Qlik Managed Service on A-gateをリコーに提供開始、製造原価分析業務のDXに貢献

サービスインフォメーション

2022年12月5日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、セキュアなパブリッククラウドデータ分析サービスである「Qlik Managed Service on A-gate(AWS)/Qlik Sense注1注2」(以下:本サービス)を株式会社リコー(以下:リコー)に2022年11月より商用提供を開始しました。リコーの製造原価管理業務において、開発から量産までのプロセスにおける製品機種別の部品費予実管理を一気通貫で捕捉し、その間に発生する大量データの収集・分析・可視化までを短時間で処理することに貢献します。

これによりリコーは、世界の各生産工場で生産する機種ごとの調達部品の最新原価情報をリコーグループ連結で機種ごとに積み上げ、さらに各部品の月次のコスト変動情報を分析・可視化する一連の作業を自動化して、「原価管理部門のデジタルトランスフォーメーション注3」を実現しました。

今後、NTTデータは幅広いお客さまのDXを支援するコンサルティングサービスや本サービスを活用し、スモールスタート、かつスピーディーなデータ分析活用ニーズを捉え、DWHレスによるデータ分析アプローチの提供拡大を目指します。

背景

リコーは、オフィス向け複合機、プリンターなどの画像機器や消耗品などの開発・生産を行っています。グローバルに展開する生産工場で部品加工から組み立てまでを一貫して行っていますが、製品機種別の製造原価情報をより精緻なレベルで分析・可視化し経営指標へ貢献することが求められてきました。しかし、従来の仕組みでは各工場管理の大量データから機種単位の製造原価の積み上げ・分析・可視化が難しく、課題となっていました。NTTデータは、リコーにおける「開発から量産まで一気通貫で原価を精緻に捉える仕組みのレベルアップ」「大量の原価データを機種軸で集計・分析・可視化するインフラの整備」を目指し、本サービスの活用を提案しました。

概要

本サービスを活用して構築した「機種原価管理アプリ」の概要と効果は以下の通りです。セキュアなパブリッククラウドデータ分析基盤としてQlik Managed Service on A-gate(AWS)でQlik Senseを提供するとともに、Qlik Senseでのアプリケーション開発・実装支援に係るプロフェッショナルサービスを提供しました。

1.原価に係る大量データの短時間での取り込み

本サービスを活用することでお客さま社内にある大量のデータを短時間で本サービスに蓄積し、分析・可視化することができます。
この機能を活用して、リコーの各拠点工場の変動原価情報を製品機種コード単位で集約して積み上げ、新製品の量産1台目からの原価変動を工場単位、グループ連結単位で捉え、短時間で分析・可視化して原価管理部門、業績管理部門への情報提供を可能としました。このことで、各業務部門における同一データに基づいたコストダウンの推進に貢献します。

2.変動原価の再計算、変動要因分析の月次化

本サービスは各種CSVファイル・Excelファイル等をそのままの形式で、DWHレス、DBレスでもデータ利活用することが可能です。既存システムのデータをそのまま使うことで、過去データも含む大量データを分析でき、国内外工場の担当者がいつでも最新データを閲覧できる環境を実現しました。これまで変動原価の再計算や変動要因分析には手作業による多くの前処理が必要でしたが、本サービスの活用によりプロセスの自動化を実現しました。

図:今回構築した機種別原価管理システムの概要

図:今回構築した機種別原価管理システムの概要

今後について

NTTデータは今後、リコーへのデータ活用ニーズを継続的に支援するとともに同様の課題を持つ企業・組織へのサービス提供に取り組みます。本取り組みのノウハウを活用したお客さまのデータ活用・DX化を支援するコンサルティングサービスや、本サービスを活用したデータ分析サービスのさらなる提供拡大を目指します。

注釈

  • 注1 A-gateは、NTTデータが提供するセキュアなパブリッククラウドサービス基盤です。
  • 注2 Qlik Senseは、米国 Qlik Technologies Inc.が提供するデータアナリティクスソリューションです。Qlikは、世界100カ国以上、38,000社以上の顧客に向けてサービスを提供しています。日本法人であるクリックテックジャパン https://www.qlik.com/ja-jp/
  • 注3 デジタル技術を手段として用い、事業や働き方に革命的な変化をもたらすことです。
  • 文章中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
  • © 2022 QlikTech International AB. All rights reserved. © 2022 NTT data corporation. All rights reserved. NTT data、A-gateのロゴマークは日本および/またはその他の国におけるNTT data corporationの商標または登録商標です。

参考

ユーザー部主導のDX(Qlik Senseアプリケーション設計・開発)を推進したリコー RDP 生産購買本部 生産基盤強化室の渡邉 良成氏は本サービスを以下のように評価しています。

本取り組みを実現するには、より効率的な分析が可能になるよう利用ユーザーより以下の項目を切望されていました。

  • 既存システムに蓄積された各拠点の部品費、組み立て費の大量データから親製品単位での積み上げ
  • 比較のための為替換算による統一通貨
  • 構成順序を活用した親子構成
  • 月々のデータを1レコード内に当月、前月、差額、増減区分を表示

本サービスの活用により、効果的なデータへの見える化、開発期間、コストを大幅に削減することができました。さらに社内システムから本サービスへセキュアに接続ができ、大量データの短時間での処理が可能となりました。国内外工場の担当者がいつもで最新データを閲覧しDXの第一歩である見える化の環境を“業務部門主導”で実現できました。
ITリテラシーの低い業務部門がゼロからDXを主導し、短期間、低コストでの導入を実現できたのはNTTデータが継続的に現場に寄り添った支援をしてくれたことが大きいと考えます。継続的に現場主導のDXを維持・拡大していくためにもNTTデータには現場に寄り添った継続的な支援を期待しています。

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
オファリング推進室
コンサルティング&セールス担当
寺村
E-mail:qlik_sales@am.nttdata.co.jp
TEL:050-5547-5598

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

ニュースリリース配信

ニュースリリースの更新状況をいち早くお知らせするために、メール配信を行っております。

イベント・セミナー

NTTデータが出展・講演するイベント・セミナーの情報をご覧いただけます。