら、お客さまのお手元の契約書や申込書(紙の書式)などへの書類記入を支援するのではなく、電子サインなどを利用して手続きを行う業務システムをリモートでお客さまに操作いただき、非対面ペーパレス手続きを実施します。(図1)
保険商品の非対面契約手続きに関する募集フローについては、東京海上日動あんしん生命保険株式会社(東京都千代田区、取締役社長 川本 哲文)と連携し、検討を進めております。
なお、実証実験の結果については、非対面手続きの有効性やお客さま利便性の向上、並びに適用業務範囲や対象商品の拡張性といった観点で効果測定を行います。

図1:非対面による新契約締結業務フロー

図1:非対面による新契約締結業務フロー

FG-TriView®の概要

営業担当者が個人情報保護を順守しながらお客さまと画面共有や画面操作の受け渡しを行うことで、商談から契約手続きといった一連の営業活動を非対面で完結できるサービスです。お客さま側の利用端末には特別なアプリケーションのインストールは不要です。さらに、営業担当者は現在利用している渉外営業用の業務システムに変更を加えることなく、非対面での業務手続きが可能となります。(図2)

図2:サービス利用イメージ

図2:サービス利用イメージ

機能または特長 概要
プライバシー保護機能 画面共有を維持しながら、お客さまの入力内容を営業担当者に隠すことができます。営業担当者は個人情報保護を順守でき、お客さまは健康状態や既往歴など見られたくないプライバシー情報を隠すことができます。機能のオン/オフは営業担当者側で操作します。
特別なアプリ等のインストールが不要 お客さま側の端末で特別なアプリ等のインストールが不要で、一般的なインターネットブラウザー(ChromeやMicrosoftEdgeなど)があれば利用できます。営業担当者はお客さまの端末環境を気にすることなく、非対面の営業活動ができます。
操作権受け渡しによる署名徴求 操作権を移すことで、画面共有する業務システムが持っている電子サイン機能をお客さま自身が操作して署名することができます。これまでタブレットシステムや書類に署名するには、来店いただくかお客さまのご自宅へ訪問して直接媒体への署名が必要でしたが、本サービスはリモートによるお客さま署名を可能にしました。
画面共有機能 営業担当者は共有したいアプリケーションをお客さまに共有する事ができます。

表:主な機能一覧

提供価格

同時接続数に応じた月額費用と初期費用がかかります。費用に関しては、担当者へお問い合わせください。

今後について

本実証実験を踏まえ、銀行業態への本格販売活動へ向けて今後も関係企業との検討や連携を重ねていく予定です。新型コロナウイルス対策のみを目的とするのではなく、お客様の利便性向上、及び銀行業務の効率化やスピードアップといった観点でも実証実験結果を評価してまいります。
なお、非対面手続きの対応業務や対応商品を拡充するべく、業界にこだわらず共同検討いただける企業を募集しております。NTTデータでは幅広い業界や業務へ本サービスを適用することを目指し、共同検討や実証実験で得られた知見やノウハウを追加機能検討に活かしながら研究・開発を進めていきます。

注釈

  • 「FG-TriView®」は株式会社アセットコンサルティングフォースとの共同開発です
    https://fg-triview.com/
  • 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
コンサルティング&セールス担当
岡本、岸川、長谷部、平井
E-mail:gr_hrok@kits.nttdata.co.jp
TEL:050-5546-9642

参考

Open Service Architecture(OSA)について

「Open Service Architecture(OSA)」は、ポストコロナに求められる新しい金融ITの姿を具体化した標準アーキテクチャーです。NTTデータが提供する基盤だけではなく、パブリッククラウドも活用した「Open Platform」と国内最大級のAPIエコシステムである「Open API」により、金融機関/行政/企業の「Open Innovation」を実現します。
FG-TriView®は「Open Service Architecture(OSA)」の「5.ユーザーフロントエリア」に該当します。
NTTデータは「Open Service Architecture」を活用し、多くのステークホルダーとともに金融ITのオープンイノベーションを推進し、ポストコロナに求められる新しい社会の実現を目指します。

Open Service Architecture(OSA)

Open Service Architecture(OSA)